オンライン対戦ACT『バイオハザード RE:バース』2022年に配信延期―ユーザーにより良いゲーム体験を提供するため | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

オンライン対戦ACT『バイオハザード RE:バース』2022年に配信延期―ユーザーにより良いゲーム体験を提供するため

「E3 2020」内では2021年7月配信を発表していました。

PC Windows
オンライン対戦ACT『バイオハザード RE:バース』2022年に配信延期―ユーザーにより良いゲーム体験を提供するため
  • オンライン対戦ACT『バイオハザード RE:バース』2022年に配信延期―ユーザーにより良いゲーム体験を提供するため
  • オンライン対戦ACT『バイオハザード RE:バース』2022年に配信延期―ユーザーにより良いゲーム体験を提供するため

カプコンは、オンライン対戦アクション『バイオハザード RE:バース』のリリースを、予定していた2021年7月から2022年へと延期することを海外公式Twitterにて発表しました。

本作は『バイオハザード ヴィレッジ』の購入者を対象に無償特典として配布されるオンラインアクション。『バイオハザード』シリーズ25周年記念として、シリーズのさまざまなキャラクターたちが集まりサバイバルバトルを繰り広げる作品として開発していました。

延期理由について「開発チームが円滑なゲーム体験を提供する作業を行うため」としています。海外公式Twitterでは、パッケージ版『バイオハザード ヴィレッジ』を購入しユーザーに対して配布用コードを大切に保管するか、すぐにアカウントに追加して来年の配信に備えてほしいとメッセージを送っています。

『バイオハザード RE:バース』は、2022年サービス開始予定。Game*Sparkでは、過去に行われたクローズドベータテストのプレイレポートも掲載しています。

《Mr.Katoh》
Mr.Katoh

酒と雑学をこよなく愛するゲーマー Mr.Katoh

サイドクエストに手を染めて本編がなかなか進まない系。ゲーマー幼少時から親の蔵書の影響でオカルト・都市伝説系に強い興味を持つほか、大学で民俗学を学ぶ。ライター活動以前にはリカーショップ店長経験があり、酒にも詳しい。好きなゲームジャンルはサバイバル、経営シミュレーション、育成シミュレーション、野球ゲームなど。日々のニュース記事だけでなく、ゲームのレビューや趣味や経歴を活かした特集記事なども掲載中。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 宇宙版タルコフと注目される略奪PvPvEシューター『Marauders』早期アクセス開始日決定!

    宇宙版タルコフと注目される略奪PvPvEシューター『Marauders』早期アクセス開始日決定!

  2. 『Mirror 2: Project X』は“青少年向け(16+)”公式アナウンスから1日で「不評」レビュー激増―本編&DLC購入者への無条件返金も

    『Mirror 2: Project X』は“青少年向け(16+)”公式アナウンスから1日で「不評」レビュー激増―本編&DLC購入者への無条件返金も

  3. 中世の貴族になって領土を拡大せよ!貴族シム『Noble's Life: Kingdom Reborn』クローズドプレイテストへの参加を募集中

    中世の貴族になって領土を拡大せよ!貴族シム『Noble's Life: Kingdom Reborn』クローズドプレイテストへの参加を募集中

  4. 初代『MGS』ライクな俯瞰視点ステルスアクション『UNDETECTED』リリース―痕跡を残すことなく仲間を救い出せ!

  5. 基本無料化で今度こそ“始まる”か?現代戦マルチFPS『World War 3』オープンベータが開始!

  6. 『オーバーウォッチ2』新規アカウントで初代の全ヒーローを解放するには約100試合必要と長い道のり

  7. "エンタメ女王"降臨!大人向け恋愛コメディADV『House Party』DLC「ドージャ・キャット拡張パック」リリース

  8. ユービーアイソフトが新たなco-opシューティング『Project U』のクローズドテスト参加者募集―開発は初期段階

  9. 荒廃したロシアの国境地帯で生き残るシングルFPS『Road to Vostok』Steamでパブリックデモ配信開始

  10. 『サブノーティカ』開発元のペイント機能搭載新作ミニチュアストラテジー『Moonbreaker』早期アクセス開始

アクセスランキングをもっと見る

page top