現実の有人ロケット打ち上げを『KSP』でも成功させよう―公式からの挑戦状、求む「SpaceX」次回ミッション予測映像 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

現実の有人ロケット打ち上げを『KSP』でも成功させよう―公式からの挑戦状、求む「SpaceX」次回ミッション予測映像

国際宇宙ステーションISSへのドッキングを目指してミッションが行われます。

PC Windows
現実の有人ロケット打ち上げを『KSP』でも成功させよう―公式からの挑戦状、求む「SpaceX」次回ミッション予測映像
  • 現実の有人ロケット打ち上げを『KSP』でも成功させよう―公式からの挑戦状、求む「SpaceX」次回ミッション予測映像
  • 現実の有人ロケット打ち上げを『KSP』でも成功させよう―公式からの挑戦状、求む「SpaceX」次回ミッション予測映像
  • 現実の有人ロケット打ち上げを『KSP』でも成功させよう―公式からの挑戦状、求む「SpaceX」次回ミッション予測映像

Private Divisionは、宇宙船製造シム『Kerbal Space Program』を使用した、実際の有人飛行ミッションの予測映像の募集を開始しました。

対象となるのは、現地時間2020年5月27日に、NASAと宇宙事業を行う企業「SpaceX」の共同で行われる予定の「Demo-2」ミッション。2011年以降行われていなかったアメリカ国内施設からの有人飛行を行うというものです。

ミッションでは、NASAの宇宙飛行士Robert Behnken氏とDouglas Hurley氏が「クルードラゴン」と呼ばれる有人宇宙船に搭乗し、打ち上げロケット「ファルコン9」を使用して宇宙に出発します。その後、おおよそ24時間ほどの工程を経て宇宙船は国際宇宙ステーションISSへとドッキングすることになります。ミッションの詳細はNASAの専用サイトで公開されています。

今回『Kerbal Space Program』が募集するのは、ゲーム内で実際にロケットを作成しこの「Demo-2」ミッションを実施した映像。再現のためのMODの使用も許可されています。映像の投稿は当該ツイートへの返信か、ハッシュタグ「#LaunchAmerica」を使用する形式です。NASAの公式アカウントも挑戦するユーザーに向けて「あなたのスキルを見せてください」との旨の投稿を行っています。投稿は5月25日まで募集しています。


なお、SpaceXによるロケット打ち上げは2019年にも行われており、無人機による「Demo-1」ミッションではISSへのドッキングと帰還に成功しています。
《Mr.Katoh》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『VALORANT』無料プレイ開始!日本含む全世界で正式リリース

    『VALORANT』無料プレイ開始!日本含む全世界で正式リリース

  2. 協力プレイ対応オープンワールドRPG『Outward』DLC「The Soroboreans」PC版海外6月16日配信決定

    協力プレイ対応オープンワールドRPG『Outward』DLC「The Soroboreans」PC版海外6月16日配信決定

  3. ライアットゲームズが贈る初のFPS『VALORANT』6月2日午前8時よりサービス開始

    ライアットゲームズが贈る初のFPS『VALORANT』6月2日午前8時よりサービス開始

  4. 『VALORANT』6月2日に日本を含む全世界で正式リリース!―新エージェントやマップなどの追加も発表【UPDATE】

  5. 『Escape from Tarkov』新パッチ配信後に同時接続プレイヤーが20万人突破、3,000人の不正ユーザーをBAN

  6. マイクラARPG『Minecraft Dungeons』将来的にクロスプラットフォームプレイを導入予定か

  7. ライアット新作『VALORANT』敵の魂を奪い取る吸血鬼「レイナ」紹介映像が公開!

  8. 『VALORANT』アンチチートソフトの無効化が可能に―ただしゲームは起動不可

  9. オンラインRPG『LOST ARK』悪魔軍団の主要キャラ6名が公開! 各軍団を従える曲者ばかり

  10. ライアットが新作FPS『VALORANT』の日本でのベータ展開について報告

アクセスランキングをもっと見る

page top