任天堂に訴えられた過去を持つアメリカの人気ラッパー、新たな家庭用ゲーム機を開発中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

任天堂に訴えられた過去を持つアメリカの人気ラッパー、新たな家庭用ゲーム機を開発中

過去に開発したゲーム機は、既製品のリブランド品ではないかと指摘されていました。

ゲーム文化 カルチャー
任天堂に訴えられた過去を持つアメリカの人気ラッパー、新たな家庭用ゲーム機を開発中
  • 任天堂に訴えられた過去を持つアメリカの人気ラッパー、新たな家庭用ゲーム機を開発中
  • 任天堂に訴えられた過去を持つアメリカの人気ラッパー、新たな家庭用ゲーム機を開発中

アメリカの人気ラッパー、ソウルジャ・ボーイが独自の家庭用ゲーム機の開発に取り組んでいることをSNSで明らかにしました。同氏は、2018年にもゲーム機を開発・販売していたことでも知られています。
画像は2018年に発売された「SouljaGame Console」。

ソウルジャ・ボーイは、2018年に「SouljaGame」と呼ばれる据置型ゲーム機と携帯ゲーム機をリリースしていましたが、これらゲーム機は中国のAnbernic社が販売するレトロゲーム互換機のリブランド品ではないかと指摘されていました。その後、同氏は任天堂から提訴され、発売から1ヶ月で「SouljaGame」は量販店から回収されています。海外メディアThe BRAGによるとボーイは、「SouljaGame」シリーズは500万台を売り上げたと主張しているとのことです。

それから3年経ち、ボーイはPS5やXSXに匹敵するような家庭用ゲーム機を開発中であると自身のSNSで発表。Instagramに投稿された画像はXSSに近い形の本体のほか、DUALSHOCK 3のようなコントローラーも確認できますが、2018年に発売したSouljaGame Consoleであるようにも見えます。これがイメージ画像なのか、実際の本体なのかは不明です。

ボーイによる新型ゲーム機の性能や価格は不明ですが、有名ラッパーが再度挑むゲーム機開発に世界中から注目が集まっています。

《蟹江西武》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. そっぽ向いても大惨事はそのまま!『レッド・デッド・リデンプション2』世界の自動修復を防いで永続性を強化するModが登場

    そっぽ向いても大惨事はそのまま!『レッド・デッド・リデンプション2』世界の自動修復を防いで永続性を強化するModが登場

  2. まもなく米国で公開の実写映画版「モータルコンバット」フェイタリティシーンがお披露目

    まもなく米国で公開の実写映画版「モータルコンバット」フェイタリティシーンがお披露目

  3. 『Apex Legends』インフルエンサーの祭典、第5回「CRカップ」が5月15日開催決定!前回大会は同時視聴者数20万人超

    『Apex Legends』インフルエンサーの祭典、第5回「CRカップ」が5月15日開催決定!前回大会は同時視聴者数20万人超

  4. 『GTA V』をクリアするためには最低でも700人以上を殺めなければならない―海外ユーザーが約半年をかけた検証結果を報告

  5. まさに至宝!『DEATH STRANDING』「クリフォード・アンガー」1/2スタチューが予約開始

  6. 史上初のオリンピック公式ライセンスe-Sportsイベント「オリンピックバーチャルシリーズ」開催―『パワプロ』『グランツーリスモ』などが競技に選出

  7. 『サイバーパンク2077』初期バージョンに存在していた「ウォールランニング」を復活させるModが登場! 一部で機能制限あり

  8. 真田広之のアクションが光る! 実写映画版「モータルコンバット」序盤7分が披露

  9. 殺される度に強くなる! まるでゲームのようなSFアクション映画「コンティニュー」公開決定―タイムループの謎を解き明かせ

  10. 発売直後のインディーゲームがプレイヤー数15万人を突破、Xbox Game Passの影響も大―『レインパレード: イタズラ雲の冒険!』が快調を報告

アクセスランキングをもっと見る

page top