Steamウィンターセール開催!3,000円以内で年末年始にたっぷり遊べる定番おすすめゲーム11選!【特集】【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steamウィンターセール開催!3,000円以内で年末年始にたっぷり遊べる定番おすすめゲーム11選!【特集】【UPDATE】

Steam「ウィンターセール」は日本時間2021年1月6日3時まで開催予定。3,000円以内で遊べる定番ゲームをリストアップしてお届けします。

連載・特集 特集
Steamウィンターセール開催!3,000円以内で年末年始にたっぷり遊べる定番おすすめゲーム11選!【特集】【UPDATE】
  • Steamウィンターセール開催!3,000円以内で年末年始にたっぷり遊べる定番おすすめゲーム11選!【特集】【UPDATE】
  • Steamウィンターセール開催!3,000円以内で年末年始にたっぷり遊べる定番おすすめゲーム11選!【特集】【UPDATE】
  • Steamウィンターセール開催!3,000円以内で年末年始にたっぷり遊べる定番おすすめゲーム11選!【特集】【UPDATE】
  • Steamウィンターセール開催!3,000円以内で年末年始にたっぷり遊べる定番おすすめゲーム11選!【特集】【UPDATE】
  • Steamウィンターセール開催!3,000円以内で年末年始にたっぷり遊べる定番おすすめゲーム11選!【特集】【UPDATE】
  • Steamウィンターセール開催!3,000円以内で年末年始にたっぷり遊べる定番おすすめゲーム11選!【特集】【UPDATE】
  • Steamウィンターセール開催!3,000円以内で年末年始にたっぷり遊べる定番おすすめゲーム11選!【特集】【UPDATE】
  • Steamウィンターセール開催!3,000円以内で年末年始にたっぷり遊べる定番おすすめゲーム11選!【特集】【UPDATE】

2020年に12月23日より、Steamにて「ウィンターセール」が開催中です。『DOOM Eternal』が67%オフ、『DEATH STRANDING』が50%オフなど、さまざまなゲームが大幅に割引されているこのセール、何を買えばいいのか悩む人も多いのではないでしょうか。

本稿では、数ある作品の中から3,000円以内で買えてたっぷりと遊べるやりこみ系定番ゲームを中心に紹介。何度もプレイして己を強化していくアクションや、自分の思うままに世界を構築するシミュレーション、今年大きく話題になったカジュアルゲームなどのオススメをいくつかピックアップしていきます。

年末年始の今だからこそ定番名作を楽しもう!

『EARTH DEFENSE FORCE 5(地球防衛軍5)』


超定番のやりこみ系超ハードアクション!

異星人の地球侵略に対抗して戦うステージクリア型のアクションゲーム。プレイヤー地球防衛軍「EDF」隊員として、蟻や蜘蛛型の巨大生物やUFO、ビルより巨大な怪獣などさまざまな脅威に立ち向かいます。

本作はやりこみゲームとしてのボリュームが圧倒的。ひとつのステージでも5つの難易度が用意されており、ドロップする武器の品質も異なります。また、プレイヤーが使用できるキャラクターもオーソドックスな「レンジャー」、飛行兵士「ウイングダイバー」など4つの兵科があり、それぞれの武器タイプも独立しています。

高難易度では、少しのミスで物量に簡単に押しつぶされるような理不尽な世界。その中で自身の装備や戦略を吟味し、いかにクリアするかを考えるのが楽しい作品です。地道にキャラの体力や装備を育て、少しでも安全に戦いたいじっくり系プレイヤーにもおすすめです。

『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』


PC向けに移植された超メジャーRPG!未プレイの方は是非!(Steamアワード「ベストサウンドトラック」部門ノミネート)

2008年にPS2向けにリリースされたRPG『ペルソナ4』にさまざまな追加要素を加え、2012年にPlayStation Vitaでリリースされた『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』のPC移植版。PC版では可変フレームレートやフルHDに対応しています。

主人公が転校してきた田舎町を舞台に、仲間との友情や恋模様など描かれる青春学園生活、町で起こる連続殺人事件を捜査するダンジョン探索の2つの要素を楽しめます。登場するキャラクターは非常に魅力的で、交流することで新たな一面が見えてくることも。

発売以来高い評価で、もはや説明不要レベルの本作。筆者もPC版で初めてプレイしたのですが、今まで遊んでいなかったことを深く後悔しました。この青春はとても眩しく、そして楽しくて美しい。未プレイの人ならば是非チェックしてほしい作品です。

『ボーダーランズ3』


暴力、収集、成長のRPGシューター!未プレイならば過去作も!(Steamアワード「フレンドとプレイしたい」部門ノミネート)

架空の惑星「パンドラ」を舞台にしたRPGシューターシリーズ最新作。プレイヤーは古代の遺産を探し求める個性豊かなヴォルトハンターとなり、敵を倒しながら己を強化していきます。本作ではパンドラを飛び出し、銀河のさまざまな惑星を舞台に冒険を繰り広げます。

本作の魅力はなんと言ってもひたすらに己を強化してくのが楽しい部分。同じエリア内で戦いながらレアな武器を求める、世界に隠された宝箱を探して冒険する、マルチプレイでフレンドと共に敵の集落や施設を襲うなどさまざまな遊び方が可能です。キャラクター育成もスキルツリーによってプレイヤーごとの個性を作り出せます。

シリーズの世界観は共通のため、まだ遊んでない人は過去作品を遊ぶのもオススメ。強すぎる個性を持った登場人物たちに、より一層の愛着が湧くかも知れません。

『NieR:Automata』


魅力的な世界観を与えてくれる最高の演出を全身で感じたい!

