誘拐されたサイコパスの館から脱出するホラーADV『Don't Be Afraid』公式日本語対応アップデート配信! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

誘拐されたサイコパスの館から脱出するホラーADV『Don't Be Afraid』公式日本語対応アップデート配信!

日本語や韓国語など11言語が追加。

ニュース セール・無料配布
誘拐されたサイコパスの館から脱出するホラーADV『Don't Be Afraid』公式日本語対応アップデート配信!
  • 誘拐されたサイコパスの館から脱出するホラーADV『Don't Be Afraid』公式日本語対応アップデート配信!
  • 誘拐されたサイコパスの館から脱出するホラーADV『Don't Be Afraid』公式日本語対応アップデート配信!
  • 誘拐されたサイコパスの館から脱出するホラーADV『Don't Be Afraid』公式日本語対応アップデート配信!
  • 誘拐されたサイコパスの館から脱出するホラーADV『Don't Be Afraid』公式日本語対応アップデート配信!

Hydra Gamesがパブリッシングを務めるホラーゲーム『Don't Be Afraid』の最新アップデートで日本語を含む11言語が新たに追加されました。

本作は「チャイルドキラー」と呼ばれるサイコパスに誘拐された子供となり、館からの脱出を目指すホラーアドベンチャー。館の中では驚くような謎や仕掛けに対処するだけでなく、常に何者かに監視している恐怖とも戦わなければなりません。なお、ゲームには3種類のエンディングが用意されています。

アップデートで追加されたのは、日本語や韓国語、フランス語などを含む11言語。日本語のローカライズは『They Are Billions』『CryoFall』などを担当したTobineta氏が行っています。





『Don't Be Afraid』はPC(Steam)にて配信中。2月16日まで25%オフになるセールも実施中です。

《Mr.Katoh》
Mr.Katoh

酒と雑学をこよなく愛するゲーマー Mr.Katoh

サイドクエストに手を染めて本編がなかなか進まない系。ゲーマー幼少時から親の蔵書の影響でオカルト・都市伝説系に強い興味を持つほか、大学で民俗学を学ぶ。ライター活動以前にはリカーショップ店長経験があり、酒にも詳しい。好きなゲームジャンルはサバイバル、経営シミュレーション、育成シミュレーション、野球ゲームなど。日々のニュース記事だけでなく、ゲームのレビューや趣味や経歴を活かした特集記事なども掲載中。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. コジマプロダクションが“WHO”に続いて“WHERE AM I?”と書かれた謎のイメージ画像公開―小島監督のTwitterでは3つ目の単語を思わせる投稿も

    コジマプロダクションが“WHO”に続いて“WHERE AM I?”と書かれた謎のイメージ画像公開―小島監督のTwitterでは3つ目の単語を思わせる投稿も

  2. 『サイバーパンク2077』拡張が1つだけの理由は続編「Orion」があるから…ナイトシティは眠らない

    『サイバーパンク2077』拡張が1つだけの理由は続編「Orion」があるから…ナイトシティは眠らない

  3. “WHO AM I?”はこの人だった!コジプロの次回作にエル・ファニングが出演か?

    “WHO AM I?”はこの人だった!コジプロの次回作にエル・ファニングが出演か?

  4. 『サイバーパンク2077』凄まじきアニメ効果、同接数なんと7倍に!―世界観設定の解像度高める内容が再訪招いたか

  5. バットマン新作ゲーム『Gotham Knights』発表! ゲームプレイ映像も披露

  6. コジマプロダクションからミステリアスなメッセージ再び―謎のイメージの答えは次回“どこか”で判明?

  7. 『サイバーパンク2077』クエストディレクターは続編プロジェクトにも参加―アメリカでの新スタジオ設立予定も

  8. 『メトロ エクソダス』スタッフがウクライナ侵攻の戦闘任務で戦死…より鮮明になるゲーム業界への影響

  9. 「WHO AM I?」コジマプロダクションが謎のイメージを公開【TGS2022】

  10. Prime会員なら『Fallout 76』が無料!「Prime Gaming」10月度の6タイトルが配布開始【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top