たまらず男泣き……!『ELDEN RING』の情報を毎日発信していた海外ユーザーがトレイラー公開に大感激 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

たまらず男泣き……!『ELDEN RING』の情報を毎日発信していた海外ユーザーがトレイラー公開に大感激

ほぼ一年、孤独な戦いを続けた男が報われた瞬間。

PC Windows
たまらず男泣き……!『ELDEN RING』の情報を毎日発信していた海外ユーザーがトレイラー公開に大感激
  • たまらず男泣き……!『ELDEN RING』の情報を毎日発信していた海外ユーザーがトレイラー公開に大感激
  • たまらず男泣き……!『ELDEN RING』の情報を毎日発信していた海外ユーザーがトレイラー公開に大感激

6月11日に開催された「Summer Game Fest」で『ELDEN RING(エルデンリング)』のゲームプレイトレイラーが公開され、あわせて発売日が2022年1月21日となることが発表されました

本作はフロム・ソフトウェアによる新作ファンタジーで、「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者のジョージ・R・R・マーティンも携わるタイトルです。世界中の注目を集めた2019年6月の発表から二年が経ち、満を持しての公開となる今回のトレイラーに興奮したファンも多いのではないでしょうか。

そんな今回の発表に同じく大興奮していたのが、海外YouTuberのMordecai氏。彼は2020年6月からYouTubeチャンネルElden Ring Newsのホストを務め、チャンネル概要欄にあるように“毎日”本作の情報を発信し続けている『ELDEN RING』愛にあふれた人物です。

初投稿

もちろん、発表から大きな情報公開がされずにいたタイトルのため、その動画のほとんどは「『ELDEN RING』のアップデートをお届けします。本日、『ELDEN RING』に関するニュースはありません。」と述べるのみでした。ごくまれに関係者のコメントを取り上げたりゲストを呼んだりすることはあるものの、ほぼ一年孤独に「ニュースはない」という動画を上げ続けていました。

そんなMordecai氏は、いつものように「Daily Elden Ring Update: Day 361」と題してSummer Game Festを視聴。最初は落ち着いていたものの、いよいよ本作の発表かという段になると「Oh My God…」を連発し、ジェフ・キーリー氏の煽りを聞きながらとうとう泣き声に。映像が流れている間も鼻をすする音や感嘆の声を漏らしながら、発売日が発表されると「ありえない、六か月後じゃないか…」と感激していました。

なお、その後Twitterに「ついに『ELDEN RING』に関するニュースがありました」と投稿。このツイートでは「発売までわずか225日しかありません」とも述べています。半年以上先なのでまだまだ遠いのではないかとも思いますが、一年に渡り孤独な戦いを続けてきたMordecai氏にとっては、すぐ先の未来と言えるのでしょう。

『ELDEN RING』は、PC/PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox One向けに2022年1月21日発売予定です。


《TAKAJO》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『原神』新たな国「ナタ」の映像初公開!人と竜が共存する国…探索では“竜を操作する”ようなシーンも

    『原神』新たな国「ナタ」の映像初公開!人と竜が共存する国…探索では“竜を操作する”ようなシーンも

  2. 『スカル アンド ボーンズ』5月31日から期間限定無料プレイを実施―シーズン2もまもなく開始

    『スカル アンド ボーンズ』5月31日から期間限定無料プレイを実施―シーズン2もまもなく開始

  3. 復刻版『クロックタワー』パッケージ版が発売決定!サントラCDやスタチュー、駕籠真太郎氏ら描きおろしアートなど限定版も用意―ゲームは今年後半予定

    復刻版『クロックタワー』パッケージ版が発売決定!サントラCDやスタチュー、駕籠真太郎氏ら描きおろしアートなど限定版も用意―ゲームは今年後半予定

  4. オープンワールド吸血鬼アクションADV『Vampire Dynasty』ゲームプレイを体験できるデモ版が現地6月10日から期間限定配信

  5. 【期間限定無料】ランダム生成されるワールドとクエストでエンドレスに文明発展!高評価中世風ストラテジー『Endless Legend』Steamにて無料配布実施中

  6. 広大な世界を開拓し生き残れ!セールイベント「Steamオープンワールドサバイバルクラフトフェス」トレイラー公開―現地時間5月27日より開催

  7. 人気電波ソングを多数収録!リズムADV『ゆんゆん電波シンドローム』発表―負け組オタクにハッピーエンドなんてあるのか?

  8. 3Dダンジョンオートバトラー『Dragon Ruins』日本での売上が米国売上を超えたことが明らかに。日本語対応とジャンルの相乗効果か

  9. オープンワールド船舶シム『Ships At Sea』Steamにて早期アクセス開始―漁業、サービス船、貨物船を操りノルウェー海へ出航

  10. 好奇心に従い、広大な世界を大冒険!クラシカルなターン制ローグライクRPG『Terra Randoma』正式リリース

アクセスランキングをもっと見る

page top