『DARK SOULS II』「貪りデーモン」は「ジャバザハット」と呼ばれていた―データ解析で一部ボスの開発時のニックネームが判明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『DARK SOULS II』「貪りデーモン」は「ジャバザハット」と呼ばれていた―データ解析で一部ボスの開発時のニックネームが判明

海外ユーザーのデータ解析により、『DARK SOULS II』の一部ボスに付いていたニックネームが明らかに。

ゲーム文化 カルチャー
『DARK SOULS II』「貪りデーモン」は「ジャバザハット」と呼ばれていた―データ解析で一部ボスの開発時のニックネームが判明
  • 『DARK SOULS II』「貪りデーモン」は「ジャバザハット」と呼ばれていた―データ解析で一部ボスの開発時のニックネームが判明
  • 『DARK SOULS II』「貪りデーモン」は「ジャバザハット」と呼ばれていた―データ解析で一部ボスの開発時のニックネームが判明

フロムソフトウェア開発のアクションRPG『ダークソウル2(DARK SOULS II)』について、開発段階で一部のボスに付けられていたニックネームが海外ユーザーのデータ解析により明らかになりました。


同作PC版ユーザーであるMeowmaritus氏のTwitterによると、エリア土の塔のボス「貪りデーモン」は「ジャバザハット(映画: スター・ウォーズ)」、不死刑場のボス「刑吏のチャリオット」は「シルバーチャリオット(漫画: ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース)」、古き闇の穴のボス「闇潜み」は「アガドゥランのスタンド (ゲーム内に登場するNPC: 墓守のアガドゥラン)」と、ゲーム内で日本語のニックネームが付けられていたとのことです。

同作は2014年にPS3向けに発売しており、およそ6年ごしに解析された情報となります。この他にも同作はデータ解析により、開発者がマップに残したメモなども明らかとなっており、開発者の努力や工夫の様子を垣間見ることができます。
《Fryingpolyp》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Among Us』開発者は大ヒットにより「燃え尽きた」―突如人気になったインディーゲーム開発者が明かす大きな期待を背負う苦労

    『Among Us』開発者は大ヒットにより「燃え尽きた」―突如人気になったインディーゲーム開発者が明かす大きな期待を背負う苦労

  2. ハイクオリティFPS『Bright Memory: Infinite』最新ゲームプレイトレイラー!迫力のカーチェイスシーンも注目

    ハイクオリティFPS『Bright Memory: Infinite』最新ゲームプレイトレイラー!迫力のカーチェイスシーンも注目

  3. 『マジック・ザ・ギャザリング』の生みの親も参加するデッキ構築型ローグライク『Roguebook』Steam配信開始!

    『マジック・ザ・ギャザリング』の生みの親も参加するデッキ構築型ローグライク『Roguebook』Steam配信開始!

  4. 新要素たっぷりの『Doki Doki Literature Club Plus!』ゲームプレイトレイラー! 音楽プレイヤーも搭載

  5. E3で最も注目された期待の作品は?「E3 2021 Awards」受賞作品リスト

  6. 『Apex Legends』レヴナントトレイラーの「髭剃りシーン」を再現できる6インチアクションフィギュアが予約開始

  7. 『エルシャダイ』の名シーン、実はフリー素材化されていた!使用例として“1番いい使い方”なども紹介

  8. カプコン、『バイオハザード4』などで写真を無断使用したとして提訴される―損害賠償請求は1,200万ドル以上に

  9. もしもロンドンに核兵器が落ちたら?『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」が発表

  10. 『マジック・ザ・ギャザリング』お値段3,000万円!最も価値ある1枚「ブラックロータス(α版)」がカードショップ・晴れる屋に入荷

アクセスランキングをもっと見る

page top