タワーディフェンス要素も備えたローグライトACT『Tunnel of Doom』発表! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

タワーディフェンス要素も備えたローグライトACT『Tunnel of Doom』発表!

鉱山に閉じ込められた夫を探せ。

ゲーム文化 インディーゲーム
タワーディフェンス要素も備えたローグライトACT『Tunnel of Doom』発表!
  • タワーディフェンス要素も備えたローグライトACT『Tunnel of Doom』発表!
  • タワーディフェンス要素も備えたローグライトACT『Tunnel of Doom』発表!
  • タワーディフェンス要素も備えたローグライトACT『Tunnel of Doom』発表!
  • タワーディフェンス要素も備えたローグライトACT『Tunnel of Doom』発表!
  • タワーディフェンス要素も備えたローグライトACT『Tunnel of Doom』発表!
  • タワーディフェンス要素も備えたローグライトACT『Tunnel of Doom』発表!
  • タワーディフェンス要素も備えたローグライトACT『Tunnel of Doom』発表!
  • タワーディフェンス要素も備えたローグライトACT『Tunnel of Doom』発表!

パブリッシャーDigeratiは、インディー開発者 Antti Vaihia氏が手がける新作アクションローグライトゲーム『Tunnel of Doom』を発表しました。

本作は不可解な事件により閉鎖された1903年の鉱山を舞台にしており、閉じ込められた夫を探す妻エンジェルを描きます。ゲームプレイにはリアルタイムのタワーディフェンス要素を含んでおり、戦闘が始まる前に大砲やバリケードなどを戦略的に配置して生存の可能性を高めることができます。

鉱山やパーク、モンスターなどのレイアウトはプレイごとにランダムに生成される『Tunnel of Doom』はWindows(Steam)/Xbox One/ニンテンドースイッチを対象に2021年Q2リリース予定。現地時間1月29日から2月1日までのオープンベータも予定されており、参加申込を受け付けています

《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 人気ストリーマーのStylishNoob氏、DeToNator脱退を発表―今後はフリーとして活動

    人気ストリーマーのStylishNoob氏、DeToNator脱退を発表―今後はフリーとして活動

  2. 『CoD』を買いにロックダウン中の街を出歩いていた脱獄犯が逮捕―英バーミンガム市

    『CoD』を買いにロックダウン中の街を出歩いていた脱獄犯が逮捕―英バーミンガム市

  3. コミックマーケット99が開催延期…「現時点で開催延期を判断せざるをえない」

    コミックマーケット99が開催延期…「現時点で開催延期を判断せざるをえない」

  4. ターン制タクティカルRPG『Fell Seal: Arbiter's Mark』Steam版が日本語に対応

  5. 3月限定復活!ユービーアイ公式生放送「Ubich」にて『ウォッチドッグス レギオン』オンラインモードを紹介

  6. ガンディーの核投下バグの真相をシド・マイヤーが語る回想録『Sid Meier’s Memoir!』が海外で発売

  7. 「スーパー・ニンテンドー・ワールド」3月18日よりオープン!当面は人数制限を実施

  8. 『Bloodstained』の「ミリアム」が3Dアリーナ格闘『Mighty Fight Federation』に参戦!

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 100万のスパルタ兵 vs 2千のフルオートショットガン兵! 壮大バトルシム『UEBS2』技術デモ映像

アクセスランキングをもっと見る

page top