「撮影現場で気分が悪くなる日もあった」実写映画版『モータルコンバット』出演者が同作のフェイタリティについて語る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「撮影現場で気分が悪くなる日もあった」実写映画版『モータルコンバット』出演者が同作のフェイタリティについて語る

「彼らは躊躇しなかった」

ゲーム文化 カルチャー
「撮影現場で気分が悪くなる日もあった」実写映画版『モータルコンバット』出演者が同作のフェイタリティについて語る
  • 「撮影現場で気分が悪くなる日もあった」実写映画版『モータルコンバット』出演者が同作のフェイタリティについて語る
  • 「撮影現場で気分が悪くなる日もあった」実写映画版『モータルコンバット』出演者が同作のフェイタリティについて語る

浅野忠信真田広之も出演するということで注目を集める『Mortal Kombatモータルコンバット)』の新作実写映画ですが、海外メディアComicBook.comのインタビューを受けた出演者のルイス・タンは、多くのファンが気になっているであろう“フェイタリティ”(敵にとどめを刺す技)に言及しました。


彼の話によれば「撮影現場で気分が悪くなる日もあった」とのことで、新作映画でのフェイタリティはゲームと同様バイオレンスでグロテスクな表現になっている可能性を示唆しています。続けて「冗談抜きに彼らは躊躇しなかった」と語っており期待も高まります。なお、昨年7月には脚本家のグレッグ・ルッソ氏より本作が“R指定”(17歳未満の鑑賞は保護者の同伴が必要)となることが明かされていました


『Mortal Kombat』実写映画版新作は、2021年1月15日に米国で公開予定です。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. この動き絶対見たことある! 現実の渋谷でオープンワールドゲームの動きを再現する超力作映像が公開

    この動き絶対見たことある! 現実の渋谷でオープンワールドゲームの動きを再現する超力作映像が公開

  2. SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

    SIE広報、報じられた性表現規制のルール導入を否定―役員が確認するケースも

  3. 90年代スタイルの撃ちまくりFPS『Hellbound』Steam配信開始! 地獄で大暴れするローンチトレイラーも披露

    90年代スタイルの撃ちまくりFPS『Hellbound』Steam配信開始! 地獄で大暴れするローンチトレイラーも披露

  4. 様々な新要素を追加する『Blasphemous』無料DLC「The Stir of Dawn」配信開始!

  5. ストーリー主導恐竜サバイバルホラー『Goner』Kickstarterキャンペーン開始!恐竜が今も生きている島で生き残れ

  6. 『オーバーウォッチ』期間限定イベント「サマー・ゲーム 2020」開催! ルシオボールに新要素も

  7. 昇龍拳は出ないけどTシャツは出る! ザ・リーサルウェポンズと『ストリートファイターII』とのコラボTシャツ発売決定

  8. Blizzardのゲームイベント「BlizzCon」2021年にオンライン形式で開催決定

  9. 『ライザのアトリエ』ライザが等身大フィギュアに……!お値段275万円、10名以上の予約で製品化

  10. 緻密ドット絵アクション『Blasphemous』無料DLC「The Stir of Dawn」配信日決定!

アクセスランキングをもっと見る

page top