50vs50の第一次世界大戦FPS『Beyond The Wire』発表! 泥だらけで血まみれの戦闘を体験 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

50vs50の第一次世界大戦FPS『Beyond The Wire』発表! 泥だらけで血まみれの戦闘を体験

第一次世界大戦を題材にした新作FPS『Beyond The Wire』が発表。

ニュース 発表
50vs50の第一次世界大戦FPS『Beyond The Wire』発表! 泥だらけで血まみれの戦闘を体験
  • 50vs50の第一次世界大戦FPS『Beyond The Wire』発表! 泥だらけで血まみれの戦闘を体験
  • 50vs50の第一次世界大戦FPS『Beyond The Wire』発表! 泥だらけで血まみれの戦闘を体験
  • 50vs50の第一次世界大戦FPS『Beyond The Wire』発表! 泥だらけで血まみれの戦闘を体験
  • 50vs50の第一次世界大戦FPS『Beyond The Wire』発表! 泥だらけで血まみれの戦闘を体験
  • 50vs50の第一次世界大戦FPS『Beyond The Wire』発表! 泥だらけで血まみれの戦闘を体験
  • 50vs50の第一次世界大戦FPS『Beyond The Wire』発表! 泥だらけで血まみれの戦闘を体験

デベロッパーRedstone Interactiveは、第一次世界大戦を題材にした新作FPS『Beyond The Wire』を発表しました。


本作では最大100人(50vs50)のプレイヤーが広大なオープンマップと狭い塹壕で激しい戦いを展開。残忍なオプションを用意した銃剣突撃、チーム中心のゲームプレイ、美しく作成されたマップ、現実的な流血やガスなどによる視界への影響も表現したグラフィック、歴史的に正確な武器などを特色としています。






可能な限り正確さを追求しつつも、幅広いプレイヤーが楽しめるFPS体験を提供するという『Beyond The Wire』は2020年にSteam早期アクセスを開始予定です。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「ゲーセンミカド」新型コロナウイルスによる売上減少を受けてクラウドファンディングの近日開始を発表

    「ゲーセンミカド」新型コロナウイルスによる売上減少を受けてクラウドファンディングの近日開始を発表

  2. 『Mafia II: Definitive Edition』韓国ゲームレーティング審査を通過―併せて『SNK GALS’ Fighters』スイッチ版も

    『Mafia II: Definitive Edition』韓国ゲームレーティング審査を通過―併せて『SNK GALS’ Fighters』スイッチ版も

  3. 「E3 2021」の開催と日程が海外メディアより発表―「再構築されたイベントになる」

    「E3 2021」の開催と日程が海外メディアより発表―「再構築されたイベントになる」

  4. 更に伸びゆくSteam同時接続……最大2,400万人を突破、メーカーによる無料ゲーム配布も続く【UPDATE】

  5. 「ハンヴィー」メーカー許可なくゲームで使える―『CoD』めぐる地方裁判に一旦の決着

  6. 米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

  7. 「スイッチ あつまれ どうぶつの森セット」新たな予約開始日が3月7日に決定!「キャリングケース」も同日より予約スタート

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. Steamが2019年の売上トップ作品を発表―人気の新作や最もプレイされたタイトルなども明らかに

  10. Chucklefish新作『Witchbrook』のスクリーンショットが公開―「ハリー・ポッター」風『Stardew Valley』な魔法学校シム【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top