新型コロナによる自宅隔離の影響でゲームのプレイ時間が大幅増加―米国では45%、仏では38%増 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新型コロナによる自宅隔離の影響でゲームのプレイ時間が大幅増加―米国では45%、仏では38%増

調査はおよそ3,000人を対象に実施。プレイ時間や使用金額、購入経路に変化。

ゲーム文化 カルチャー
(c) Getty Images
  • (c) Getty Images
  • 新型コロナによる自宅隔離の影響でゲームのプレイ時間が大幅増加―米国では45%、仏では38%増

市場調査会社ニールセンは、海外時間3月23日から29日にかけて、新型コロナウイルスによる自宅隔離の影響で世界各国のゲームのプレイ時間が増加したという調査結果を発表しました。海外メディアThe Hollywood Reporterが伝えています。

調査はおよそ3,000人を対象に実施され、米国ではゲームのプレイ時間が45%増、フランスで38%増、イギリスで29%増、ドイツで20%増となっています。さらにオンラインプレイも活発化しており、米国では29%ものプレイヤーが「新型コロナウイルスのパンデミックが始まってから、友人とオンラインで遊ぶ時間が増えた」と回答しています。

その一方でフランスでは、実際に同席して遊ぶローカルマルチプレイヤーのプレイ率が9%も増加したとのこと。The Hollywood Reporterはこの結果について「ソーシャルディスタンシング(感染予防のためお互いに距離を取ること)のガイドラインを考えると異常なこと」とコメントしています。

またゲームに費やす時間だけでなく、費やすお金にも変化が生じているようです。米国では、調査対象者のうち39%がビデオゲームに「ある程度、あるいはそれ以上」の金額を費やすようになり、全出費の中でゲーム関連が占める割合も23%以上増加しています。

ゲーム小売店が閉鎖している影響で、全調査対象者のうち23%が「デジタルでゲームを購入する機会が増えた」と回答しているのも変化の一つ。特に米国では調査対象者のうち42%が「期間内にゲームをデジタル購入した」と答えています。

2009年のH1N1インフルエンザウイルス以来のパンデミックとして、世界各国で猛威を振るう新型コロナウイルス。ゲーム業界でもE3GDCといった一大イベントが中止・延期になっているほか、開発会社の在宅勤務が実施されるなど、大きな影響が出ています。
《S. Eto》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 何故『アサシン クリード ヴァルハラ』のアサシンブレードは目立つ場所に?開発者が理由を明らかに

    何故『アサシン クリード ヴァルハラ』のアサシンブレードは目立つ場所に?開発者が理由を明らかに

  2. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

    SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  3. Ninja主催の『フォートナイト』オンライントーナメントシリーズが近日開催、6週間にわたってMixerで配信

    Ninja主催の『フォートナイト』オンライントーナメントシリーズが近日開催、6週間にわたってMixerで配信

  4. ゲームエイジ総研コロナ下における2月~4月のゲームプレイ時間を調査―香川県も全国と同程度に

  5. 借金返済宇宙船解体シム『Hardspace: Shipbreaker』ゲームプレイ紹介トレイラー!

  6. 『Mortal Kombat 11: Aftermath』発売記念の超絶ダンスパフォーマンス映像!

  7. デヴィッド・リンチがタイピングを教える謎のゲームが登場! プレイしていると…

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 中世の写本風に描かれる動物バトルストラテジー『Inkulinati』Kickstarter開始!

  10. 日本最大級のインディーイベント「BitSummit Gaiden」参加タイトル一覧公開! Discordサーバーも先行オープン

アクセスランキングをもっと見る

page top