『GTA V』売上1億3,500万本突破、EGSでの無料配布後に売上大幅アップも―テイクツーの2021年会計年度Q1決算報告で明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『GTA V』売上1億3,500万本突破、EGSでの無料配布後に売上大幅アップも―テイクツーの2021年会計年度Q1決算報告で明らかに

『NBA 2K20』など同社の擁するスタジオの主要タイトルも好調な数字を記録しているようです。

ニュース ゲーム業界
『GTA V』売上1億3,500万本突破、EGSでの無料配布後に売上大幅アップも―テイクツーの2021年会計年度Q1決算報告で明らかに
  • 『GTA V』売上1億3,500万本突破、EGSでの無料配布後に売上大幅アップも―テイクツーの2021年会計年度Q1決算報告で明らかに
  • 『GTA V』売上1億3,500万本突破、EGSでの無料配布後に売上大幅アップも―テイクツーの2021年会計年度Q1決算報告で明らかに

テイクツー・インタラクティブは2021年会計年度の第1四半期決算報告を行い、同社の擁する2Kやロックスターゲームスの主要タイトルの最新販売数のデータを明らかにしました。

今年の5月にEpic Gamesストアにて無料配布が行われた『グランド・セフト・オートV』の売上本数は1億3,500万本を記録。同社CEOによると、無料配布が終了してから6週間後の販売数が昨年同時期に比べて大幅に増加したようです。また、無料期間中を含む『GTAオンライン』のゲーム内売上が最高金額を記録したこと、新規プレイヤー数も歴代2番めとなる好調な数字となっていることなども発表されています。

他のゲームの販売数についても言及しており『NBA 2K20』が1,400万本以上、『ボーダーランズ3』が1,050万本、『レッドデッド リデンプション2』は全プラットフォームで3,200万本、2020年6月5日にニンテンドースイッチ版が発売された『アウター・ワールド (The Outer Worlds)』は280万本といずれも堅調な数字を記録。特に『NBA 2K20』は昨年同時期と比べ販売数が126%増加しており、同社の好調を裏付けるタイトルとされています。


なお、2020年9月4日にはシリーズ最新作『NBA 2K21』がリリース予定です。
《Mr.Katoh》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『No Man's Sky』新たなアップデート「Origins」発表―詳細情報は来週配信時に公開

    『No Man's Sky』新たなアップデート「Origins」発表―詳細情報は来週配信時に公開

  2. PLAYISM取り扱いSteam作品のセール開始―『ジラフとアンニカ』『Bright Memory』などが対象

    PLAYISM取り扱いSteam作品のセール開始―『ジラフとアンニカ』『Bright Memory』などが対象

  3. Epic Gamesストアにて『ウォッチドッグス2』『Football Manager 2020』『Stick It To The Man!』期間限定無料配信開始

    Epic Gamesストアにて『ウォッチドッグス2』『Football Manager 2020』『Stick It To The Man!』期間限定無料配信開始

  4. 『Beyond Good & Evil 2』の開発を率いていたMichel Ancel氏が業界から引退―野生動物保護区の活動に集中

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. Epic GamesやRiot Gamesなどテンセントと関係を持つ米企業を米国政府が調査―対米外国投資委員会が書簡送付

  7. 「GeForce RTX 30」シリーズ発表!「3070」は79,980円から―「3080」を皮切りに9月17日より順次発売

  8. 日本から有効化できる『シェンムー I&II』含むバンドル「Humble You Can Pet the Dog Bundle」が登場!

  9. 『バトルフィールド』新作は2021年4月以降に―投資家向け資料より

  10. 高評価ゾンビサバイバル『UNTURNED』のPS4/Xbox One版が発表! ビジュアルの再構築やゲームシステムの強化も

アクセスランキングをもっと見る

page top