横スクSTG『デビルエンジン』問題解決にはまだ遠い?告発巡り開発が内部分裂、弁護士を交え作品権利の協議へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

横スクSTG『デビルエンジン』問題解決にはまだ遠い?告発巡り開発が内部分裂、弁護士を交え作品権利の協議へ

以前の、パブリッシャー元CEO巡る告発行為と告発内容の是非をめぐる諍いが分裂の原因とのこと。

ニュース ゲーム業界
横スクSTG『デビルエンジン』問題解決にはまだ遠い?告発巡り開発が内部分裂、弁護士を交え作品権利の協議へ
  • 横スクSTG『デビルエンジン』問題解決にはまだ遠い?告発巡り開発が内部分裂、弁護士を交え作品権利の協議へ

先日お伝えした、インディーSTG『デビルエンジン(Devil Engine』の権利のパブリッシャーから開発への「友好的な」移管。しかし、同作を巡る問題は新たな状況へと突入していた模様です。

問題は、その「友好的な」契約解消と権利の返還を告知した報告の直後、開発Protoculture Games公式が行った別の投稿に端を発します。その内容を要約すると、「パブリッシャーの当時のCEO(既に退職済み)のセクハラ・パワハラ疑惑などに関連し、パブリッシャーから受けた不義理などを公表し“不確かな”告発に加担した開発リーダーの行動を、アーティスト・作曲担当であるBaily兄弟は許容しておらず、リーダーと袂を分かつ形となった。そして、ゲームの権利もアート・楽曲とプログラムで分裂状態にある」というもの。

この一連の流れをめぐり、Game*Spark編集部ではProtoculture Gamesの代理人である弁護士へと取材をすることに成功しました。取材の結果、状況の詳細を知ることはできませんでしたが、「この問題は友好的かつ誠実に解決できると信じており、訴訟を回避できるよう動いている」旨のコメントを得ることができました。

いずれにせよ、今後このケースが訴訟へ発展するかはともかくとしてまだまだ同作を巡るトラブルは終わりを見せないようです。なお、作曲者は、「現時点でSteamで『Devil Engine』のサウンドトラックを購入しても一切のお金をリーダー以外は得られないので買わないよう」呼びかける書き込みも行っています。

※UPDATE(2021/1/14 16:04):本文中、夫妻を兄弟へと修正しました。同様に開発リーダーの行動についてをより詳細にしました。

《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「Steam」運営のValveとパブリッシャー5社に対し欧州委員会が総額約10億円の罰金刑を科す―EUにおける販売地域制限が独占禁止法に抵触

    「Steam」運営のValveとパブリッシャー5社に対し欧州委員会が総額約10億円の罰金刑を科す―EUにおける販売地域制限が独占禁止法に抵触

  2. Sci-Fi南部ゴシックADV『NORCO』発表―ピクセルアートで描かれる奇妙な世界

    Sci-Fi南部ゴシックADV『NORCO』発表―ピクセルアートで描かれる奇妙な世界

  3. ディーゼルパンクな空中戦艦アクションストラテジー『HighFleet』発表!

    ディーゼルパンクな空中戦艦アクションストラテジー『HighFleet』発表!

  4. 『ゴッド・オブ・ウォー』開発スタジオが「未発表の新作タイトル」に関する人材募集を掲載

  5. フォントワークス8書体が無料公開!商用利用や埋め込みも可能で「Google Fonts」にも対応

  6. スイッチ版が配信停止中のARPG『ファイナルソード』開発元がYouTube配信についてのお願いを掲載

  7. Valveが欧州委員会からの独禁法違反の告発に対抗へ―Steamにおける地域制限に関して

  8. ゲームクリエイター板垣伴信氏、新会社「板垣ゲームズ」を設立―「テクモではなく、またヴァルハラでもない、私自身の会社」

  9. 2021年Steam旧正月セールは現地時間2月11日から15日?―非公式データベースサイトが予告

  10. 12月発表のSFホラー『The Callisto Protocol』を含んだ『PUBG』ユニバース作品が2022年までに3作リリース

アクセスランキングをもっと見る

page top