『DOOM Eternal』予定していた「侵入モード」搭載断念―代わりにシングルプレイの「ホードモード」を開発中 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『DOOM Eternal』予定していた「侵入モード」搭載断念―代わりにシングルプレイの「ホードモード」を開発中

「侵入モード」は他のプレイヤーのキャンペーンにデーモンとして侵入できるモードでした。

ニュース ゲーム業界
『DOOM Eternal』予定していた「侵入モード」搭載断念―代わりにシングルプレイの「ホードモード」を開発中
  • 『DOOM Eternal』予定していた「侵入モード」搭載断念―代わりにシングルプレイの「ホードモード」を開発中

id Softwareのエグゼクティブ・プロデューサーMarty Stratton氏は、『DOOM Eternal』の無料アップデートとして搭載を予定していた「侵入モード」の開発中止を発表しました。

「侵入モード」はQuakeCon 2018にてお披露目されたマルチプレイヤーモードで、他のプレイヤーのキャンペーンにデーモンとして侵入できるというものでした。Marty Stratton氏の報告によればパンデミックやリモートワークといった予期せぬ事態によって開発が停滞してしまったとのこと。

!注意!グロテスクな表現や残酷表現が苦手な方、18歳未満の方は閲覧をご遠慮下さい。
「QuakeCon 2018」での紹介映像(1:00:39~)


そうした経緯を踏まえ、id Softwareは拡張やマスターレベルで利用できる様々なゲームプレイと戦闘を楽しんでいるユーザーの数も考慮し、全く新しいシングルプレイヤーモード「ホードモード」の開発を決定。このモードではゲームに求める多様性とチャレンジをより多く提供できるとしています。

その他、より競争力のあるランクベースの構造、多数のゲームプレイとバランスのアップデート、新マップなどを含めたバトルモードの更新作業も続けられており、8月開催の「QuakeCon 2021」にて情報公開を予定しているそうです。

《RIKUSYO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 「名越スタジオ」がネットイース日本支社と同一住所に設立―セガ退社の名越稔洋氏が取締役か

    「名越スタジオ」がネットイース日本支社と同一住所に設立―セガ退社の名越稔洋氏が取締役か

  2. アクティビジョン・ブリザード買収の影響でソニーの時価総額が約2兆円下落―しかしマイクロソフトにも暗雲

    アクティビジョン・ブリザード買収の影響でソニーの時価総額が約2兆円下落―しかしマイクロソフトにも暗雲

  3. 開発が遅れても最後には上手くいってしまう「BioWare Magic」は悪しきプロセス―元エグゼクティブプロデューサーが苦言

    開発が遅れても最後には上手くいってしまう「BioWare Magic」は悪しきプロセス―元エグゼクティブプロデューサーが苦言

  4. 『ポケモン ユナイト』新実装の「オーロット」は、まるで“別ゲー”!? 驚異のHP回復で妨害しまくり

  5. 今後の進退や買収受け入れ理由は?アクティビジョン・ブリザードCEOボビー・コティック氏が海外メディアのインタビューに応じる

  6. 「これからは90%の人が無駄にゲームをしなくなる」―Reddit創業者の一人が仮想通貨やメタバースなどの未来を予想

  7. 【72円!】オチンチ〇パーティーゲーム『Genital Jousting』が3周年記念で90%オフセール中

  8. 【速報】マイクロソフトがアクティビジョン・ブリザードを買収―買収完了後は世界第3位のゲーム会社へ

  9. 『PUBG』開発者が技術デモ映像を公開―次回作はオープンワールド?

  10. アニメ「Shenmue the Animation」予告編解禁―メインキャラが集結したキービジュアルもお目見え

アクセスランキングをもっと見る

page top