実写映画版「モータルコンバット」は血、ゴア、死の三つ巴を“限界まで追求” | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

実写映画版「モータルコンバット」は血、ゴア、死の三つ巴を“限界まで追求”

「Fatality」はどこまで表現できるのでしょうか。

ゲーム文化 カルチャー
実写映画版「モータルコンバット」は血、ゴア、死の三つ巴を“限界まで追求”
  • 実写映画版「モータルコンバット」は血、ゴア、死の三つ巴を“限界まで追求”
  • 実写映画版「モータルコンバット」は血、ゴア、死の三つ巴を“限界まで追求”
  • 実写映画版「モータルコンバット」は血、ゴア、死の三つ巴を“限界まで追求”

実写映画版「Mortal Kombat(モータルコンバット)」監督のサイモン・マックウォイド氏はSFX Magazineのインタビューにて、本作のゴア表現に関して語りました。

マックウォイド氏はインタビューの中で、「Mortal Kombatチームは可能な限り「血、ゴア、死」を表現したかった。その中には胸から心臓を引き裂かれるキャラクターも含まれている」と話しています。

こうした表現に関して同氏は「もちろん、やりすぎると映画が公開できなくなるという問題があり、それはスタジオの投資収益率にとってもよろしくないことでしょう。でも、初日から(ゴア表現を)“ちゃんとやるぞ”と思っていました」とレーティングの限界までゴア表現を追求する姿勢について語ってます。

なお、過去には本作に出演しているルイス・タン氏が海外メディアComicBook.comのインタビューにて、「撮影現場で気分が悪くなる日もあった」「冗談抜きに彼らは躊躇しなかった」と述べていたこともあります。

実写映画版「Mortal Kombat」は、現地時間2021年4月16日に海外で公開予定です。

《藤田 幸平》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 人間の皮を被った殺人ロボットを探せ!宇宙客船人狼『First Class Trouble』早期アクセス開始

    人間の皮を被った殺人ロボットを探せ!宇宙客船人狼『First Class Trouble』早期アクセス開始

  2. 『ストリートファイター』キャラが英語の教科書に!0フレで“公式オッケー”する事態に「凄い」「時代は変わった」と好意的な反応

    『ストリートファイター』キャラが英語の教科書に!0フレで“公式オッケー”する事態に「凄い」「時代は変わった」と好意的な反応

  3. 英語版『シェンムーIII』新声優になったレンや藍帝のボイスをオリジナル版声優が再演するModが登場

    英語版『シェンムーIII』新声優になったレンや藍帝のボイスをオリジナル版声優が再演するModが登場

  4. 『スカイリム』を独自の世界に作り変える大型Mod「Enderal」の『Special Edition』対応版が配信開始!

  5. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  6. 現実時間で夜10時にしかプレイできない実写ホラーゲーム『GHOSTS』のKickstarter開始!

  7. 人気ストリーマーのStylishNoob氏、DeToNator脱退を発表―今後はフリーとして活動

  8. 『散歩 - Walk』を含む初代PS風ホラーゲームの体験版25作品が収録された『Demo Disc 2021』が配信開始!

  9. 米イスラム団体がイラク戦争描くFPS『Six Days in Fallujah』の販売自粛をマイクロソフト、ソニー、Valveなどに要請

  10. トラック運送シム『ETS2』日本マップMod「Project Japan」v0.40公開

アクセスランキングをもっと見る

page top