Valve、Steamアカウントのリージョン変更制限をさらに強化へ―居住地情報の変更は3ヶ月に1回のみ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valve、Steamアカウントのリージョン変更制限をさらに強化へ―居住地情報の変更は3ヶ月に1回のみ

VPNで居住地を偽装しているユーザーに向けた処置のようです。

PC Windows
Valve、Steamアカウントのリージョン変更制限をさらに強化へ―居住地情報の変更は3ヶ月に1回のみ
  • Valve、Steamアカウントのリージョン変更制限をさらに強化へ―居住地情報の変更は3ヶ月に1回のみ
  • Valve、Steamアカウントのリージョン変更制限をさらに強化へ―居住地情報の変更は3ヶ月に1回のみ

Valveが運営するPCゲーム販売プラットフォームSteamが、アカウント登録者の居住地を変更できる回数を3ヶ月に1回のみに制限したことがわかりました。

Steamのアカウントは基本的に登録者の居住地に紐づくよう設定されていますが、VPNなどを使用して別の国に居住していると偽りアカウントを運用するユーザーが一部に存在しています。

これはゲームの販売価格は国ごとの物価が反映されているため、特に日本では海外リージョンストアの方が安く買えることが理由としてあげられます。さらに、国内メーカーのゲームでありながら販売時期が大きく遅れたり、国内ストアのみで販売しないタイトルも存在したりするため、海外リージョンのストアを利用したいというユーザーは少なくありません。

ただ、これまでも登録情報を変えるだけでリージョンが変更できるわけではなく、同じ国で発行されたクレジットカードや登録用の住所などが必須でした。今回の処置はVPNで住所を偽っているユーザーに対するものとみられます。

一般的に、3ヶ月に1回以上の頻度で海外へ引っ越しする人はあまりいないと考えられるため、通常の利用をしているユーザーには影響はなさそうです。

《蟹江西武》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『遊戯王 マスターデュエル』“サレンダー狙いの遅延”に運営が対処―効果無効を使い対戦時間を延ばす行為が不可に

    『遊戯王 マスターデュエル』“サレンダー狙いの遅延”に運営が対処―効果無効を使い対戦時間を延ばす行為が不可に

  2. 『Valheim』新たな鍛冶施設のコンセプトアート公開―ミストランド産の美味しい?キノコ画像も

    『Valheim』新たな鍛冶施設のコンセプトアート公開―ミストランド産の美味しい?キノコ画像も

  3. 「ゴラム」ついに主役になる―『The Lord of the Rings: Gollum』君も“いとしいしと”を求め「指輪物語」の世界で新たな冒険を

    「ゴラム」ついに主役になる―『The Lord of the Rings: Gollum』君も“いとしいしと”を求め「指輪物語」の世界で新たな冒険を

  4. これからは4人で製造ラインをフル回転!自動化経営シム『Good Company』正式リリースが現地時間6月21日に決定

  5. 『モンハンライズ:サンブレイク』双剣、ライトボウガンの新アクション公開!全14武器種の紹介映像が出揃う

  6. 『ポケモン』×『クラフトピア』なオープンワールドサバイバル『パルワールド』新トレイラー!【INDIE Live Expo 2022】

  7. 女王の圧政に終止符を!『For The King II』2023年リリース―人気ターン制ローグライクRPG最新作

  8. ゲーミングPC初心者にもオススメしたい!良い意味で「ちょうどよい」サイコムのゲーミングPC「G-Master Velox Intel Edition」の魅力に迫る

  9. 美少女オープンワールドサバイバルRPG『Girls' civilization 3』早期アクセス2022年夏頃開始―カオスな世界のシリーズ最新作

  10. 『アラド戦記』原作格ゲー『DNF DUEL』Steam&PSのストアページ公開―明日公開の新映像の告知も

アクセスランキングをもっと見る

page top