7年かけて開発されたエッシャー的世界観の一人称パズル『Manifold Garden』Steam版がリリース | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

7年かけて開発されたエッシャー的世界観の一人称パズル『Manifold Garden』Steam版がリリース

存在不可能な建築物からなるエッシャー風世界で物理法則について再考するパズルゲームです。

PC Windows
7年かけて開発されたエッシャー的世界観の一人称パズル『Manifold Garden』Steam版がリリース
  • 7年かけて開発されたエッシャー的世界観の一人称パズル『Manifold Garden』Steam版がリリース
  • 7年かけて開発されたエッシャー的世界観の一人称パズル『Manifold Garden』Steam版がリリース
  • 7年かけて開発されたエッシャー的世界観の一人称パズル『Manifold Garden』Steam版がリリース

William Chyr Studioは、一人称視点パズル『Manifold Garden』のSteam版をリリースし、あわせてトレイラーを公開しました。

本作は2019年10月にWindows(Epic Gamesストア)/Apple Arcade向けにリリースされ、2020年8月にはXbox One(Optimized for Xbox Series X|S)および海外PS4/ニンテンドースイッチ向けにもリリースされたパズルゲーム。エッシャーのだまし絵にインスパイアされた非現実的な世界観が特徴で、重力をうまく操りながら永遠に広がる建築物を探索します。




『Manifold Garden』Steam版は日本語にも対応で、2,080円(11月3日まで1,664円)で配信中です。
《いわし》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』リリース時のレイトレーシングサポートはNVIDIAのビデオカードのみ―AMDは後日対応予定

    『サイバーパンク2077』リリース時のレイトレーシングサポートはNVIDIAのビデオカードのみ―AMDは後日対応予定

  2. 『DCS World』新キャンペーン「Rising Squall」発表!―現実によく似た異世界が舞台で音楽に『エースコンバット』の小林啓樹氏が参戦

    『DCS World』新キャンペーン「Rising Squall」発表!―現実によく似た異世界が舞台で音楽に『エースコンバット』の小林啓樹氏が参戦

  3. PC版『サイバーパンク2077』レイトレーシング含む複数の設定での推奨構成公開【UPDATE】

    PC版『サイバーパンク2077』レイトレーシング含む複数の設定での推奨構成公開【UPDATE】

  4. 今回のターゲットは島全体!『GTAオンライン』アップデート「カヨ・ペリコ強盗」発表

  5. SFお手軽人狼『Among Us』日本語正式対応決定!

  6. 早期アクセス中のヘリシューター『Comanche』マルチプレイヤーを無料化!

  7. 『アサシン クリード ヴァルハラ』『ウォッチドッグス レギオン』セーブ失敗やデータ破損が複数報告

  8. ディーゼルパンクRTS『Iron Harvest』DLC「Rusviet Revolution」を現地12月17日配信

  9. IGAVANIA『Bloodstained: RotN』ボーナスプレイアブルキャラ「ブラッドレス」PC/PS4/XB1向けに11月配信!【UPDATE】

  10. 3Dカスタム恋愛シム『コイカツ!Party』Steam配信開始、ただし日本語非対応【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top