はるか未来世界を舞台にしたアクションRPG。プレイヤーはアンドロイド「2B」を操り、地球を奪還すべく地球を支配した機械生命体との戦闘とドラマが描かれます。2003年にリリースされた『ドラッグオンドラグーン』にも連なる壮大なシリーズ作品ですが、本作からプレイしても問題はありません。

ゲームはレベル制のアクションRPGで、ゲーム内で入手できる数多くの武器や「チップ」などにより多種多様なカスタマイズが可能。剣や槍使った近接戦闘のほか、飛行ユニットでのシューティング、ハッキングで行うミニゲームなどが用意されています。BGMと卓越した演出、2Bをはじめ、サポートの「9S」など登場人物が織りなすドラマは魅力満載です。個人的にはなんとしても”エンディング”までたどり着いてほしい作品です。

2021年4月には、前作『ニーア レプリカント』のバージョンアップ作品『NieR Replicant ver.1.22474487139...』がリリース予定(現在は予約受付中)。本作の世界が作られるきっかけとなる「始まりの物語」が描かれます。

農業、経営、狩猟!こだわりジャンルの作品たち

『Frostpunk』


凍りつく地球が舞台の管理シム!人々の希望を管理せよ!

寒冷化によって凍りつこうとしている地球が舞台の管理シミュレーション。プレイヤーは地球最後の都市の指導者となり、極限状況下でリソース管理や住民へのケア、都市を維持するための技術開発などを行いながらシナリオの目的達成を目指します。

本作で重要なのは住民の「希望」「不満」の数値管理。希望を維持するためにも住民の生活環境や労働条件を考え、都市の「法律」を制定する必要があります。あまりにも過酷な氷点下の世界で、プレイヤーはときに非情な選択を迫られるかもしれません。その時の選択が地球最後の都市をどのような結末に導くのでしょうか。

ゲーム本編では目的と条件が異なる4つのシナリオが用意され、遊びごたえ抜群。拡張DLCでは、本作の前日譚などのシナリオを追加。異なる環境、新たなシステムや技術などが追加されたゲームを楽しむことが可能です。

『Satisfactory』


広大な惑星まるごとおもちゃ箱!工場建築オープンワールド!(Steamアワード「ゆったり座ってリラックス」部門ノミネート)

未知の惑星を舞台に工場を建設するオープンワールドシミュレーション。プレイヤーは惑星を探検して資源を見つけ出し、採掘・輸送・加工などの自動化を目指します。

広大な惑星内でどのように効率化や自動化を行うか考え、ラインの構築を行っていくのはクラフトゲーム、サンドボックスゲーム好きにはとても魅力的。「マイルストーン」と呼ばれる納入目標を達成することで新たな要素が開放され、工場建設はますます加熱していきます。惑星内には危険な野生生物も存在しているため、探索中にはご注意ください。

本作はマルチプレイヤーにも対応。シングルプレイヤーでじっくり遊ぶのはもちろん、フレンドと一緒に惑星内を探検したり、工場建設の方向性を話し合ったりしながら遊ぶのもオススメです。

『Stardew Valley』


ついにバージョン1.5実装!自由すぎる遊び要素抜群の農業生活!

「スターデューバレー」と呼ばれる土地を舞台にした生活シミュレーション。プレイヤーは祖父の残した古い農場を受け継いで土地に引っ越してきた主人公となり、農業生活や町の住民との交流などを行います。

プレイヤーは受け継いだ農場を復興するだけでなく、冒険、釣り、採掘、料理や戦闘などさまざまな要素をプレイ可能。特定のキャラクターと結婚して子供を持つこともできます。ゲームには時間制限がないため、四季のイベントを満喫したりひたすら農業に勤しんだりと、プレイヤーの思うままにいつまでもプレイ可能です。

2020年12月22日に、長らく開発中だった「バージョン1.5」がついにPC版で実装。新キャラクターやアイテム、イベントなどゲームの要素を大幅に拡張する内容となっています。これから始めるユーザーだけでなく、過去に遊んだプレイヤーも再び遊ぶのに最高のタイミングです。

『theHunter: Call of the Wild』


世界を股にかけたリアルで雰囲気抜群のハンティングゲーム!

