『ドラクエ』シリーズの配信ガイドラインが改定―発売から一定期間を経た作品は“エンディング部分”も配信可能に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ドラクエ』シリーズの配信ガイドラインが改定―発売から一定期間を経た作品は“エンディング部分”も配信可能に

『ドラゴンクエスト』シリーズの「動画・生配信・画像投稿に関するガイドライン」が更新。ナンバリングシリーズ全般が、エンディング部分も含めて配信可能となります。

ニュース セール・無料配布
ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
  • ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

スクウェア・エニックスは、『ドラゴンクエスト』シリーズの「動画・生配信・画像投稿に関するガイドライン」を更新しました。

今回の更新では、これまで配信等を禁止していた「エンディング部分」について、発売・配信から一定期間を経た作品に限り、当該条項を削除。これにより、該当作品はエンディング部分も含めて配信等が可能となりました。

該当作品を確認したところ、シリーズ最新作『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』からも当該条項が削除されており、ナンバリングシリーズ全般はエンディング部分の配信等が可能となっています。

ただし、『ドラゴンクエストX』はバージョン1~4の「ラスボス」や「エンディング」のみ配信を許諾。禁止から許可に変更される具体的なシーンは下記となります。

  • 目覚めし五つの種族「冥王〇〇〇〇」戦闘後のムービー、エンディング(スタッフロール)より、「To be continued」が表示されるまで。
  • 眠れる勇者と導きの盟友「大魔王〇〇〇〇〇〇」戦闘後のムービー、エンディング(スタッフロール)より、「To be continued」が表示されるまで。
  • いにしえの竜の伝承「邪〇〇〇〇〇〇」戦闘後のムービー、エンディング(スタッフロール)より、「Fin」が表示されるまで。
  • 5000年の旅路 遥かなる故郷へ「時〇〇〇〇〇〇〇」戦闘後のムービー、エンディング(スタッフロール)より、その後「To be continued」が表示されるまで。

バージョン5.5[後期]の次の大型アップデートでは、バージョン5.5[後期]で公開される「いばらの巫女と滅びの神」ラスボス討伐後のムービーおよびエンディングも解禁予定とのこと。

また「紅玉館」内部およびログイン画面については、本改訂後も引き続き禁止としています。なお、PS4版に設定されている「配信禁止区間」は、バージョン5.5[後期]に削除予定なので、それまで待ちましょう。

これらに加え、全作品を通して、ゲームシナリオに大きく関わるシーンを配信する場合は、自主的に「ネタバレあり」の表記をするよう促しています。
《茶っプリン》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 【セール】『SOULCALIBUR VI』85%オフ、『CODE VEIN』『エースコンバット7』75%オフなど多数タイトルがお得な「BANDAI NAMCOパブリッシャーウィークエンド」がSteamにて開催中!【UPDATE】

    【セール】『SOULCALIBUR VI』85%オフ、『CODE VEIN』『エースコンバット7』75%オフなど多数タイトルがお得な「BANDAI NAMCOパブリッシャーウィークエンド」がSteamにて開催中!【UPDATE】

  2. Origin版『バトルフィールド4』を無料でゲットできちゃう!Amazonプライム会員特典「Prime Gaming」6月度ラインナップが更新

    Origin版『バトルフィールド4』を無料でゲットできちゃう!Amazonプライム会員特典「Prime Gaming」6月度ラインナップが更新

  3. マイクロソフトは『MLB The Show 21』のため発売前のXbox Series Xをソニーに提供していた

    マイクロソフトは『MLB The Show 21』のため発売前のXbox Series Xをソニーに提供していた

  4. Epic Gamesストアにて協力クッキングACT『オーバークック2』と2DローグライトACT『Hell is Other Demons』期間限定無料配布開始

  5. 『Five Nights at Freddy's』作者のScott Cawthon氏が引退を表明―政治献金を巡り家族にも矛先

  6. MODの役職やかくれんぼルールがついに公式実装!『Among Us』新情報発表まとめ【SUMMER GAME FEST】

  7. 次のハード開発も発売の何年も前から取り組む必要がある―任天堂が増加傾向の研究開発費についてコメント

  8. 米任天堂、海賊版ROM配布サイトとの裁判に勝訴―サイト側に約2億円の損害賠償が命じられる

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. スクエニ新作『バビロンズフォール』クローズドβテストの参加者募集開始!プラチナゲームズが開発するオンラインでのハクスラアクション

アクセスランキングをもっと見る

page top