AT&Tによるワーナーのゲーム部門売却が取りやめられたことが明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

AT&Tによるワーナーのゲーム部門売却が取りやめられたことが明らかに

アメリカの大手通信会社AT&Tが、傘下企業であるワーナー・ブラザースのゲーム制作部門、ワーナー・ブラザース・インタラクティブ・エンタテインメントの売却を取りやめたことが分かりました。

ニュース ゲーム業界
AT&Tによるワーナーのゲーム部門売却が取りやめられたことが明らかに
  • AT&Tによるワーナーのゲーム部門売却が取りやめられたことが明らかに
  • AT&Tによるワーナーのゲーム部門売却が取りやめられたことが明らかに

アメリカの大手通信会社AT&Tが、傘下企業であるワーナー・ブラザースのゲーム制作部門、ワーナー・ブラザース・インタラクティブ・エンタテインメントの売却を取りやめた事が明らかになりました。海外メディアBloombergが報じています。

同社によるワーナー・ブラザース・インタラクティブ・エンタテインメントの売却の検討が判明したのは6月。その際には、テイクツー・インタラクティブやエレクトロニック・アーツ、マイクロソフト、Activision Blizzardといった企業が買収に興味を示していました。

ワーナー・ブラザース・インタラクティブ・エンタテインメントは『ハリー・ポッター:魔法同盟』や『Mortal Kombat』『バットマン アーカム』シリーズタイトルを保有しています。同メディアでは、負債返済や部門合理化のために現在あらゆる努力を行っているAT&Tにとって手放すには勿体なすぎたのではないか、という内情に詳しい人物の意見も紹介されています。

ですが、7月にはAT&TでCOO(最高執行責任者)を務めていたJohn Stankey氏がCEO職を前任のRandall Stephenson氏から引き継ぐなど人事面での大きな動きもあったため、今後この売却廃止の決定が覆される可能性もあるようです。
《S. Eto》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. Epic Gamesストアにて『ウォッチドッグス2』『Football Manager 2020』『Stick It To The Man!』期間限定無料配信開始

    Epic Gamesストアにて『ウォッチドッグス2』『Football Manager 2020』『Stick It To The Man!』期間限定無料配信開始

  2. Twitch、配信中広告表示(mid-roll ads)の実験を終了―ユーザーからの強い批判受け

    Twitch、配信中広告表示(mid-roll ads)の実験を終了―ユーザーからの強い批判受け

  3. アステカ街づくりシム『Aztec Empire』発表! 経済・軍事・宗教を管理

    アステカ街づくりシム『Aztec Empire』発表! 経済・軍事・宗教を管理

  4. 日本から有効化できる『シェンムー I&II』含むバンドル「Humble You Can Pet the Dog Bundle」が登場!

  5. 村を焼き払い新たな集落を作ろう! ヴァイキング街づくりシム『Viking City Builder』発表

  6. 『Microsoft Flight Simulator』アフリカ29カ国を周遊する4Kトレイラー「Around the World Tour」公開

  7. 海外3Dアニメ「RWBY」がアークシステムワークス・WayForwardタッグで新作ゲーム化!

  8. 「GeForce RTX 30」シリーズ発表!「3070」は79,980円から―「3080」を皮切りに9月17日より順次発売

  9. 名作RTSリマスター『AoE3:Definitive Edition』発売日決定―新しい文明の追加も

  10. 人気ストリーマーNinja、再びTwitchへ―数年間に及ぶ独占配信契約を締結

アクセスランキングをもっと見る

page top