Lab Zero Gamesの大量レイオフにより『インディヴィジブル』のアップデートやコンテンツ制作が終了 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Lab Zero Gamesの大量レイオフにより『インディヴィジブル』のアップデートやコンテンツ制作が終了

準備されているスイッチ用のアップデートは問題なく配信されるとしています。

ニュース 発表
Lab Zero Gamesの大量レイオフにより『インディヴィジブル』のアップデートやコンテンツ制作が終了
  • Lab Zero Gamesの大量レイオフにより『インディヴィジブル』のアップデートやコンテンツ制作が終了
  • Lab Zero Gamesの大量レイオフにより『インディヴィジブル』のアップデートやコンテンツ制作が終了
  • Lab Zero Gamesの大量レイオフにより『インディヴィジブル』のアップデートやコンテンツ制作が終了
  • Lab Zero Gamesの大量レイオフにより『インディヴィジブル』のアップデートやコンテンツ制作が終了

505 Gamesは、Lab Zero Gamesのレイオフにより、同社が開発を手掛け505 Gamesがパブリッシャーを務める『インディヴィジブル 闇を祓う魂たち』のアップデートが行われなくなることを発表しました。

Lab Zero Gamesでは、CEOの「Mike Z」ことMike Zaimont氏による度重なる不祥事に端を発するスタッフの離脱やレイオフが発生。今回の発表は、そんな中で同作のアップデートや追加コンテンツの作成が困難となったために行われたものです。


すでに申請中であるニンテンドースイッチ版のアップデートは、現地時間10月13日から各地域向けに順次配信される予定とのこと。このアップデートではニューゲーム+や画面分割によるローカルCo-opなどに対応し、それによって全プラットフォームで同じレベルのゲーム体験が提供できるといいます。

505 Games公式サイトでの発表によると、ゲストキャラクターやIndiegogoキャンペーンのバッカーが制作したキャラクターの追加は行われないことも明らかに。ゲストキャラのうち少なくとも1人のIP保有者が取り消され、今後さらに増えることが予想されるとしていますが、バッカー報酬の“アジュナ/ヘルカ”スタチューは505 Gamesが生産を担当するとのことです。


そのほか、北米地域でのスイッチ向けパッケージ版が一部の小売店で少量の販売になること、デジタル版は全てのプラットフォームで問題なく購入できることなどが報告。Indiegogoのバッカーコードやデジタルリワードが受け取れないユーザーには、Lab Zero Gamesへ直接連絡することを推奨しています。
《TAKAJO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 米国司法省、Googleを反トラスト法違反で提訴

    米国司法省、Googleを反トラスト法違反で提訴

  2. Valveのゲイブ・ニューウェル氏がニュージーランド首相との面談を計画中―Valveがニュージーランドに移転するかも

    Valveのゲイブ・ニューウェル氏がニュージーランド首相との面談を計画中―Valveがニュージーランドに移転するかも

  3. ハロウィンからウィンターまで今後のSteam大型セールの実施日程が報告

    ハロウィンからウィンターまで今後のSteam大型セールの実施日程が報告

  4. 『Apex Legends』シーズン7の新レジェンド候補「ホライゾン」にはもう会った?アビリティらしき要素も体験可能

  5. ウィンタースポーツが登場?『The Sims 4』新拡張パック「Snowy Escape」発表!

  6. 日本購入不可の『NiGHTS into Dreams』Steam版が無料配布!セガ60周年記念海外ページのアカウント連携で手に入る【UPDATE】

  7. Frictional Gamesの新作ホラー『Amnesia: Rebirth』発表!『Amnesia』シリーズのスタッフが描く荒廃した砂漠が舞台の新たな恐怖体験

  8. 『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2』無料配布! Steamにてセガ60周年記念セール開催

  9. 『バトルフィールド』新作は2021年4月以降に―投資家向け資料より

  10. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

アクセスランキングをもっと見る

page top