「ドラゴンランス」の著者2人が「D&D」のWizards社に対する10億円の支払いを求めた訴訟を取り下げ【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「ドラゴンランス」の著者2人が「D&D」のWizards社に対する10億円の支払いを求めた訴訟を取り下げ【UPDATE】

「ドラゴンランス」の世界を舞台にした新三部作に関連した訴訟でした。

ゲーム文化 その他

ドラゴンランス」シリーズの著者として知られるTracy Hickman氏とMargaret Weis氏は、Wizards of the Coast社に対しおよそ10億円の支払いを求めた、契約違反の訴訟を取り下げました。

この訴訟は、2017年に両氏がWizards社からの打診を受けて執筆を開始した「ドラゴンランス」の世界を舞台にした新三部作に関連したもの。2020年初頭までは2冊目までの草稿が完成するなど順調に進行していたという本プロジェクトですが、Wizards社の「MtG」など「ドラゴンランス」以外の出版物や従業員に対して、人種・性差別問題が提起されたことで状況が悪化。これらの批判を受けてWizards社は、新三部作プロジェクトの書き直しを要請し、その後の変更を承認しないと通知。事実上プロジェクトをWizards社が一方的に終了させたと両氏は主張していました。

ところが、現地時間2020年12月18日に両氏はWizards社に対する訴訟を取り下げ。海外メディアPolygonはWizards社及び両氏の代理人に詳細の説明を求めましたが、コメントは得られなかったとのことです。

訴訟を取り下げた4日後の2020年12月22日には、Hickman氏が巨大なバインダーとダイスを写した画像をTwitterに投稿。「新年一番の幸せの到来を考えている…(Contemplating the coming of the happiest of New Years...)」と記述されており、新三部作プロジェクトの再始動が期待されます。

※UPDATE(2020/1/12 23:00):記事公開時、Margaret Hickman氏と記載しておりましたが、正しくはMargaret Weis氏でした。関係各位にお詫びし訂正致します。

《kamenoko》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 第5回「CRカップ」出場メンバー&チーム名をひとまとめ!『Apex Legends』人気インフルエンサー達が一堂に会する

    第5回「CRカップ」出場メンバー&チーム名をひとまとめ!『Apex Legends』人気インフルエンサー達が一堂に会する

  2. 異星海洋サバイバルADV『サブノーティカ:ビロウゼロ』正式リリース! 国内コンソール向けにも配信開始

    異星海洋サバイバルADV『サブノーティカ:ビロウゼロ』正式リリース! 国内コンソール向けにも配信開始

  3. レトロ風ピクセルアート格闘アクション『沖縄ラッシュ』Steam版デモ配信! 日本語にも対応

    レトロ風ピクセルアート格闘アクション『沖縄ラッシュ』Steam版デモ配信! 日本語にも対応

  4. 残されたのは主人公1人……海外プレイヤーが『スカイリム』で全生物の殺害を達成

  5. 「ゲームセンターCX」“発売20年以上”のルールにのっとりPS2/ゲームキューブ/GBAの使用が解禁!3機種のレトロゲー入りに「もうそんなに経つのか…」と驚きの声も

  6. 高評価ドット絵アクションシューター『HUNTDOWN』Steam/GOG版配信開始!暴力的な未来で悪を狩れ

  7. 父親を探す少女の冒険描くドット絵アクションRPG『Ocean's Heart』が日本語に対応!

  8. コスプレアヒルちゃんフィギュアに新作「桐生一馬」「芭月涼」「ビート」が登場!

  9. 水没都市探検ADV『水瓶上のフェルマータ』ゲーム映像公開―懐かしくも美しいグラフィックの世界で水面下1万メートルを目指そう

  10. 映画「武器人間」監督が『バイオハザード ヴィレッジ』登場クリーチャーの類似性を指摘【ネタバレ注意】

アクセスランキングをもっと見る

page top