『モンハンライズ』Ver3.0の新スキル「風雷合一」を解説!クセはあれど「しまき」「なるかみ」シリーズがより強力に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『モンハンライズ』Ver3.0の新スキル「風雷合一」を解説!クセはあれど「しまき」「なるかみ」シリーズがより強力に

『モンハンライズ』Ver3.0では雷神龍、風神龍の防具にスキルが追加。

連載・特集 特集
『モンハンライズ』Ver3.0の新スキル「風雷合一」を解説!クセはあれど「しまき」「なるかみ」シリーズがより強力に
  • 『モンハンライズ』Ver3.0の新スキル「風雷合一」を解説!クセはあれど「しまき」「なるかみ」シリーズがより強力に
  • 『モンハンライズ』Ver3.0の新スキル「風雷合一」を解説!クセはあれど「しまき」「なるかみ」シリーズがより強力に
  • 『モンハンライズ』Ver3.0の新スキル「風雷合一」を解説!クセはあれど「しまき」「なるかみ」シリーズがより強力に
  • 『モンハンライズ』Ver3.0の新スキル「風雷合一」を解説!クセはあれど「しまき」「なるかみ」シリーズがより強力に
  • 『モンハンライズ』Ver3.0の新スキル「風雷合一」を解説!クセはあれど「しまき」「なるかみ」シリーズがより強力に
  • 『モンハンライズ』Ver3.0の新スキル「風雷合一」を解説!クセはあれど「しまき」「なるかみ」シリーズがより強力に
  • 『モンハンライズ』Ver3.0の新スキル「風雷合一」を解説!クセはあれど「しまき」「なるかみ」シリーズがより強力に
  • 『モンハンライズ』Ver3.0の新スキル「風雷合一」を解説!クセはあれど「しまき」「なるかみ」シリーズがより強力に
Ver3.0アップデート後に登場するモンスター討伐後に作成できる武器・防具に触れています。ネタバレにご注意ください。

カプコンが手掛ける、ニンテンドースイッチ向けハンティングACT『モンスターハンターライズ』。その「無料タイトルアップデート(Ver3.0)」にて、風神龍と雷神龍の力を受け継ぐ強力な防具が追加されました。

ただし、その効果は非常に独特なもの。クセはありますが、使いこなすと狩りの幅を大きく広げてくれます。さっそくご紹介しましょう。

「しまき」「なるかみ」シリーズに新スキル「風雷合一」が追加


Ver3.0で追加されたクエストをクリアすると、風神龍の防具「しまき」シリーズと雷神龍の防具「なるかみ」シリーズに新たな強化段階が開放されます。


追加されたクエスト「百竜ノ淵源」に出現するモンスターから手に入る素材を消費すると、防具レベルが8から9に上昇し、新スキル「風雷合一」を獲得。雷と龍の属性値が上昇する効果を持っており、スキルレベル4で「風雷合一」以外の防具についているスキルレベルを+1する効果が発動します。スキルレベル5になると、その効果がさらに+1アップ。


防具、と書いてある通り、護石や装飾品でつけたスキルは対象になりません。「ヴァイクSメイル」や「クロムメタルコイル」など拡張性で多くのハンターに好まれた防具は採用できなくなっています。


また、「風雷合一」レベル4以降の効果でスキルレベルが上昇するのは、防具1つ1つに付いているスキルではなく、最終的にスキル一覧で表示されるスキルレベルの合計値に加算されます。

例えば「なるかみ」を一式で揃えた場合、腕と腰にある「ガード性能」のスキルレベルが2ずつ上昇して上限値の5になるわけではなく、合計後の「ガード性能」レベル2に対して「風雷合一」効果が発動してスキルレベルが4になります。

ガード系、スタミナ系の武器と好相性?構成例を2つご紹介


「風雷合一」はどちらの防具もレベル9に上げると追加されるので、このスキルが目当てなら「しまき」と「なるかみ」の混合でも運用できます。

チャージアックス・ガンランス構成例


胴・脚は「しまき」、頭・腕・腰は「なるかみ」で「高速変形」「攻めの守勢」「破壊王」「ひるみ軽減」「砲術」「KO術」「ガード強化」がそれぞれレベル3、「風紋の一致」は4に。「風雷合一」と「雷紋の一致」「ガード性能」はレベル5のスキル構成になります。「風雷合一」スキルと火力スキルを両立させるならコレ。

チャージアックスであれば腕を「レックスSアーム」にして、鈍器構成にすると更に火力がアップします。武器は強化先が追加された「ラージャン」のチャージアックス「金剛盾斧イカヅチ」や、レベル3スロットが1つ付いている「ゼミラブロスアームズ」がオススメ。

双剣・弓構成例


頭、腕、腰を「しまき」、胴・脚を「なるかみ」にすると「集中」「回避距離UP」「スタミナ急速回復」「抜刀術【技】」「強化持続」「ランナー」がレベル3に。「回避性能」「体術」「雷紋の一致」がレベル4になり、「風雷合一」と「風紋の一致」がレベル5の構成を作れます。

切れ味補正や「弓溜め段階開放」のスキルが使用しにくいので、「夜天連刃【黒翼】」のように元から白ゲージがある武器や、溜め段階がレベル4まである「闘弓バリエンテ」、溜め段階を拡張する必要がない「轟弓【虎髯】」がオススメの武器です。

百竜スキルを組み合わせたらさらにパワーアップ



スキルの不自由さをカバーする方法として上げられるのは、風神龍、雷神龍の武器を採用することです。百竜スキルで付与できる「風神龍の魂」は、「なるかみ」シリーズの装備数に応じて、防御力が最大30増加。同様の「雷神龍の魂」であれば、「しまき」シリーズの装備数に応じて会心率が40%まで上昇します。

「風神龍の魂」はそこまで実用的ではありませんが、「雷神龍の魂」は実戦にも活かしやすい効果です。3部位で会心率が10%上昇するので、この辺りを狙って防具を組めばスキルとのバランスも取りやすくなります。なお、最大値の会心40%上昇を発生させるには、5部位「しまき」で揃えなけばなりません。


揃えた場合のスキル構成は「風紋の一致」と「風雷合一」がレベル5になり、「集中」「回避距離アップ」「ガード性能」「ひるみ軽減」「体術」「スタミナ急速回復」「強化持続」「回避性能」「KO術」「ガード強化」がそれぞれレベル3に。双剣やスラッシュアックス、チャージアックス辺りが運用先に上がるスキル構成になっています。

火力系スキルの無さをどう補うかが鍵


「風雷合一」は冒頭でも触れた通り、採用できる武器種は限られてきます。スキルレベルを上昇させる効果は護石や武器が対象にならないこともあり、用途をきちんと決めた方が活躍できる防具です。

「風雷合一」を4で止める場合は、残り1部位を何にするかが重要。鈍器構成なら「レックスSアーム」、会心構成なら「カイザークラウン」、弓であれば「貫通弾・貫通矢強化」レベル2がついた「リノプロSヘルム」、「通常弾・連射矢強化」レベル2を持つ「ヴァイクSアーム」が候補。少ない火力系のスキルを補えます。

ほぼ一式採用になることもあり、これまで使ってこなかった護石が光る可能性もありそうです。自分が使う武器種と相談しながら、充実した狩猟生活を楽しんでいきましょう。


《8月》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top