スーパーファミコンでリアルタイムレイトレーシングを実現する猛者が現れる | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スーパーファミコンでリアルタイムレイトレーシングを実現する猛者が現れる

本体は改造せず自作のカスタムチップを使用。

ゲーム機 技術
スーパーファミコンでリアルタイムレイトレーシングを実現する猛者が現れる
  • スーパーファミコンでリアルタイムレイトレーシングを実現する猛者が現れる
  • スーパーファミコンでリアルタイムレイトレーシングを実現する猛者が現れる

いよいよ家庭用ゲーム機でも可能になったリアルタイムレイトレーシング。動作には多くのパワーを必要としますが、フリーランスのゲーム開発者Ben Carterさんが何とスーパーファミコンでこの機能を実現してしまいました。

今回のプロジェクトでは『スターフォックス』のスーパーFXのようなカスタムチップ“SuperRT”を自作して使用しており、スーパーファミコン本体には何も改造を加えていないとのこと(ケーブルの配線スペースを確保するためにケース上部は取り外している)。

スーパーファミコンが発売されたのは約30年前。それが未だにこうした技術的挑戦の対象となるとは当時の開発者も想像しなかったのではないでしょうか。詳細な技術を紹介する動画やWebページも用意されていますが、非常に難解な内容となっています。興味がある方は是非ご覧ください。

《RIKUSYO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 無改造の初代ゲームボーイで『グランド・セフト・オート V』をプレイする猛者が現る

    無改造の初代ゲームボーイで『グランド・セフト・オート V』をプレイする猛者が現る

  2. 「Steam Deck」にアンチチートサービス「Easy Anti-Cheat」を簡単に利用できるようアップデート

    「Steam Deck」にアンチチートサービス「Easy Anti-Cheat」を簡単に利用できるようアップデート

  3. JRPGやアニメから影響受けた米国産異世界ものVRACT『剣の夢語』早期アクセス開始―二刀流の勇者として世界を救え

    JRPGやアニメから影響受けた米国産異世界ものVRACT『剣の夢語』早期アクセス開始―二刀流の勇者として世界を救え

  4. 剣よ魔法よ鮮やかに―VR対応MMORPG『Zenith: The Last City』リリース日が決定

  5. 「Steam Deck」出荷準備は予定通り!ユニットがズラッと並んだ壮観なテスト風景も公開

  6. 『シティーズ:スカイライン』のVR版『Cities: VR』発表! 自分の街を隅々まで覗き込もう

  7. これぞ究極?オールインワンゲーミングチェア「Predator Thronos」受注発売開始ーお値段なんと約350万円

  8. 実写?いいえ、ゲーム画面です―米大学が『GTA V』をフォトリアル化する技術発表

  9. 時代を先取りしすぎ?任天堂が開発していたゲームボーイカラー向け無線通信アドオン「PageBoy」の存在が明らかに

  10. 全方向ルームランナー型VRデバイス“Omni”の予約受付が開始

アクセスランキングをもっと見る

page top