ソニーが大型情報発信イベント「PlayStation Experience」を復活か?米国特許商標庁に「PSX」が提出され話題に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ソニーが大型情報発信イベント「PlayStation Experience」を復活か?米国特許商標庁に「PSX」が提出され話題に

ソニーが米国特許商標庁に「PSX」のマークを提出したことから、大型情報発信イベント「PlayStation Experience」が復活するのでは?と話題になっています。

ニュース ゲーム業界
ソニーが大型情報発信イベント「PlayStation Experience」を復活か?米国特許商標庁に「PSX」が提出され話題に
  • ソニーが大型情報発信イベント「PlayStation Experience」を復活か?米国特許商標庁に「PSX」が提出され話題に

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、ソニー)が、大型情報発信イベント「PlayStation Experience(以下、PSX)」を復活させるかもしれない。海外メディア・MP1stが伝えています。


これは、ソニーが米国特許商標庁に「PSX」のマークを提出したことから話題に。本商標の識別情報によれば、「ビデオゲームの分野における展示会および会議の手配、開催、実施」、「ビデオゲームのプレイとニュースを特集したオンライン番組の手配と整理」などとされています。


前回の「PSX」は東南アジアで開催。2017年はマレーシアで、2018年はタイで開催されましたが、どちらも北米開催に比べて規模は控えめ。2018年の北米未開催を伝える際には、「期待度を上げておいて、結果を出さないということはしたくない。今後はSNSなどでの情報伝達をレベルアップさせたい」ともしていました。


昨今は「E3」の参加も取りやめ、「Summer Game Fest」や「State of Play」で情報を発信してきたソニーですが、果たして「PSX」は復活するのか。コロナ禍を考慮してのデジタル開催など、本商標提出による今後の展開に注目です。

《茶っプリン》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 超リアルなグラフィックで毛穴まで見える!『Gears』開発元がUE5を使用した精巧な技術デモを公開

    超リアルなグラフィックで毛穴まで見える!『Gears』開発元がUE5を使用した精巧な技術デモを公開

  2. 残虐格ゲー『Mortal Kombat 11』販売本数1,200万本突破―シリーズ累計では『スマブラ』や『鉄拳』を超える

    残虐格ゲー『Mortal Kombat 11』販売本数1,200万本突破―シリーズ累計では『スマブラ』や『鉄拳』を超える

  3. 【無料】PC版『BF1』Amazonプライム会員向けに配布開始-8月2日より『BFV』も対象に

    【無料】PC版『BF1』Amazonプライム会員向けに配布開始-8月2日より『BFV』も対象に

  4. 『Apex Legends』新レジェンド「シーア」が登場するシーズン10「エマージェンス」ゲームプレイトレイラー!

  5. 理想の『バトルフィールド』は自分で作る!『BF2042』で究極のサーバーを実現する「バトルフィールド ポータル」をご紹介

  6. 海外グラボメーカー、AmazonMMO『New World』原因の破損専用の「RTX 3090」交換サポートを約束

  7. Steam版『BF1』週末無料プレイ&88%オフセール開始!Origin版も引き続き無料配布中

  8. ユービーアイが基本プレイ無料FPS新作『エックスディファイアント』を発表!スピード感溢れるアリーナシューター

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 【期間限定無料】第一次世界大戦マルチプレイFPS『Verdun』とタワーディフェンス『Defense Grid: The Awakening』Epic Gamesストアにて配布開始

アクセスランキングをもっと見る

page top