「ゲーム課金しすぎて生活に困ったことがある」10.6%。20代のゲームに対する金銭感覚とは? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「ゲーム課金しすぎて生活に困ったことがある」10.6%。20代のゲームに対する金銭感覚とは?

SMBCコンシューマーファイナンスが「20代の金銭感覚についての意識調査2021」の結果を公開しました。

ゲーム文化 カルチャー
「ゲーム課金しすぎて生活に困ったことがある」10.6%。20代のゲームに対する金銭感覚とは?
  • 「ゲーム課金しすぎて生活に困ったことがある」10.6%。20代のゲームに対する金銭感覚とは?
  • 「ゲーム課金しすぎて生活に困ったことがある」10.6%。20代のゲームに対する金銭感覚とは?
  • 「ゲーム課金しすぎて生活に困ったことがある」10.6%。20代のゲームに対する金銭感覚とは?
  • 「ゲーム課金しすぎて生活に困ったことがある」10.6%。20代のゲームに対する金銭感覚とは?
  • 「ゲーム課金しすぎて生活に困ったことがある」10.6%。20代のゲームに対する金銭感覚とは?
  • 「ゲーム課金しすぎて生活に困ったことがある」10.6%。20代のゲームに対する金銭感覚とは?
  • 「ゲーム課金しすぎて生活に困ったことがある」10.6%。20代のゲームに対する金銭感覚とは?

SMBCコンシューマーファイナンスは、「20代の金銭感覚についての意識調査2021」をインターネットリサーチで実施し結果を公開しました。

調査では、20代の毎月の平均のお小遣いは平均29,398円、「毎月自由に使えるお金が1万円以下」である割合が39.4%となっています。

コロナ禍の巣ごもり消費マインドに関しては、20代の61.2%が「自宅にいる時間を充実させるため(動画配信やゲーム、ソファやクッション、家電など)にお金をかけたい」。男女別では『そう思う』と回答した人の割合は、男性では64.0%、女性では58.4%となっています。

「実際に自宅にいる時間を充実させるため(動画配信やゲーム、ソファやクッション、家電など)にお金をかけているか」については、お金をかけている人の割合は34.3%で、ひと月あたりにかけている金額の全体平均は 1,465円となっています。男女別にみると、かけている金額の平均は、男性1,700円、女性1,230円と、女性と比べて男性のほうが470円高くなりました。

さらにストレス発散のためにお金をかけている人(507 名)に、どのような商品・サービスにお金を使っているか聞いたところ、全体では17.8%がゲームにお金をかけていると回答。女性は10位までに入らなかったものの、男性は25.6%で4位にゲームが入りました。

全回答者に、ゲーム消費について質問したところ、お金を使ってゲームをすることについて、「お金を使ってでも(課金してでも)ゲームを有利に進めたい」では「そう思う」が13.0%、「お金を使わないと楽しく遊べない」では「そう思う」は 14.9%となりました。アイテムやキャラクターの入手について、「ほしいアイテム・キャラを手に入れるためのお金は惜しみたくない」では「そう思う」は 15.0%となりました。

ストレス発散のためにゲームにお金をかける人に絞って、この質問をすれば、かなりの人がゲームに消費をしていそうです。

ゲームでのアイテムの購入やガチャ等の利用といったゲーム課金実態について質問したところ、「ゲームでのアイテムの購入やガチャ等の利用(ゲーム課金)」にお金をかけている人の割合は12.2%、それらの人がひと月あたりにかけている金額の平均は4,191円でした。男女別では、お金をかけている人の割合は、男性 16.8%、女性 7.6%と、女性と比べて男性のほうが 9.2 ポイント高くなっています。

「ゲームでお金を使いすぎて(ゲーム課金しすぎて)生活に困ったことがある」では「ある」は 10.6%、「ゲームでお金を使ったこと(ゲーム課金したこと)に後悔したことがある」では「ある」は20.1%となりました。ゲーム課金で失敗をした経験がある人の中で男女別に見てみると、「ゲームでお金を使いすぎて(ゲーム課金しすぎて)生活に困ったことがある」は男性14.6%、女性6.6%、「ゲームでお金を使ったこと(ゲーム課金したこと)に後悔したことがある」は男性 26.6%、女性 13.6%と、どちらも男性のほうが高くなっています。

その他の調査の詳細に関しては、「20代の金銭感覚についての意識調査2021」をご確認ください。

《調査概要》

調査タイトル:20代の金銭感覚についての意識調査2021
調査対象:ネットエイジアリサーチのインターネットモニター会員を母集団とする20歳~29歳の男女
調査期間:2020年11月6日~9日
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
有効回答数:1,000サンプル
調査協力会社 : ネットエイジア株式会社

《H.Laameche》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ツイートから『DARK SOULS』アイテム説明風文章を生成するbotが登場―ゲムスパはどんな感じに?

    ツイートから『DARK SOULS』アイテム説明風文章を生成するbotが登場―ゲムスパはどんな感じに?

  2. ちょっとした発見がたくさん!『ストII』生みの親・西谷亮氏がTwitterにて(おそらく)ロケテスト時代の資料を公開

    ちょっとした発見がたくさん!『ストII』生みの親・西谷亮氏がTwitterにて(おそらく)ロケテスト時代の資料を公開

  3. ローグライク要素も含む武侠アクションRPG『Bloody Spell』正式リリース!

    ローグライク要素も含む武侠アクションRPG『Bloody Spell』正式リリース!

  4. e-Sportsチーム「ZETA DIVISION」がプロゲーマー・ta1yoさんの加入を発表―公式サイトでは本人からのコメントも

  5. 映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」国内公開日が2022年1月28日に決定!新たな国内向け予告映像も

  6. 「彼が与えた影響を思い起こさせるのに相応しい」ユービーアイが故人のプレイヤー名を『レインボーシックス シージ』内に刻む

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」日本語吹替版声優追加発表―ブライアン警察署長に堀内賢雄さん、バーキン博士は平田広明さん

  9. 物議を醸した『ポケモン』ファンメイドFPSの映像が権利者の申し立てにより削除―ポケモンたちを銃撃する過激な内容

  10. ドウェイン・ジョンソンが新たなゲーム原作映画を準備中―ファンの予想はクソコラ祭りに発展

アクセスランキングをもっと見る

page top