セガ開発中止の『ゴールデンアックス』リメイク―本来は「質が悪く、バグがあり、過去の遺物」ではない、当時スタッフ抗議受け表記削除へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

セガ開発中止の『ゴールデンアックス』リメイク―本来は「質が悪く、バグがあり、過去の遺物」ではない、当時スタッフ抗議受け表記削除へ

“質が悪く、バグがあり、過去の遺物”かもしれない、のはあくまでSteam版の話とのこと。

ゲーム文化 カルチャー
セガ開発中止の『ゴールデンアックス』リメイク―本来は「質が悪く、バグがあり、過去の遺物」ではない、当時スタッフ抗議受け表記削除へ
  • セガ開発中止の『ゴールデンアックス』リメイク―本来は「質が悪く、バグがあり、過去の遺物」ではない、当時スタッフ抗議受け表記削除へ
先日、セガ60周年記念としてSteam向け無料ゲームとしての公開が発表された、開発中止の『ゴールデンアックス』リメイク。同作の説明文のとある表記を巡って、当時のスタッフが開発内容を振り返った投稿を行いました。

問題となった表記は同作を「“質が悪く、バグがあり、過去の遺物”かもしれない」とする説明文の一節。これに対し、同作のプログラマーであったTim Dawson氏は「関わった皆が驚いている」とコメント。同作の開発は当時、2週間の短納期で、二転三転する数々の無茶な要求をなんとか小規模なチームで成し遂げた旨を語り、文脈もクレジットもなく、タイトル映像もジョークのような改変のもとに公開されたことに憤りを隠せない心情を顕にしました。

このコメントに対し、セガヨーロッパは海外メディアVGCに対し、「当時の開発者たちの作品を、私たちの歴史の一部として、その作品に光を当て祝いたかった」として、Dawson氏や元同僚たちを傷つける意図は無かった、多くのファンに彼らが当時費やした労力に感謝して欲しかったとコメント。該当の一節は今回作成された“Steam版”の話であるとして表記を削除した旨を発表しました。ただし、日本語版ページでは該当の一節は記事執筆時点で表記されたままです。

そんな『Golden Axed: A Cancelled Prototype』は2020年10月18日より期間限定で公開予定です。

《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『DOOM Eternal』新たなイースターエッグが判明―「DOOG Eternal」とは……【UPDATE】

    『DOOM Eternal』新たなイースターエッグが判明―「DOOG Eternal」とは……【UPDATE】

  2. ボードゲーム版『Darkest Dungeon』のKickstarterがたった一日で100万ドル以上を調達して成功

    ボードゲーム版『Darkest Dungeon』のKickstarterがたった一日で100万ドル以上を調達して成功

  3. ローグライクTPS『Risk of Rain 2』コンソール版1.0アップデート配信開始!

    ローグライクTPS『Risk of Rain 2』コンソール版1.0アップデート配信開始!

  4. 2Kが『NBA 2K21』のスキップ不可広告問題に対して「今後修正を行う」との対応を発表

  5. アサシングランマ!?『アサシン クリード オリジンズ』を200時間以上プレイしている63歳のお婆ちゃんが話題に

  6. ボードゲーム『マインクラフト: ビルダーズ & バイオーム』の国内版登場―マイクラの世界をボードゲームでも探検!

  7. 『The Last of Us Part II』サウンドトラックCD発売開始!日本限定でエリー役・潘めぐみさんの特別寄稿も付属

  8. 『原神』中国bilibiliでMMDモデル配布―お気に入りのキャラでアレもコレも楽しめちゃう?

  9. 豪MSが海外版『龍が如く7』発売記念に約3万円の豪華ラーメンを制作! 金色の伊勢海老が光り輝く

  10. 優れたインディゲームを決める「INDIE Live Expo Awards」ノミネート作品発表―各賞のユーザー投票も開始

アクセスランキングをもっと見る

page top