EAが『ニード・フォー・スピード』新作を延期―開発チームは『バトルフィールド』を支援 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

EAが『ニード・フォー・スピード』新作を延期―開発チームは『バトルフィールド』を支援

「援軍を要請する!」「了解!」

ニュース ゲーム業界
EAが『ニード・フォー・スピード』新作を延期―開発チームは『バトルフィールド』を支援
  • EAが『ニード・フォー・スピード』新作を延期―開発チームは『バトルフィールド』を支援
  • EAが『ニード・フォー・スピード』新作を延期―開発チームは『バトルフィールド』を支援
『ニード・フォー・スピード: ホット・パースート リマスター』(2020年)

Electronic Artsは海外メディアPolygonでのインタビューにおいて、レースゲームシリーズ『ニード・フォー・スピード』の新作を1年延期するとともに、同作を手がけるCriterion Gamesは『バトルフィールド』新作の開発に参加しEA DICEを支援することを明らかにしました。

EAのチーフスタジオオフィサーLaura Miele氏は、パンデミックでの在宅ワークで『バトルフィールド』開発チームに負担がかかっていることやCodemastersの買収で既に年内発売予定のレースゲームがEAに提供されていることを挙げ、Criterionの再割当ては合理的な判断であったと伝えています。

Criterionは『Star Wars バトルフロント』や『Star Wars バトルフロント II』、『バトルフィールドV』でもDICEを支援していたということもあり、Laura Miele氏は両スタジオが非常に緊密な協力関係にあり、彼らにとってもポジティブな成功に繋がると確信していると語っています。

『バトルフィールド』新作は2021年のホリデーシーズンに発売予定。なお、『ニード・フォー・スピード』は今後もCriterionの管轄下にあり、同スタジオは新作の開発に戻っていると強調しました。新作は現世代・前世代のPlayStation/Xboxでもリリースされるとのことです。

「EA Play Live」で披露された次世代ゲームのティーザー映像
《RIKUSYO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 次世代の新作『バトルフィールド』2021年後半リリースと正式発表―独立したモバイル向け作品も2022年に配信予定

    次世代の新作『バトルフィールド』2021年後半リリースと正式発表―独立したモバイル向け作品も2022年に配信予定

  2. 『バイオハザード ヴィレッジ』公式イメージソング公開―吉幾三「俺らこんな村いやだLv.100」

    『バイオハザード ヴィレッジ』公式イメージソング公開―吉幾三「俺らこんな村いやだLv.100」

  3. Epic Gamesストアにて映画「エイリアン」原作SFサバイバルホラー『エイリアン アイソレーション』ボードゲーム型ARPG『ハンド オブ フェイト2』期間限定無料配信開始

    Epic Gamesストアにて映画「エイリアン」原作SFサバイバルホラー『エイリアン アイソレーション』ボードゲーム型ARPG『ハンド オブ フェイト2』期間限定無料配信開始

  4. コナミが日本で「悪魔城ドラキュラ」と「METAL GEAR RISING」の商標を申請

  5. Epic Gamesストアにインディーゲーム販売プラットフォームitch.io含む複数のPC向けアプリが追加

  6. ソニーとFirewalk Studios、新規IPパブリッシングパートナーシップを発表―マルチプレイヤーゲームをすでに開発中

  7. 有志のファンによる『Days Gone』続編を求める署名活動が実施中―すでに6万件近い署名が集まる

  8. 任天堂が『白猫プロジェクト』を巡るコロプラとの訴訟で請求額を49.5億から96.99億に引き上げ

  9. キーの用意なしでSteamでのテストプレイが可能に―「Steam Playtest」正式リリース

  10. まずはオフィスのトイレットペーパー改善から!Razerが環境保護目的の基金"Razer Green Fund"を設立

アクセスランキングをもっと見る

page top