コナミが日本で「真魂斗羅」を商標出願していることが明らかに―セガ「ULTIMATE SHOWDOWN」、スクエニ「DUNGEON ENCOUNTERS」なども | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

コナミが日本で「真魂斗羅」を商標出願していることが明らかに―セガ「ULTIMATE SHOWDOWN」、スクエニ「DUNGEON ENCOUNTERS」なども

『真魂斗羅』は2002年PS2向けに発売されたシリーズ作品と同タイトル。

ニュース ゲーム業界
コナミが日本で「真魂斗羅」を商標出願していることが明らかに―セガ「ULTIMATE SHOWDOWN」、スクエニ「DUNGEON ENCOUNTERS」なども
  • コナミが日本で「真魂斗羅」を商標出願していることが明らかに―セガ「ULTIMATE SHOWDOWN」、スクエニ「DUNGEON ENCOUNTERS」なども
  • コナミが日本で「真魂斗羅」を商標出願していることが明らかに―セガ「ULTIMATE SHOWDOWN」、スクエニ「DUNGEON ENCOUNTERS」なども
  • コナミが日本で「真魂斗羅」を商標出願していることが明らかに―セガ「ULTIMATE SHOWDOWN」、スクエニ「DUNGEON ENCOUNTERS」なども

コナミデジタルエンタテインメントが、2021年4月に日本で「真魂斗羅」の商標出願を行っていることが明らかになりました。同作の商標の出願は2021年4月8日に行われ、4月27日に公開されています。

『真魂斗羅』は、2002年PS2向けに発売されたアクションゲームシリーズ作品と同タイトル。ステージ内の敵やオブジェクトの破壊数により展開が変わる「撃破率」システムが特徴、海外アーティストのアシュレイ・ウッド氏によるイメージイラストを採用しています。今回の商標出願について、同社からの公式声明は発表されていません。

また、セガが「シン · クロニクル」「ULTIMATE SHOWDOWN」を商標出願しています。「ULTIMATE SHOWDOWN」は、2021年4月初旬に韓国のレーティング機関による審査を通過した『Virtua Fighter 5 Ultimate Showdown』と名称を一部共有しています。

そのほか、スクウェア・エニックスが「DUNGEON ENCOUNTERS」、『ファイナルファンタジーXV』などのディレクターを務めた田畑端氏率いるJP GAMESが「EXTRA POWER CHANGER」「PEGASUS WORLD KIT」を商標出願していることが明らかになっています。

《Mr.Katoh》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. レジェンド3体を無料配布!『Apex Legends』3周年ログインキャンペーン開催決定

    レジェンド3体を無料配布!『Apex Legends』3周年ログインキャンペーン開催決定

  2. 【期間限定無料】オンライン協力・対戦対応メカアクション『デモンエクスマキナ』PC版がEpic Gamesストアにて配布開始

    【期間限定無料】オンライン協力・対戦対応メカアクション『デモンエクスマキナ』PC版がEpic Gamesストアにて配布開始

  3. 映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」本編映像「その子の名前は…」公開

    映画「バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ」本編映像「その子の名前は…」公開

  4. Blizzard Entertainmentリーダーが『オーバーウォッチ』や『ディアブロ』など既存タイトルの新報を示唆

  5. 『タイニー・ティナとドラゴンの城塞』『ドラゴンズクラウン・プロ』などが登場!PS Plus2月提供コンテンツ公開

  6. ちょっとHな美少女ゲームメーカーqureateがyaman**氏キャラデザ含む新作5本を発表!ブランドの独立も

  7. 噂されていた「Oculus」ついに改名!?VRブランド「Meta Quest」への変更が正式発表

  8. 『スパロボ30』や『FF7』がお買い得!最大80%オフのPS Store「旧正月セール」開催

  9. Blizzard Entertainmentが完全新作サバイバルゲーム開発を発表!―開発初期メンバーも募集開始

  10. 『ポケモンレジェンズ アルセウス』をより快適に遊べる!問題修正用の「更新データ」配信

アクセスランキングをもっと見る

page top