『モンハンライズ』ヘビィボウガンの操作方法・立ち回りを解説ー圧倒的火力で敵を粉砕【個別武器紹介】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『モンハンライズ』ヘビィボウガンの操作方法・立ち回りを解説ー圧倒的火力で敵を粉砕【個別武器紹介】

『モンスターハンターライズ(MHRise)』ヘビィボウガンの過去作からの変更点・使い方・コツを攻略解説。重い動作から繰り出される強烈な一撃が強みです。

連載・特集 特集
『モンハンライズ』ヘビィボウガンの操作方法・立ち回りを解説ー圧倒的火力で敵を粉砕【個別武器紹介】
  • 『モンハンライズ』ヘビィボウガンの操作方法・立ち回りを解説ー圧倒的火力で敵を粉砕【個別武器紹介】
  • 『モンハンライズ』ヘビィボウガンの操作方法・立ち回りを解説ー圧倒的火力で敵を粉砕【個別武器紹介】
  • 『モンハンライズ』ヘビィボウガンの操作方法・立ち回りを解説ー圧倒的火力で敵を粉砕【個別武器紹介】
  • 『モンハンライズ』ヘビィボウガンの操作方法・立ち回りを解説ー圧倒的火力で敵を粉砕【個別武器紹介】
  • 『モンハンライズ』ヘビィボウガンの操作方法・立ち回りを解説ー圧倒的火力で敵を粉砕【個別武器紹介】
  • 『モンハンライズ』ヘビィボウガンの操作方法・立ち回りを解説ー圧倒的火力で敵を粉砕【個別武器紹介】
  • 『モンハンライズ』ヘビィボウガンの操作方法・立ち回りを解説ー圧倒的火力で敵を粉砕【個別武器紹介】
  • 『モンハンライズ』ヘビィボウガンの操作方法・立ち回りを解説ー圧倒的火力で敵を粉砕【個別武器紹介】
カプコンが手掛けるハンティングACT『モンスターハンターライズ』。あまりに豊富な武器の種類から、どれを使っていいのかお困りの方などもいることでしょう。そこで本稿では【個別武器紹介企画】として、ハンターが持ち歩く全14種のなかから、強大な火力を有する遠距離攻撃武器「ヘビィボウガン」をご紹介します。

ヘビィボウガンの“基礎の基礎”



ヘビィボウガンはライトボウガン・弓と同じく、遠距離から攻撃を仕掛ていく武器種。ライトボウガンと同じく「TPS(サードパーソン・シューティング)」のようなスタイルで狩猟を行うのが特徴です。武器を構えての移動は大剣のようにゆっくりとした動作となり、前転回避の後も他武器と比べると体勢を立て直す時間が発生するため、基本的な機動力は全体的に低めです。

射撃などの基本的な挙動はライトボウガンと共有したアクションとなっています。ライトボウガンの記事はこちらから。


ヘビィボウガン専用の弾に「狙撃竜弾・機関竜弾」があります。狙撃竜弾はモンスターを貫通して複数ヒットし、ヒットした回数分追加で爆発し大ダメージを与える弾です。爆発には打撃属性が乗っているため、頭部にヒットする形で使っていけばスタンも狙えます。ただし、射撃するためには専用の伏せるアクションを挟むため、伏せてからモンスターが大きく移動すると銃口の向きが届かなくなる場合があるため注意が必要です。


機関竜弾はさながら現代の機関銃のように連射が可能になる専用弾です。発射ボタンを押し続けると連続して弾が撃ち出されますが、撃ちはじめは威力が低く、射撃を止めずに続けているとどんどん威力が高くなっていくのが特徴。そのため、射撃を中断させない、させられない状況で使って最大ダメージを狙うことが重要です。狙撃竜弾と比べると狙った場所へのピンポイント攻撃がしやすいため、部位破壊を行いやすいといえます。

