『スプリンターセル』がNetflixでアニメ化、ライターは「ジョン・ウィック」デレク・コルスタット氏―海外報道【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『スプリンターセル』がNetflixでアニメ化、ライターは「ジョン・ウィック」デレク・コルスタット氏―海外報道【UPDATE】

サム・フィッシャー、復活なるか?

ゲーム文化 カルチャー
『スプリンターセル』がNetflixでアニメ化、ライターは「ジョン・ウィック」デレク・コルスタット氏―海外報道【UPDATE】
  • 『スプリンターセル』がNetflixでアニメ化、ライターは「ジョン・ウィック」デレク・コルスタット氏―海外報道【UPDATE】
ユービーアイソフトのステルスアクションシリーズ『スプリンターセル』。同作のアニメ企画がNetflixにて進行中であると、海外メディアVarietyが報じました。

同作は、ゲーム『レインボーシックス』等と同様、軍事作家の故トム・クランシー氏が監修を努めたステルスアクションゲームで、アメリカ国家安全保障局の秘密工作員サム・フィッシャーの対テロへの活躍などを描くシリーズでした。今回の報道によればアニメは2シーズン、計16話が予定されているとのことで、エグゼクティブ・プロデューサーとライターは人気アクション映画「ジョン・ウィック」で知られるデレク・コルスタット氏が担当することになるとしています。

メインシリーズの展開が『スプリンターセル ブラックリスト』以降7年近く見られなかったシリーズだけに、今回のアニメ化には嬉しいファンも多いところではないでしょうか。

※UPDATE(2020/7/31 20:30):記事初出時、メインシリーズの展開が「『コンヴィクション』以降ない」としておりましたが、正しくは「『ブラックリスト』以降ない」です。お詫びし訂正いたします。コメント欄でのご指摘ありがとうございました。
《Arkblade》

関連業界のあちこちにいたりいなかったりしてる人 Arkblade

小さいころからPCゲームを遊び続けて(コンソールもやってるよ!)、あとは運と人の巡りで気がついたら、業界のあちこちにいたりいなかったりという感じの人に。この紹介が書かれた時点では、Game*Sparkに一応の軸足を置きつつも、肩書だけはあちこちで少しづつ増えていったりいかなかったり…。それはそれとしてG*Sが日本一宇宙SFゲームに強いメディアになったりしないかな。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

    最初は面白いけど、ちょっとダレてきたかな…海外ゲーマー感じた「どんどん失速するゲーム」

  2. 日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

    日本ファルコム社長が明かす、2024年発売予定『界の軌跡』の最新情報!重要キーワードは宇宙軍基地、シリーズ歴代キャラも登場!?

  3. 「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

    「リリースされたとき画期的だったタイトルと言えば?」「それは現代まで引き継がれている?」海外掲示板でゲーマー達が大盛り上がり

  4. 大会よりもホロライブ?「CAPCOM CUP X」で世界王者に輝いたUMA選手が今後について語る―「日本語と英語をしっかり勉強が大切ですね」

  5. 『モンハン』20周年記念番組が放送決定!約2時間の特大ボリューム、なお『モンハンワイルズ』の情報はなし

  6. ボードゲーム版『Dying Light』のKickstarterが開始! 既に目標を大きく超える6000万円以上が集まる

  7. 「ゲームを遊ぶのをやめて、コール・オブ・デューティに応えよ」…米警察が『CoD』モチーフの求人広告を掲載、批判を受けて謝罪

  8. ZETA DIVISIONにストグラなどで人気の「ファン太」さんが新加入!さっそく得意なベジータの声マネを披露―「邪魔するぜぇ!」

  9. 脱出ゲーム『アリシアちゃんと〇ックスしないと出られない部屋!』発表―いったい何ックスなのか…

  10. 『ラスアス』『アンチャ』ディレクターのニール・ドラックマン氏、大作ゲーム開発からの引退を考え始める…“信じられないようなストレス”にさらされるようになった

アクセスランキングをもっと見る

page top