勘違いで使われた?ザック・スナイダー監督の「ジャスティス・リーグ」に登場する紋章が『Halo』マルチプレイヤーエンブレムに似ていると指摘される | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

勘違いで使われた?ザック・スナイダー監督の「ジャスティス・リーグ」に登場する紋章が『Halo』マルチプレイヤーエンブレムに似ていると指摘される

ラーズ・アル・グールはどうやら『Halo』のファンらしい?

ゲーム文化 カルチャー
「ジャスティス・リーグ」
  • 「ジャスティス・リーグ」
  • 勘違いで使われた?ザック・スナイダー監督の「ジャスティス・リーグ」に登場する紋章が『Halo』マルチプレイヤーエンブレムに似ていると指摘される

ザック・スナイダー監督の映画「ジャスティス・リーグ」に登場するヴィラン“デスストローク”のコスチュームに刻まれた紋章に、一部で関心が集まっています。

これは、同作の展覧会で展示されていたデスストロークのコスチュームをアップで撮影した写真から判明したもの。当初はバットマンの宿敵であるラーズ・アル・グールが設立した組織、リーグ・オブ・アサシンの紋章であると考えられており、デスストロークを演じたジョー・マンガニエロは自身のTwitterにて、この紋章はラーズ・アル・グールのイースターエッグであると述べました。

しかし一部のファンにより、この紋章がラーズ・アル・グールのイースターエッグではなく、『Halo』シリーズのマルチプレイヤーエンブレムの一つ「RUNES」を編集したものだということが判明します。

ラーズ・アル・グールの紋章とされているこのデザインは「RUNES」をバットマンの二次創作としてアレンジしたもので、Comics Crossroadsという二次創作を取り扱うデータベースサイトに掲載されています。なぜそのエンブレムがこうして使用されたのか真相は不明ですが、デスストロークを担当したデザイナーが、「Ra's Al Ghul Symbol」と検索して一番初めに表示されるこの紋章を参考にした可能性が考えられます。


これに対して『Halo』の元アートディレクターChristopher Barrett氏は、「20年前に作ったエンブレムが、デスストロークの剣についているのかな?」とTwitterで述べています。

《藤田 幸平》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 英語版『シェンムーIII』新声優になったレンや藍帝のボイスをオリジナル版声優が再演するModが登場

    英語版『シェンムーIII』新声優になったレンや藍帝のボイスをオリジナル版声優が再演するModが登場

  2. 人間の皮を被った殺人ロボットを探せ!宇宙客船人狼『First Class Trouble』早期アクセス開始

    人間の皮を被った殺人ロボットを探せ!宇宙客船人狼『First Class Trouble』早期アクセス開始

  3. 現実時間で夜10時にしかプレイできない実写ホラーゲーム『GHOSTS』のKickstarter開始!

    現実時間で夜10時にしかプレイできない実写ホラーゲーム『GHOSTS』のKickstarter開始!

  4. 『ストリートファイター』キャラが英語の教科書に!0フレで“公式オッケー”する事態に「凄い」「時代は変わった」と好意的な反応

  5. 米イスラム団体がイラク戦争描くFPS『Six Days in Fallujah』の販売自粛をマイクロソフト、ソニー、Valveなどに要請

  6. 人気ストリーマーのStylishNoob氏、DeToNator脱退を発表―今後はフリーとして活動

  7. 『スカイリム』を独自の世界に作り変える大型Mod「Enderal」の『Special Edition』対応版が配信開始!

  8. 香港で300枚のGPU密輸事件発生!発売前のマイニング用GPU「NVIDIA CMP 30HX」か

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 『散歩 - Walk』を含む初代PS風ホラーゲームの体験版25作品が収録された『Demo Disc 2021』が配信開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top