世界のさまざまなエリアを舞台にしたオープンワールド狩猟シミュレーション。プレイヤーはハンターとなり、ライフルやショットガンなどの装備で野生生物を相手にしたハンティングを楽しむことが可能です。野生生物は群れるもの、他の動物を追跡するものなど生態も個性豊かに設定されています。

狩猟した動物には、それぞれ適した弾丸サイズなどで細かくスコアで採点。プレイヤーのレベルアップでスキルを習得したり、使用武器経験値を上げて新たな装備をアンロックするやりこみ要素も用意されています。気軽なスポーツハンティングから、本格的にこだわったハンティングまでプレイヤーの自由なスタイルでプレイでき、登場する動物もシカやクマ、ウサギやライオンまで多種多様です。

DLCを導入することで南米やアメリカ、南アフリカなどさらなるエリアがアンロック。各エリアには新たな動物、地域にまつわるストーリーミッションなども用意されています。

年末年始はフレンドと遊ぼう!

『Among Us』


2020年に大流行したスペース人狼!カジュアルさと駆け引きが好バランス!(Steamアワード「愛の為せる業」部門ノミネート)

宇宙船やコロニーなど、限られた空間内を舞台に行われるスペース人狼ゲーム。2018年にリリースされた本作ですが、2020年に突如人気が爆発し同時接続者数300万人を突破する人気作となりました。パブリックマッチも可能ですが、駆け引きがより楽しいフレンドとのプレイがオススメです。

プレイヤーはエリア内の修理や仕事を行う「クルー」と、彼らの殺害や妨害を目論む「インポスター(裏切者)」に分かれて対戦を行います。ゲーム中は誰がインポスターなのかわからない疑心暗鬼の状態。話し合いで追放者を決める「議論」などでの駆け引きもあり、それぞれの目標を達成したほうが勝利というシンプルなルールながら毎回異なる展開が待ち受ける作品です。PC/コンソール/モバイル感のクロスプラットフォームマルチプレイも実装されています。

いわゆる人狼ゲームながら、アクション要素やカジュアルさで1ゲームが長くなりすぎないのも本作の魅力。その気軽さでついつい何度もプレイしたくなるため、気がつけば数時間やってしまうことも珍しくありません。なお、遊び方コツを特集した記事もあるのでプレイの際はぜひご覧ください。

『Embr』


火災現場を救え!活躍するのは個人の「ウーバー消防士」だ!

現代とは少し異なる未来世界を舞台にした消防救助アクションゲームです。タイトルの「Embr」はアメリカの配車アプリ「Uber」をもじったもので、Embr社のアプリに登録した人なら老若男女誰でも個人単位の救命隊員「Embr Respondr」になれるというユニークな世界観です。

プレイヤーは登録ユーザーとなり、アプリから提供される火災現場に自身の車で駆けつけます。Respondrはあくまで個人単位での活動を行うため、最初にEmbr社から提供される最低限の装備以外は自身で購入する必要があります。また、現場に持ち込める数にも限りがあるため「トランポリンで住民を3階から投げ捨てて救助する」など、プレイヤーの装備によって救出方法は大きく異なります。本作は最大4人までのマルチプレイヤーに対応しているため、人数が増えれば幅の広い活動が可能です。

豊富な装備やカスタマイズ項目、多彩なミッションでやりごたえ抜群。主人公たちは本職ではないため「決して完全消火できない」ルールで、さまざまな戦略が要求されます。早期アクセスリリース初期にプレイレポも掲載していますが、現在は精力的なアップデートで新たなゲームモードなどのコンテンツも多数追加されています。

『Sea of Thieves』


お宝求めて海を大冒険!自由気ままな海賊生活を!(Steamアワード「フレンドとプレイしたい」部門ノミネート)

オープンワールドの海を舞台に、宝探しやモンスターや他のプレイヤーとの海戦など気ままな海賊生活を楽しめるアクションアドベンチャー。ゲームはサーバー内に決められた人数のみ参加できるMO形式で気軽にプレイ可能です。

本作は2016年にMicrosoft Store/Xbox One向けにリリースされ、2020年6月にSteam版が登場しました。オンライン要素の強いゲームながら、プレイヤーレベルなどのシステムがないため、新規プレイヤーでも気軽に始められます。もちろん長く遊ぶプレイヤー向けにはキャラや船用のスキンなど基本的に「ゲーム内容に差がつかない」形での報酬でカスタマイズ可能です。

荒れ狂う海を相手に帆を操作し、舵を切り、穴が空いた船体を修理しているうちにフレンド同士はもちろん、ソロで野良パーティーを組んでも不思議と一体感が生まれます。苦労して手に入れたお宝を港に運んで換金する喜びはひとしおです。ゲームは自由なプレイだけでなく、さまざまなストーリーシナリオや期間限定のイベントも用意されています。


ここまでいくつかの作品を紹介してきましたが、ここでピックアップしたのはSteamストア上にある数多い名作でもほんの一握り。定番どころも多くオススメしていますが、「定番だからこそ間違いのない面白さ」を体験するのにセールはとても良いタイミングです。

Steam「ウィンターセール」は日本時間2021年1月6日3時まで開催予定。本稿が少しでも読者の皆様の参考になれば幸いです。コアなセール対象をまとめてご紹介する記事も準備しますのでそちらもお楽しみに。

※UPDATE(2020/12/25 17:00):本文を一部修正しました。

《Mr.Katoh》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top