1800年代のホグワーツを舞台にしたオープンワールド魔法RPG『ホグワーツ・レガシー』リリースが2022年に延期 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

1800年代のホグワーツを舞台にしたオープンワールド魔法RPG『ホグワーツ・レガシー』リリースが2022年に延期

延期理由については「ファンに最高の体験を提供することが最優先事項であるため、ゲーム開発に必要な時間を与える」としています。

ニュース 発表
1800年代のホグワーツを舞台にしたオープンワールド魔法RPG『ホグワーツ・レガシー』リリースが2022年に延期
  • 1800年代のホグワーツを舞台にしたオープンワールド魔法RPG『ホグワーツ・レガシー』リリースが2022年に延期

ワーナー・ブラザースとAvalancheは、新作オープンワールドRPG『ホグワーツ・レガシー』のリリースを、2022年に延期することを発表しました。

2020年9月にPC/PS5/PS4/Xbox Series X/Xbox One向けで発表された本作。プレイヤーは1800年代のホグワーツ魔法魔術学校を舞台に、強力な魔法の習得や仲間との交流を経て、魔法界の隠された古代からの謎を明らかにしていきます。

当初は2021年のリリース予定でしたが、今回の発表にて「ファンに最高の体験を提供することが最優先事項であるため、ゲーム開発に必要な時間を与える」として、2022年のリリースへと予定を延期しています。

『ホグワーツ・レガシー』は、PS5/PS4/Xbox Series X | S/Xbox One/PCで2022年に発売予定。現時点で日本向けPC版の展開については発表されていません。

《TAKAJO》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. フォントワークス8書体が無料公開!商用利用や埋め込みも可能で「Google Fonts」にも対応

    フォントワークス8書体が無料公開!商用利用や埋め込みも可能で「Google Fonts」にも対応

  2. CD PROJEKTのヘッドAdam Badowski氏がブルームバーグの『サイバーパンク2077』の記事に反応、内容に異議を唱える

    CD PROJEKTのヘッドAdam Badowski氏がブルームバーグの『サイバーパンク2077』の記事に反応、内容に異議を唱える

  3. 3DワンダーACT『バランワンダーワールド』体験版配信決定―住人たちの心象世界への冒険や不思議な生き物「ティム」の育成がプレイ可能

    3DワンダーACT『バランワンダーワールド』体験版配信決定―住人たちの心象世界への冒険や不思議な生き物「ティム」の育成がプレイ可能

  4. 怪しげな実験で怪人を生み出すマッドサイエンティストシム『Creature Lab』―あなたは究極の変異原を探し求める天才科学者…

  5. ゲームクリエイター板垣伴信氏、新会社「板垣ゲームズ」を設立―「テクモではなく、またヴァルハラでもない、私自身の会社」

  6. ホラー要素ありの検死シム『Autopsy Simulator』発表! 女性遺体の中から妻の婚約指輪が…

  7. 12月発表のSFホラー『The Callisto Protocol』を含んだ『PUBG』ユニバース作品が2022年までに3作リリース

  8. 2021年Steam旧正月セールは現地時間2月11日から15日?―非公式データベースサイトが予告

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 定額遊び放題のPC版含む「Xbox Game Pass Ultimate」3か月100円のキャンペーン開始―『ドラクエ11』『DOOM Eternal』等100タイトル以上が対象

アクセスランキングをもっと見る

page top