開発中止になったドリキャス版『悪魔城ドラキュラ』のプロトタイプ、プレイ可能な状態で発見―ソニア・ベルモンド主人公の『Castlevania: Resurrection』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

開発中止になったドリキャス版『悪魔城ドラキュラ』のプロトタイプ、プレイ可能な状態で発見―ソニア・ベルモンド主人公の『Castlevania: Resurrection』

同シリーズは2000年からPS2へ舵を切っています。

ゲーム文化 カルチャー
開発中止になったドリキャス版『悪魔城ドラキュラ』のプロトタイプ、プレイ可能な状態で発見―ソニア・ベルモンド主人公の『Castlevania: Resurrection』
  • 開発中止になったドリキャス版『悪魔城ドラキュラ』のプロトタイプ、プレイ可能な状態で発見―ソニア・ベルモンド主人公の『Castlevania: Resurrection』

ドリームキャスト用に開発されていたものの、発売中止となった『悪魔城ドラキュラ』シリーズ『Castlevania: Resurrection』のプレイ可能なプロトタイプが海外で発見されました。

これはフランス・中国・スイスのレトロゲームコレクターが主催するコミュニティで明らかにされたもので、実際にゲームを起動し、プレイする様子も動画で公開されています。

『Castlevania: Resurrection』はKonami of Americaによって開発されていたドリームキャスト用タイトルでした。ゲームボーイでリリースされた『悪魔城ドラキュラ 漆黒たる前奏曲』と同じくソニア・ベルモンドを主人公としていましたが、2000年にPS2へのシリーズ展開が始まったことなどを理由に開発が中止されています。同作は1999年のE3でクローズドながらプレイアブル出展されていたことから、その際に制作された試遊用ディスクの可能性がありそうです。

匿名の発見者がプレイする動画では、問題なくゲームが起動し、ソニア・ベルモンドがステージを移動する様子が確認できます。しかし右手にスマートフォンを持っているためか、ボタンの入力操作は確認できません。

どこの誰がどうやって入手したのかすべてが不明ですが、『Castlevania: Resurrection』のプロトタイプが良好な状態で現在まで残っていたことだけは確かな事実です。

《蟹江西武》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『Among Us』開発者は大ヒットにより「燃え尽きた」―突如人気になったインディーゲーム開発者が明かす大きな期待を背負う苦労

    『Among Us』開発者は大ヒットにより「燃え尽きた」―突如人気になったインディーゲーム開発者が明かす大きな期待を背負う苦労

  2. 『マジック・ザ・ギャザリング』の生みの親も参加するデッキ構築型ローグライク『Roguebook』Steam配信開始!

    『マジック・ザ・ギャザリング』の生みの親も参加するデッキ構築型ローグライク『Roguebook』Steam配信開始!

  3. ハイクオリティFPS『Bright Memory: Infinite』最新ゲームプレイトレイラー!迫力のカーチェイスシーンも注目

    ハイクオリティFPS『Bright Memory: Infinite』最新ゲームプレイトレイラー!迫力のカーチェイスシーンも注目

  4. 新要素たっぷりの『Doki Doki Literature Club Plus!』ゲームプレイトレイラー! 音楽プレイヤーも搭載

  5. E3で最も注目された期待の作品は?「E3 2021 Awards」受賞作品リスト

  6. もしもロンドンに核兵器が落ちたら?『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」が発表

  7. 『Apex Legends』レヴナントトレイラーの「髭剃りシーン」を再現できる6インチアクションフィギュアが予約開始

  8. カプコン、『バイオハザード4』などで写真を無断使用したとして提訴される―損害賠償請求は1,200万ドル以上に

  9. 『スマブラDX』エミュレータ使用オンライン対戦で新型コロナ下開催予定のe-Sports大会をニンテンドー・オブ・アメリカが差止め―使用ソフトの違法コピーなど問題視

  10. 『エルシャダイ』の名シーン、実はフリー素材化されていた!使用例として“1番いい使い方”なども紹介

アクセスランキングをもっと見る

page top