『CS:GO』賭け試合関与でプロ7名が1年間の出場停止処分に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『CS:GO』賭け試合関与でプロ7名が1年間の出場停止処分に

「より広範な調査の一環」であるとして、追加処分についても示唆。

ゲーム文化 e-Sports
『CS:GO』賭け試合関与でプロ7名が1年間の出場停止処分に
  • 『CS:GO』賭け試合関与でプロ7名が1年間の出場停止処分に

Esports Integrity Commissionは、『Counter-Strike: Global Offensive』において、プレイヤー7名が自身や関係者の試合に関しての賭けに関与していたとして、各1年間の出場停止処分を行ったと発表しました。

発表によれば、これはオーストラリアのMountain Dew Leagueにて、各選手が、自身が参加した試合を用いた賭博行為を行ったとするほか、選手関係者による該当試合への賭博行為が判明したことを受けたもの。Esports Integrity Commissionは、調査結果は「より広範な調査の一環」であるとして、詳細なコメントを控えていますが、今後本件に関するさらなる追加処分が行われる可能性についても示唆しています。

対象となるのは下記の7選手。

Stephen “sjanastasi” Anastasi (LAKERS) [now playing as “stvn”]
Akram “akram” Smida (Rooster) [now playing as “ADK”]
Daryl “Mayker” May (Ground Zero)
Corey “netik” Browne (Rooster) [sometimes spelt “nettik”]
Damian “JD/The Real Goat” Simonovic (Rooster 2)
Carlos “Rackem” Jefferys (Rooster 2)
Joshua “jhd” Hough-devine (Rooster 2)

処分はESL、DreamHack、WePlay、BLASTにおいても有効であるとしています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ』上で『DOOM』を動作させる海外ユーザー登場

    『ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ』上で『DOOM』を動作させる海外ユーザー登場

  2. カニVSカニの格闘ACT『カニノケンカ』がe-Sportsに!鳥取県特産品「カニ」PRにゲーム活躍

    カニVSカニの格闘ACT『カニノケンカ』がe-Sportsに!鳥取県特産品「カニ」PRにゲーム活躍

  3. 『GUILTY GEAR』エルフェルト、蔵土縁紗夢、ディズィー、梅喧の3Dアバターが「バーチャルマーケット5」で発売決定!

    『GUILTY GEAR』エルフェルト、蔵土縁紗夢、ディズィー、梅喧の3Dアバターが「バーチャルマーケット5」で発売決定!

  4. Netflixドラマ版「ウィッチャー」クリスマストレイラー公開―冬のモンスター狩り

  5. PS5だと思って開封したら…米!? 英Amazonから配送のPS5がすり替えられる事例が発生中

  6. 海外版『スーパーマリオブラザーズ3』レアバージョン未開封品がオークションで約1,600万円で落札、「最も高価なゲームソフト」に

  7. ドラマ版『The Last of Us』制作正式発表!脚本にはニール・ドラックマン氏も参加―キャストや放送時期は不明

  8. 『マインクラフト』内で起動したWindows XPで『DOOM』をプレイするユーザー現る

  9. 『スマブラDX』エミュレータ使用オンライン対戦で新型コロナ下開催予定のe-Sports大会をニンテンドー・オブ・アメリカが差止め―使用ソフトの違法コピーなど問題視

  10. CERO、『アサシン クリード ヴァルハラ』表現の追加規制に対しコメント「本機構は無関係」【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top