盛大な誤解から生まれた『VALORANT』「グリッチポップ」スキンの制作経緯公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

盛大な誤解から生まれた『VALORANT』「グリッチポップ」スキンの制作経緯公開

Playful but Deadly(遊び心があって致命的)がテーマのスキン「グリッチポップ」の生まれた経緯が紹介されています。

PC Windows
盛大な誤解から生まれた『VALORANT』「グリッチポップ」スキンの制作経緯公開
  • 盛大な誤解から生まれた『VALORANT』「グリッチポップ」スキンの制作経緯公開
  • 盛大な誤解から生まれた『VALORANT』「グリッチポップ」スキンの制作経緯公開
  • 盛大な誤解から生まれた『VALORANT』「グリッチポップ」スキンの制作経緯公開

ライアットゲームズは、サービス展開中の『VALORANT』に登場する武器スキン「グリッチポップ」の制作経緯記事「未来のビジョン:グリッチポップができるまで」を公式サイトにて公開しました。

本作シニアウェポンアーティストのChris Stone氏と、シニアコンセプトアーティストのSean Bigham氏による同記事では、未来的で派手なビジュアルが目を惹く「グリッチポップ」の制作経緯を紹介。まったく別のスキンを開発中にコンセプトアーティストが誤解したことから生まれたものだというエピソードから記されています。

またサイバーパンクの新機軸を打ち出すために、陰鬱でリアリスティックなディストピア的世界観ではなく、陽気でパンクなデザインにするため「Playful but Deadly(遊び心があって致命的)」をキーワードとしたことや、その上で古典的なサイバーパンクも参考にしていることなどが語られています。さらには銃器のデザインコンセプトやロゴを完成させていく経緯にも触れられています。




『VALORANT』は、Windows向けに基本プレイ無料で配信中です。
《いわし》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. PC版『サイバーパンク2077』の最低・推奨スペックが公開! カスタムPCコンテストの勝者も決定

    PC版『サイバーパンク2077』の最低・推奨スペックが公開! カスタムPCコンテストの勝者も決定

  2. 弱肉強食の世界!『サイバーパンク2077』登場ギャング紹介映像が公開

    弱肉強食の世界!『サイバーパンク2077』登場ギャング紹介映像が公開

  3. ナイトシティをさらに詳しく紹介する『サイバーパンク2077』最新映像公開!

    ナイトシティをさらに詳しく紹介する『サイバーパンク2077』最新映像公開!

  4. 米国時間9月23日より『フォートナイト』PvEモード「世界を救え」がmacOSでプレイ不可に

  5. 最大64人のラウンド制チームバトル、物資は購入式!『PUBG』ラボ新モード「Arena Mode」開催

  6. 中世舞台サバイバル『Medieval Dynasty』Steam早期アクセス開始! ただの村人から王を目指せ

  7. 西部開拓時代の牧場&街経営SLG『Wild West Dynasty』PC向けに2021年11月15日リリース

  8. 2Kインディーブランド浮遊バイクシューター『Disintegration』マルチが終了―発売から5ヶ月、秋の国内版発売を待たずして

  9. 錬金術シムRPG『Potion Permit』Steamにて2021年発売予定―特効薬を錬金し村の住民を救え!

  10. 国産サンドボックス『クラフトピア』「実装してないのに……」ユーザーの愉快なプレイに公式も困惑?

アクセスランキングをもっと見る

page top