『P.T.』風サイコロジカルホラー『MADiSON』思わず飛び退く戦慄トレイラー公開―インスタントカメラ片手に拷問から乗り切る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『P.T.』風サイコロジカルホラー『MADiSON』思わず飛び退く戦慄トレイラー公開―インスタントカメラ片手に拷問から乗り切る

小島監督手がける『Silent Hills』(開発中止)のプレイアブルティーザーとして2014年に登場した『P.T.』を強く想起させる作品です。

PC Windows
『P.T.』風サイコロジカルホラー『MADiSON』思わず飛び退く戦慄トレイラー公開―インスタントカメラ片手に拷問から乗り切る
  • 『P.T.』風サイコロジカルホラー『MADiSON』思わず飛び退く戦慄トレイラー公開―インスタントカメラ片手に拷問から乗り切る
  • 『P.T.』風サイコロジカルホラー『MADiSON』思わず飛び退く戦慄トレイラー公開―インスタントカメラ片手に拷問から乗り切る
  • 『P.T.』風サイコロジカルホラー『MADiSON』思わず飛び退く戦慄トレイラー公開―インスタントカメラ片手に拷問から乗り切る
  • 『P.T.』風サイコロジカルホラー『MADiSON』思わず飛び退く戦慄トレイラー公開―インスタントカメラ片手に拷問から乗り切る
  • 『P.T.』風サイコロジカルホラー『MADiSON』思わず飛び退く戦慄トレイラー公開―インスタントカメラ片手に拷問から乗り切る
  • 『P.T.』風サイコロジカルホラー『MADiSON』思わず飛び退く戦慄トレイラー公開―インスタントカメラ片手に拷問から乗り切る

Nosebleed Gamesは、一人称のサイコロジカルホラー『MADiSON』のトレイラーとSteamページを公開しました。

本作は、小島監督手がける『Silent Hills』(開発中止)のプレイアブルティーザーとして2014年に登場した『P.T.』を強く想起させる2017年にデモがリリースされた作品。プレイヤーは、暗い部屋で目を覚ますLucaとして、悪魔「MADiSON」による拷問に耐えながら、残忍な儀式を終わらせ、なによりも生き残らなければなりません。インスタントカメラで撮影した写真を現像することで、人間の世界では見えない世界を目撃しパズルを解き、周囲を探索していきます。トレイラーでは、Lucaが館の中を探索している様子が…。戦慄が走る映像となっています。

『MADiSON』はSteamにて2021年にリリース予定です。

《H.Laameche》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. こ、これが世界の一流変態の実力か…アダルトデッキ構築型ローグライク『Operation Lovecraft: Fallen Doll』Steamで近日ベータテスト開始

    こ、これが世界の一流変態の実力か…アダルトデッキ構築型ローグライク『Operation Lovecraft: Fallen Doll』Steamで近日ベータテスト開始

  2. ダンジョン探索から建築まで楽しめる島暮らしシム『Len's Island』Steam早期アクセスが開始

    ダンジョン探索から建築まで楽しめる島暮らしシム『Len's Island』Steam早期アクセスが開始

  3. 『ファイナルファンタジーXIV』における外部ツール問題、レイド難関ギミックのシミュレーションツールまで登場する現状【コラム】

    『ファイナルファンタジーXIV』における外部ツール問題、レイド難関ギミックのシミュレーションツールまで登場する現状【コラム】

  4. 『サイバーパンク2077』初の50%オフセール実施中! Steam版の最近の評価は「非常に好評」

  5. 『原神』今月もAmazon Prime特典提供中!原石や経験値を入手、会員は受け取り忘れに注意

  6. 日本人学生が1人で作ったカジュアルバトロワ『QUICAL』Steamページが登場―1試合5分以内で気軽にプレイ

  7. 『原神』璃月の新キャラ“非情な性格”が垣間見える「申鶴(しんかく)」と実は“ロック好き”な「雲菫(うんきん)」公開!

  8. 悩殺サキュバスARPG『She Will Punish Them』待望の日本語対応!ポーズ作成機能も実装

  9. Steamで話題沸騰!?成人向け宇宙SFRPG『Subverse』早期アクセス開始― セクシーな仲間とともに悪の帝国を倒そう

  10. 11月30日から!Steam版『KOF '98 UM FE』ベータテストを開催―最大9人まで参加可能な「オンラインロビー」導入へ

アクセスランキングをもっと見る

page top