「全ファイナルファンタジー大投票」ボス&召喚獣部門の第1位は「ナイツオブラウンド」! 『FF6』の「ケフカ」が第2位に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「全ファイナルファンタジー大投票」ボス&召喚獣部門の第1位は「ナイツオブラウンド」! 『FF6』の「ケフカ」が第2位に

「ハーデス」や「アニマ」、「オメガ」なども上位に食い込みました。

ゲーム文化 その他
「全ファイナルファンタジー大投票」ボス&召喚獣部門の第1位は「ナイツオブラウンド」! 『FF6』の「ケフカ」が第2位に
  • 「全ファイナルファンタジー大投票」ボス&召喚獣部門の第1位は「ナイツオブラウンド」! 『FF6』の「ケフカ」が第2位に

名作として知られる『ファイナルファンタジー』シリーズを対象とした、ファン参加型の投票をNHKが実施。その投票結果が、BSプレミアムにて2月29日に放送した「発表!全ファイナルファンタジー大投票」の番組内で発表されました。

今回の投票は「作品」「キャラクター」「ボス&召喚獣」「音楽」の4部門に分かれており、本記事では4400体を対象とする「ボス&召喚獣」部門の第1位~第10位までを抜粋してお届けします。

【全ファイナルファンタジー大投票:ボス&召喚獣部門 TOP10】
・第1位:ナイツオブラウンド
・第2位:ケフカ
・第3位:ハーデス
・第4位:アニマ
・第5位:オメガ
・第6位:ヴァルファーレ
・第7位:ブラスカの究極召喚
・第8位:バハムート零式
・第9位:シルドラ
・第10位:セーファ・セフィロス

『ファイナルファンタジーVII』や『ファイナルファンタジーXIV』など、様々な作品に登場する「ナイツオブラウンド」が、本部門の第1位を獲得。召喚で呼び出す際の演出も見事ですが、その攻撃力も実に圧倒的です。特に『FFVII』では、この「ナイツオブラウンド」の強さに酔いしれた方も多いのでは。

第2位の「ケフカ」は、『ファイナルファンタジーVI』を語る上で決して外せない存在です。ケフカがいてこその『FFVI』とも言えるでしょう。第3位以降も印象深い面々ばかりで、納得の布陣となりました。11位以下の「ボス&召喚獣」が知りたい方は、公式サイトをご覧ください。

■全ファイナルファンタジー大投票 最終結果発表
https://www.nhk.or.jp/anime/ff/ranking/

(C) 1987, 1988, 1990-1994, 1997, 1999-2019 SQUARE ENIX CO., LTD.All Rights Reserved.
LOGO & IMAGE ILLUSTRATION:(C) 1987, 1988, 1990, 1991, 1992, 1994, 1997, 1999, 2000, 2001, 2002, 2003, 2004, 2006 ,2007, 2009, 2010, 2011, 2013, 2014, 2015, 2016, 2017, 2018, 2019 YOSHITAKA AMANO
《臥待 弦》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 森林サバイバル『Sons Of The Forest』が早期アクセスでのリリースに変更―前作の経験活かし

    森林サバイバル『Sons Of The Forest』が早期アクセスでのリリースに変更―前作の経験活かし

  2. 主張強すぎ!?『バイオハザード RE:4』の“雨”に心配する人続出―『GTA:トリロジー』を思い出す人も

    主張強すぎ!?『バイオハザード RE:4』の“雨”に心配する人続出―『GTA:トリロジー』を思い出す人も

  3. 90年代ADV『Dの食卓』3DO/PC版コレクターズ・エディション予約開始!

    90年代ADV『Dの食卓』3DO/PC版コレクターズ・エディション予約開始!

  4. 「まるで実写のようだ」を超える真のリアル…!本当に“実写”を使ってしまったアドベンチャーゲーム3選

  5. 『シヴィライゼーション VI』自分の都市を作らずゲームに勝利する海外ストリーマー現る!公式Twitterからも称賛の声

  6. 『Apex Legends』国際大会ALGSでコーチの“イス”に注目集まる―ただのパイプイスが、ほんのちょっとだけ良いイスになった

  7. 水没都市でのんびり屋上生活を楽しむ『I Am Future』デモ版公開!

  8. 最大4人でのCo-opにも対応したスタイリッシュ煉獄FPS『PERISH』配信!日本語も収録

  9. 女子高校生がカラオケで恐怖体験『ヒトカラ』Steamにてリリース―バスケやリズムゲームも遊べるチラズアート新作

  10. 『NASCAR 2005』からヒントを得たリアル“壁走り”NASCARが正式に禁止―危険行為として認定

アクセスランキングをもっと見る

page top