『オーバーウォッチ』にてマクリーの「首吊り縄」スプレーが差し替え―本来と異なる意味合いでの悪用を危惧か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『オーバーウォッチ』にてマクリーの「首吊り縄」スプレーが差し替え―本来と異なる意味合いでの悪用を危惧か

パッチノートにも記載されず。

ゲーム文化 カルチャー
『オーバーウォッチ』にてマクリーの「首吊り縄」スプレーが差し替え―本来と異なる意味合いでの悪用を危惧か
  • 『オーバーウォッチ』にてマクリーの「首吊り縄」スプレーが差し替え―本来と異なる意味合いでの悪用を危惧か
  • 『オーバーウォッチ』にてマクリーの「首吊り縄」スプレーが差し替え―本来と異なる意味合いでの悪用を危惧か

日本時間7月15日よりスタートした『オーバーウォッチOverwatch)』ゲーム内イベント「シグマのマエストロ・チャレンジ」ですが、それの伴い実施されたアップデートにてマクリーの“Noose”スプレーが差し替えられていたことが明らかとなりました。


“Noose”スプレーは首吊り縄を描いたものでしたが、現在は蹄鉄を描いた“Bad Luck”に差し替えられています。パッチノートにも記載されていないため差し替えの理由は不明なものの、先日『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』『コール オブ デューティ ウォーゾーン』で「OK」ジェスチャーが削除されたことと同様に、本来とは異なる意味合いでの悪用を危惧したのではないかと予想されています。

元のスプレーはマクリーの西部劇テーマに合わせたもので(クリント・イーストウッドが演じた西部劇キャラクターが元ネタとも)、自殺や人種差別のようなネガティブな意味合いは含まれていません。そのため今回の削除はファンの間でも議論が巻き起こっており、「馬鹿げている」「削除は正しい」「絞首刑のシンボルが子供向けのゲームにあるべきなのか」「銃も削除をお勧めします」「これは入り口で他のスプレー、さらにはエモートやスキンまで削除されるかもしれない」など賛否様々な意見が挙げられています。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『フォートナイト』無断で観光スポット名を使用したとして権利者がEpic Gamesを提訴

    『フォートナイト』無断で観光スポット名を使用したとして権利者がEpic Gamesを提訴

  2. オープンワールドゲームあるあるを再現し話題をさらった映像の続編が公開! 更に磨きのかかったゲームらしさ

    オープンワールドゲームあるあるを再現し話題をさらった映像の続編が公開! 更に磨きのかかったゲームらしさ

  3. 東洋2D横スク妖怪退治アクション『Eastern Exorcist』Steam早期アクセス開始!

    東洋2D横スク妖怪退治アクション『Eastern Exorcist』Steam早期アクセス開始!

  4. 自動工場構築ゲーム『Factorio』遂に正式リリース! 魅力たっぷりのトレイラー2020年版も公開

  5. Modツールを中心にした『Mount & Blade II』開発アップデート映像第二弾!

  6. 『レッド・デッド・オンライン』チーターがストリーマーになりすまし、不正行為の濡れ衣を着せようとするケースが多数発生中

  7. バットマン新作ゲーム『Gotham Knights』が近日開催のイベント「DCファンドーム」で発表か

  8. この動き絶対見たことある! 現実の渋谷でオープンワールドゲームの動きを再現する超力作映像が公開

  9. NVIDIAとSycomが90歳のゲーマーグランマに水冷ゲーミングPCをプレゼント! 開封動画も公開

  10. 倒した敵を食べてパワーアップするローグライトRPGシューター『Bite the Bullet』配信開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top