狙撃竜弾・機関竜弾のどちらが使えるかは武器毎に設定されているため、装備詳細から確認しておきましょう。

『モンハンライズ』での変更点・新技


新たに登場した弾や、武器毎に設定された発射タイプなど、基本的にはライトボウガンと同じ変更が加えられています。


ヘビィ専用のアクションとして「溜め射撃」が登場しました。発射ボタンを押し続けると銃が光りだし、大剣の溜め動作のように威力を上昇させるアクションです。

溜め時間によって3段階の威力上昇が狙えます。威力は高くなりますが、反動の小さい弾を連射できるならそちらのほうが時間あたりのダメージは高くなることが多いため、相手の振り向きを待つ間だけ溜める、突進して離れてしまったモンスターが再び近づいてくる間に溜める、といった合間の時間に使うことで効率よくダメージを与えられます。


『MHW』から、迫撃砲のような「曲射」による射撃スタイルに変わった拡散弾ですが、今作では『MHXX』までのスタイルである水平射撃も復活しました。自由に選択できるわけではなく、装備詳細画面の「拡散弾発射タイプ」で確認することができます。


ヘビィボウガンで選択できるパーツは「シールド」と「パワーバレル」の2種類となっています。「シールド」は射撃していない状態ならば前方からの攻撃を自動で防ぐことができ、「パワーバレル」は攻撃力が大幅に上昇します。モンスターに張り付いて攻撃する場合は保険としてのシールドとの相性が良く、中~遠距離から攻撃し続けるのならダメージを上昇させるパワーバレルを選ぶといいでしょう。


鉄蟲糸技「カウンターショット」
武器構え状態でR+Xで発動します。翔蟲を2つ消費し、カウンターの構えをとります。攻撃を受けカウンターに成功すると、専用の弾が一発装填され、強力な射撃が可能となります。カウンターの構えは相手モンスターの攻撃を1回だけ防げるものなので、ナルガクルガの尻尾叩きつけ攻撃などの2回連続でも発生する攻撃には注意しましょう。


鉄蟲糸技「自在鉄蟲糸滑走」
武器構え状態でR+Aで発動します。スティックを入れた方向に翔蟲を飛ばし、引っ張られることで高速で移動します。モンスターの突進などを素早く避けられるため、今作のヘビィボウガン運用における必須テクニックといえるでしょう。追加入力にも対応し、でX+Aで近接攻撃、Yで納刀が可能です。


入れ替え技その1「タックル」
X+Aの近接攻撃との入れ替え技です。体当たりでダメージを与える技ですが、戦闘時のダメージソースとしてはほぼ使いません。タックル使用中に発生しつづけるスーパーアーマー効果を利用してモンスターとの距離を詰めるために使う技です。ただし、使用中に受けた攻撃によるダメージは適用されるため、使い続けると一気にピンチという場面も。


入れ替え技その2「カウンターチャージャー」
鉄蟲糸技「カウンターショット」との入れ替え技です。翔蟲を1つ消費し、カウンターの構えをとります。カウンターに成功すると銃口が青く光り、溜め射撃に必要な溜め時間が短縮される効果が付与されます。カウンターショットと比べると翔蟲の消費が少ないため、純粋に防御技として使うのもアリ。


入れ替え技その3「回復機関・狙撃竜弾」
特殊弾「機関竜弾・狙撃竜弾」との入れ替え技です。通常の機関・狙撃竜弾よりも威力は落ちますが、対象にヒットする毎に自身のHPが回復する効果がついています。攻撃と回復を同時に行える効率のいい行動とも言えますが、ヘビィ最大の強みである攻撃力の高さを犠牲にするため、使う機会が限られる可能性も。

まずはこのコンボから始めよう


ヘビィボウガンもライトと同じくボタンの押し順によるコンボはありませんが、弾の組み合わせの一例を紹介。


徹甲榴弾or麻痺弾+拡散弾Lv1~3
拡散弾Lv1~3と徹甲榴弾or麻痺弾が使えるボウガンでの組み合わせ。徹甲榴弾によるスタンや麻痺弾の効果時間を利用し、無防備な相手に拡散弾を切り替えて撃ち続ける。モンスターのエリア移動の際に全弾リロードは忘れずに。


睡眠弾+狙撃竜弾(+大タル爆弾G)
睡眠弾による睡眠はハンターにとって有利なことは言うまでもありません。寝ているモンスターへの最初の一撃はダメージが倍になることを利用し、大きいスキにしか撃てない弾や道具を組み合わせて大ダメージを狙います。狙撃竜弾の軌道上に大タル爆弾を仕掛けておくことで攻撃と起爆を同時に行います。


《KADEN》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top