新型コロナによる自宅隔離の影響でゲームのプレイ時間が大幅増加―米国では45%、仏では38%増 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新型コロナによる自宅隔離の影響でゲームのプレイ時間が大幅増加―米国では45%、仏では38%増

調査はおよそ3,000人を対象に実施。プレイ時間や使用金額、購入経路に変化。

ゲーム文化 カルチャー
(c) Getty Images
  • (c) Getty Images
  • 新型コロナによる自宅隔離の影響でゲームのプレイ時間が大幅増加―米国では45%、仏では38%増

市場調査会社ニールセンは、海外時間3月23日から29日にかけて、新型コロナウイルスによる自宅隔離の影響で世界各国のゲームのプレイ時間が増加したという調査結果を発表しました。海外メディアThe Hollywood Reporterが伝えています。

調査はおよそ3,000人を対象に実施され、米国ではゲームのプレイ時間が45%増、フランスで38%増、イギリスで29%増、ドイツで20%増となっています。さらにオンラインプレイも活発化しており、米国では29%ものプレイヤーが「新型コロナウイルスのパンデミックが始まってから、友人とオンラインで遊ぶ時間が増えた」と回答しています。

その一方でフランスでは、実際に同席して遊ぶローカルマルチプレイヤーのプレイ率が9%も増加したとのこと。The Hollywood Reporterはこの結果について「ソーシャルディスタンシング(感染予防のためお互いに距離を取ること)のガイドラインを考えると異常なこと」とコメントしています。

またゲームに費やす時間だけでなく、費やすお金にも変化が生じているようです。米国では、調査対象者のうち39%がビデオゲームに「ある程度、あるいはそれ以上」の金額を費やすようになり、全出費の中でゲーム関連が占める割合も23%以上増加しています。

ゲーム小売店が閉鎖している影響で、全調査対象者のうち23%が「デジタルでゲームを購入する機会が増えた」と回答しているのも変化の一つ。特に米国では調査対象者のうち42%が「期間内にゲームをデジタル購入した」と答えています。

2009年のH1N1インフルエンザウイルス以来のパンデミックとして、世界各国で猛威を振るう新型コロナウイルス。ゲーム業界でもE3GDCといった一大イベントが中止・延期になっているほか、開発会社の在宅勤務が実施されるなど、大きな影響が出ています。
《S. Eto》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 自宅がまるでゲームセンター!家庭用ゲーム筐体『ARCADE1UP OutRun』8月発売決定―セガの名作ドライビングゲーム4作品を収録

    自宅がまるでゲームセンター!家庭用ゲーム筐体『ARCADE1UP OutRun』8月発売決定―セガの名作ドライビングゲーム4作品を収録

  2. ダークファンタジーな国産メトロイドヴァニア『ENDER LILIES』PC/スイッチ向けに正式リリース

    ダークファンタジーな国産メトロイドヴァニア『ENDER LILIES』PC/スイッチ向けに正式リリース

  3. 海上サバイバル『Raft』生活に彩りをもたらす大型アップデート「The Renovation Update」配信開始

    海上サバイバル『Raft』生活に彩りをもたらす大型アップデート「The Renovation Update」配信開始

  4. 2013年の対戦格闘ACT『Killer Instinct』の一部楽曲に「人間の骨を使用した楽器」が用いられていたことが明らかに

  5. 中国でGPU価格が急落中―当局のマイニング禁止処置はGPUの供給不足解消につながるか?

  6. 『Dota 2』世界大会「The International」スウェーデンがe-Sportsをスポーツと認めないことでイベント開催危機―Valveは他国での開催も視野に

  7. 『FF9』アニメ化との海外報道!2021年末~2022年初旬までの制作開始を目標に進行中

  8. 『モータルコンバット』2D実写時代の役者がフレンドシップな写真を公開! 海外イベントに参加

  9. Twitterで最もゲームについてツイートした国は今年もやっぱり日本―E3や『Apex』『原神』『ELDEN RING』などに注目集まる

  10. 世界に1つだけの遺物を目指す非同期マルチプレイACT『Phantom Abyss』早期アクセス開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top