戦いながら逃げろ!狂気のラクーンシティからの“脱出”を描く 『バイオハザードRE:3』&『レジスタンス』がもたらす新たな恐怖 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

戦いながら逃げろ!狂気のラクーンシティからの“脱出”を描く 『バイオハザードRE:3』&『レジスタンス』がもたらす新たな恐怖

4月3日についに発売を迎える、名作サバイバルホラーリメイク版『バイオハザードRE:3』。オリジナル版から21年、『バイオハザードRE:2』から1年3ヶ月での発売となる本作は、一体どのように進化し、新時代の恐怖をプレイヤーへと誘うのか。

家庭用ゲーム PS4
戦いながら逃げろ!狂気のラクーンシティからの“脱出”を描く 『バイオハザードRE:3』&『レジスタンス』がもたらす新たな恐怖
  • 戦いながら逃げろ!狂気のラクーンシティからの“脱出”を描く 『バイオハザードRE:3』&『レジスタンス』がもたらす新たな恐怖
  • 戦いながら逃げろ!狂気のラクーンシティからの“脱出”を描く 『バイオハザードRE:3』&『レジスタンス』がもたらす新たな恐怖
  • 戦いながら逃げろ!狂気のラクーンシティからの“脱出”を描く 『バイオハザードRE:3』&『レジスタンス』がもたらす新たな恐怖
  • 戦いながら逃げろ!狂気のラクーンシティからの“脱出”を描く 『バイオハザードRE:3』&『レジスタンス』がもたらす新たな恐怖
  • 戦いながら逃げろ!狂気のラクーンシティからの“脱出”を描く 『バイオハザードRE:3』&『レジスタンス』がもたらす新たな恐怖
  • 戦いながら逃げろ!狂気のラクーンシティからの“脱出”を描く 『バイオハザードRE:3』&『レジスタンス』がもたらす新たな恐怖
  • 戦いながら逃げろ!狂気のラクーンシティからの“脱出”を描く 『バイオハザードRE:3』&『レジスタンス』がもたらす新たな恐怖
  • 戦いながら逃げろ!狂気のラクーンシティからの“脱出”を描く 『バイオハザードRE:3』&『レジスタンス』がもたらす新たな恐怖

4月3日についに発売を迎える、名作サバイバルホラー『バイオハザード3 LAST ESCAPE』のリメイク版『バイオハザードRE:3』。オリジナル版から21年、同じくリメイク作の『バイオハザードRE:2』から1年3ヶ月での発売となる本作は、一体どのように進化し、新時代の恐怖をプレイヤーへと誘うのか、プレイレポをお届けします。また、記事の最後では、同梱される『バイオハザード レジスタンス』についても紹介していきます。


『バイオハザードRE:3』は、『バイオハザード』『バイオハザードRE:2』と地続きとなっているゲームです。単独でも十分楽しめますが、過去の2作をプレイしていれば、より世界観に没入できたり、一部のシチュエーションでゲームを有利に進められる場合もあります。また、『RE:2』に登場するキャラクターたちに、レオンやクレアが到着するまでに何が起こったのかもわかるため、未プレイなら本作をクリア後に『RE:2』を体験してみると新たな発見があるかもしれません。

◆“脱出”をテーマにおいた『バイオハザード RE:3』



さて、本作のゲームシステムは従来のシリーズと同じく「サバイバルホラー」ですが、オリジナル版の「LAST ESCAPE」という副題からわかるように、目の前の敵を全て蹴散らしながら問題の解決に向かうのではなく、あくまで極限状態になったラクーンシティからの脱出が目的となっています。ゲームシステムもプレイヤーをずっとつけ狙うネメシスの存在や、ジルの回避アクションなど、他のシリーズ作よりも「逃げる/避ける」要素が強くなっています。


ゲームの途中で、ジルからカルロスに操作をバトンタッチするシチュエーションもあります。カルロスでのプレイは比較的アクション要素が強く、プレイ感にメリハリを与えてくれます。

本作はラクーンシティの様々な施設を舞台にしている他、街はゾンビで溢れているため、1体1体応戦してしまうと、間違いなく弾薬が足りなくなるでしょう。もし、怖いものが苦手で、全ての敵を蹴散らしながら進めたいというプレイヤーは、イージーモードとなる「Assisted Mode」にすれば、アクション性を高めたプレイが可能となります(もちろん、本来の恐怖感は薄まってしまいますが)。


ただ、本作のラクーンシティは街全体がお化け屋敷になっているような状態で、マップを移動するにも「そこの角を曲がったらゾンビがいるんじゃ」という恐怖感を抱きながら進めることになります。ジルが脱出のために行かねばならない場所は、「ええ……行きたくない……」と思ってしまうような雰囲気の場所ばかり。


RE ENGINEによって表現されるクリーチャーも非常に恐ろしくも気持ち悪いものとなっています。特にハンターγはそのブヨブヨとした体表と深海魚のラブカのような口内を持つデザインにリファインされており、プレイヤーを精神的に苦しめてくれることでしょう。


オリジナル版と同じく、ラクーン警察署も本作に登場。そこではレオンとクレアが来る前に何が起こったのかを目撃することとなります。 警察署以外にも、地下鉄の管理棟や病院など、オリジナル版から追加されたマップがいくつも登場し、特徴的な仕掛けが用意されていることも。


敵クリーチャーはオリジナル版をリファインしたものがほとんどですが、未知の敵も登場。ネメシスはオリジナル版から想像もできないようなアクションでプレイヤーを翻弄しそうです。


オリジナル版のプレイヤーも、シリーズのファンも、『バイオハザードRE:3』は良い意味で期待を裏切る体験が待っているはずです。また、オリジナル版も『RE:2』をやったことがないプレイヤーでも、『バイオハザード』のエッセンスを凝縮した本作は、極上のサバイバルホラー体験の入り口になるでしょう。


《Daisuke Sato》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『The Last of Us Part II』の新たなプレイ映像を披露する「State of Play」が近日実施!

    『The Last of Us Part II』の新たなプレイ映像を披露する「State of Play」が近日実施!

  2. ヨドバシ・ドット・コム、ニンテンドースイッチ本体の抽選販売をスタート―期限は5月26日10:59まで

    ヨドバシ・ドット・コム、ニンテンドースイッチ本体の抽選販売をスタート―期限は5月26日10:59まで

  3. ゲーム本編が付属した『Xbox One X サイバーパンク2077 リミテッド エディション』6月8日より発売!

    ゲーム本編が付属した『Xbox One X サイバーパンク2077 リミテッド エディション』6月8日より発売!

  4. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル57本!【5/18更新】

  5. 船に乗り込み、まだ見ぬ土地へ! 国内PS4/スイッチ版『インディヴィジブル』新舞台&新キャラの情報公開

  6. 『Ghost of Tsushima』で描かれる中世日本・対馬と時代劇へのリスペクト―アート/クリエイティブ・ディレクターインタビュー

  7. ジョーシンアプリ、ニンテンドースイッチ本体と『リングフィット アドベンチャー』の抽選販売を開始―受付は5月31日まで

  8. 『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』にはどんな新要素があるの? 追加ストーリー「つながる未来」や“新たな仲間”などを一挙紹介

  9. SF世界をいつでもどこでも冒険! スイッチ版『アウター・ワールド』あらかじめダウンロード開始

  10. スイッチ『LA-MULANA 1&2』初回限定版の詳細発表! デジパックはNIGORO楢村氏の完全描き下ろしデザインに

アクセスランキングをもっと見る

page top