Lab Zero Gamesの大量レイオフにより『インディヴィジブル』のアップデートやコンテンツ制作が終了 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Lab Zero Gamesの大量レイオフにより『インディヴィジブル』のアップデートやコンテンツ制作が終了

準備されているスイッチ用のアップデートは問題なく配信されるとしています。

ニュース 発表
Lab Zero Gamesの大量レイオフにより『インディヴィジブル』のアップデートやコンテンツ制作が終了
  • Lab Zero Gamesの大量レイオフにより『インディヴィジブル』のアップデートやコンテンツ制作が終了
  • Lab Zero Gamesの大量レイオフにより『インディヴィジブル』のアップデートやコンテンツ制作が終了
  • Lab Zero Gamesの大量レイオフにより『インディヴィジブル』のアップデートやコンテンツ制作が終了
  • Lab Zero Gamesの大量レイオフにより『インディヴィジブル』のアップデートやコンテンツ制作が終了

505 Gamesは、Lab Zero Gamesのレイオフにより、同社が開発を手掛け505 Gamesがパブリッシャーを務める『インディヴィジブル 闇を祓う魂たち』のアップデートが行われなくなることを発表しました。

Lab Zero Gamesでは、CEOの「Mike Z」ことMike Zaimont氏による度重なる不祥事に端を発するスタッフの離脱やレイオフが発生。今回の発表は、そんな中で同作のアップデートや追加コンテンツの作成が困難となったために行われたものです。


すでに申請中であるニンテンドースイッチ版のアップデートは、現地時間10月13日から各地域向けに順次配信される予定とのこと。このアップデートではニューゲーム+や画面分割によるローカルCo-opなどに対応し、それによって全プラットフォームで同じレベルのゲーム体験が提供できるといいます。

505 Games公式サイトでの発表によると、ゲストキャラクターやIndiegogoキャンペーンのバッカーが制作したキャラクターの追加は行われないことも明らかに。ゲストキャラのうち少なくとも1人のIP保有者が取り消され、今後さらに増えることが予想されるとしていますが、バッカー報酬の“アジュナ/ヘルカ”スタチューは505 Gamesが生産を担当するとのことです。


そのほか、北米地域でのスイッチ向けパッケージ版が一部の小売店で少量の販売になること、デジタル版は全てのプラットフォームで問題なく購入できることなどが報告。Indiegogoのバッカーコードやデジタルリワードが受け取れないユーザーには、Lab Zero Gamesへ直接連絡することを推奨しています。
《TAKAJO》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. スイッチエミュレーター「Yuzu」約3億6,000万円の和解金支払いに合意―ウェブサイトも閉鎖へ

    スイッチエミュレーター「Yuzu」約3億6,000万円の和解金支払いに合意―ウェブサイトも閉鎖へ

  2. またもや過去最多を更新!Steam同時接続数が3,400万人を突破―アクティブユーザーは1,110万人に上る

    またもや過去最多を更新!Steam同時接続数が3,400万人を突破―アクティブユーザーは1,110万人に上る

  3. 独立行政法人・JETROがSteamで「日本産ゲーム特集」ページを公開!インディー中心に珠玉のゲーム作品を紹介、一斉セール告知も

    独立行政法人・JETROがSteamで「日本産ゲーム特集」ページを公開!インディー中心に珠玉のゲーム作品を紹介、一斉セール告知も

  4. ニンテンドースイッチエミュ「Yuzu」開発者が任天堂の召喚状に応じる

  5. Epic Gamesはやっぱりハッキングされてない―犯行声明のハッカー集団が“負け”を認める、ほんとは詐欺師集団だった?謎の発表も

  6. 海外でPC版『Ghost of Tsushima』の怪情報…境井仁の誉れはPS以外にも広がるか?

  7. 『ティアキン』違法DLを助長した―ニンテンドースイッチエミュレーター「Yuzu」を任天堂が提訴

  8. ニンテンドースイッチ後継機2025年3月発売へ―日本経済新聞が報じる

  9. 『ヘブンバーンズレッド』はなぜ大ブレイクしたのか―2周年を迎え、まだまだ盛り上がりをみせる本作の魅力に迫る!

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top