『Ready or Not』銃を構えたままのリロードやポイントシューティングを紹介する映像を公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Ready or Not』銃を構えたままのリロードやポイントシューティングを紹介する映像を公開

カスタマイズ画面の煩雑さ解消や、武器性能のランダム性・不統一性の見直し、新ゲームモード、新レベルなどについても語られています。

PC Windows
『Ready or Not』銃を構えたままのリロードやポイントシューティングを紹介する映像を公開
  • 『Ready or Not』銃を構えたままのリロードやポイントシューティングを紹介する映像を公開
  • 『Ready or Not』銃を構えたままのリロードやポイントシューティングを紹介する映像を公開

タクティカルFPS『Ready or Not』を開発中のVOID Interactiveは、同作に搭載予定の機能を紹介する映像を公開しました。

映像では、銃を構えた状態(ADS)のまま弾倉を交換する様子や、照準器を使わずに素早く発砲するポイントシューティングを実践する様子を確認できます。もう一つのツイートではその二つに加え、カスタマイズ画面の煩雑さ解消や、武器性能のランダム性・不統一性の見直し、新ゲームモード、新レベルなどについても語られています。

これらの要素はPvPビルド(Steam)の次期アップデートにて追加予定とのことです。アルファ版へのアクセス権は「SUPPORTER」エディション(119.99ドル)の購入で得られます。


『Ready or Not』はPC向けにリリース予定で、公式サイトでは「STANDARD」「SUPPORTER」エディションを事前購入できます。発売時期は本記事執筆時点では明らかにされていません。

《S. Eto》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『ポケモン』×『クラフトピア』なオープンワールドサバイバル『パルワールド』新トレイラー!【INDIE Live Expo 2022】

    『ポケモン』×『クラフトピア』なオープンワールドサバイバル『パルワールド』新トレイラー!【INDIE Live Expo 2022】

  2. 『ルーンファクトリー5』この夏PC版登場か?SteamDBにて名前が見つかる

    『ルーンファクトリー5』この夏PC版登場か?SteamDBにて名前が見つかる

  3. 日本の不良が主役の『番長タクティクス』Steamストアページ公開―3Dステージ2Dピクセル描画のターンベースタクティクスRPG

    日本の不良が主役の『番長タクティクス』Steamストアページ公開―3Dステージ2Dピクセル描画のターンベースタクティクスRPG

  4. “ホラー要素が全くない”廃墟探索もできる!探索系ホラー『米砂原醫院』Steamストアページが公開

  5. 美少女オープンワールドサバイバルRPG『Girls' civilization 3』早期アクセス2022年夏頃開始―カオスな世界のシリーズ最新作

  6. 『太閤立志伝V DX』イベコンアプデ予定あり!効果音名の対応表も近日公開予定

  7. 『スカイリム』が『サイレントヒル』のような雰囲気に―水中バグが原因?

  8. 『遊戯王 マスターデュエル』新テーマ「相剣」は「ドラグマ」「氷水」と密接な関係に!対戦がさらに面白くなる背景を解説

  9. 『モンハンライズ:サンブレイク』太刀、ランスの新アクション公開!新たな納刀動作「威合」などが追加へ

  10. 最大60人対戦のSFパワードスーツFPS『LEAP』オープンベータテストがスタート―早期アクセスは6月1日より

アクセスランキングをもっと見る

page top