新作発表も!10周年を迎えるPLAYISMのオンラインイベント「PLAYISM Game Show」5月15日開催決定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新作発表も!10周年を迎えるPLAYISMのオンラインイベント「PLAYISM Game Show」5月15日開催決定

インディーゲームシーンを支え続けたパブリッシャー。

ゲーム文化 イベント
新作発表も!10周年を迎えるPLAYISMのオンラインイベント「PLAYISM Game Show」5月15日開催決定
  • 新作発表も!10周年を迎えるPLAYISMのオンラインイベント「PLAYISM Game Show」5月15日開催決定

インディーゲームのパブリッシングを行うPLAYISMは、10周年を記念したオンラインイベント「PLAYISM Game Show」を開催することを発表しました。

「PLAYISM Game Show」は「次の10年もインディーゲームが在り続けるように。」というメッセージを掲げたイベント。このイベントでは10周年を迎えたことへの感謝やセール情報、さらには新作発表などが行われるとのことです。

司会には松澤千晶さんを迎え、そのほかゲーム実況者の訛り実況キリンさん、ガッチマンさん、そしてPLAYISM代表の水谷俊次氏が出演します。

10 周年記念特別オンラインイベント

PLAYISM GAME SHOW 概要


■ 日程:
2021年5月15日(土)20時から2時間程度(日本時間)

■ 出演者:
司会:松澤千晶(https://twitter.com/chiakinman
訛り実況キリン(https://twitter.com/NAMARIKIRIN)*リモート出演(音声のみ)
ガッチマン(https://twitter.com/Gatchman666)*Vtuber出演
水谷俊次 (PLAYISM代表) (https://twitter.com/playismJP

■ 配信プラットフォーム *中国語は同時通訳配信
Youtube |https://youtu.be/DjZ0ajBzjrk
ニコニコ動画 |https://live.nicovideo.jp/watch/lv331751069


■ 公式サイト |https://playismgameshow.com/

「PLAYISM Game Show」は5月11日20時よりにYouTube/ニコニコ生放送にて放送を予定。特設公式サイトにはPLAYISMの歴史や代表的なタイトルが掲載されている「PLAYISMのあゆみ」が掲載されていますので、そちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。


《みお》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 開かない扉は破壊する自由度の高いダンジョン探索ACT『Monomyth』Kickstarterキャンペーン開始

    開かない扉は破壊する自由度の高いダンジョン探索ACT『Monomyth』Kickstarterキャンペーン開始

  2. 白くて丸っこいフォルムが可愛い!「Xbox Series S」を収納できる限定版キャリーケースが登場

    白くて丸っこいフォルムが可愛い!「Xbox Series S」を収納できる限定版キャリーケースが登場

  3. 日本語対応のWW2FPS『Hell Let Loose』正式リリース―重要な歴史的戦いに参戦せよ

    日本語対応のWW2FPS『Hell Let Loose』正式リリース―重要な歴史的戦いに参戦せよ

  4. 海外ファンがスーファミで遊べる『ポケットモンスター 赤・青』カートリッジを自作!

  5. 【東京五輪】『ニーア』イニシエノウタ、『ドラクエ』『モンハン』『テイルズ』など開会式に“日本を代表するゲーム楽曲”多数!ファンもクリエイターも歓喜

  6. Googleトップページにオリンピックをモチーフにした『Doodle チャンピオン アイランド ゲーム』登場

  7. ゲーマーが高額転売を目にした時の怒りがどれほどかは理解している―eBayが「Steam Deck」転売対策で出品をすべて削除する英断

  8. サイバーパンク世界で賞金稼ぎ!『Vigilance 2099』最新ティーザーゲームプレイ映像公開

  9. 『ゼルダの伝説 BotW』のハイラル城を『マイクラ』で再現―公認プロマインクラフターによる本気の作品をご覧あれ!

  10. 『マインクラフト』幻の初期バージョンAlpha 1.1.1のアーカイブが発見される―10年の時を経た天文学的確率の奇跡

アクセスランキングをもっと見る

page top