大接戦繰り広げた第6回「CRカップ」順位結果まとめ!『Apex Legends』インフルエンサーの祭典で頂点に輝いたのは? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

大接戦繰り広げた第6回「CRカップ」順位結果まとめ!『Apex Legends』インフルエンサーの祭典で頂点に輝いたのは?

3人チームで『Apex Legends』チャンピオンを目指す「CRカップ(CRcup)」。プロゲーマー、ストリーマー、VTuber、コスプレイヤー、歌い手などが集まったe-Sports大会の結果発表をご紹介します。気になる優勝チームは……?

ゲーム文化 イベント
大接戦繰り広げた第6回「CRカップ」順位結果まとめ!『Apex Legends』インフルエンサーの祭典で頂点に輝いたのは?
  • 大接戦繰り広げた第6回「CRカップ」順位結果まとめ!『Apex Legends』インフルエンサーの祭典で頂点に輝いたのは?
  • 大接戦繰り広げた第6回「CRカップ」順位結果まとめ!『Apex Legends』インフルエンサーの祭典で頂点に輝いたのは?
  • 大接戦繰り広げた第6回「CRカップ」順位結果まとめ!『Apex Legends』インフルエンサーの祭典で頂点に輝いたのは?

プロゲーミングチーム「Crazy Raccoon」により、バトルロイヤルFPS『Apex Legends』にまつわる人気インフルエンサーが集う「第6回 Crazy Raccoon Cup Apex Legends(以下、CRカップ)」が7月23日に開催されました。「Crazy Raccoon」所属のストリーマー・プロゲーマーを筆頭に、VTuberやミュージシャン、漫画家などバラエティ豊かなタレントが招待制で会し、ますますe-Sportsシーンで存在感を放つようになった本大会。YouTubeやSNSでのフォロワー数5万人以上という知名度だけでなく、高い実力も兼ね備えた面々が揃うなかで、どのチームが頂へと上り詰めたのか、本記事では、最後の最後まで激戦が続いた本大会の結果をご紹介します。※参加者敬称略



結果発表!4位以下の順位はこちら






4位:くるみぜだぁちーず(Zeder/西園チグサ/胡桃のあ)
5位:キンキャニ戦隊ウルセンジャー(きなこ/一ノ瀬うるは/なるせ)
6位:夢女子卍會(カワセ/橘ひなの/奈羅花)
7位:からみ・てんぺすと(Ras_99/叶/瀬戸美夜子)
8位:サラ金カワカミくんi7(NIRU/釈迦/星川サラ)
9位:嘘つきHamsters(Selly55/常闇トワ/小森めと)
10位:トロールアイス渋谷店(渋谷ハル/葛葉/白雪レイド)
11位:うまいエビの星(Cpt/エクス・アルビオ/ぷりっつ)
12位:キュートチートニート(伊織もえ/まさのりch/SqLA)
13位:〇Y〇Y(わいわい/じゃすぱー/天月-あまつき-)
14位:ばぶちゃんず(ゆふな/アルス・アルマル/Kamito)
15位:花の白玉乙女(BobSappAim/まふまふ/TIE_Gian)
16位:We Are the World(蛇足/Alpine Euriece (ユリース)/misaco)
17位:脳筋鼓膜殺し(ドンピシャ/おぼ/TIE_PRiZE)
18位:サーバーオッチ(SPYGEA/ラトナ・プティ/StylishNoob)
19位:宮崎卍リベンジャーズ(だるまいずごっど/ありさか/椎名唯華)20位:あすかじょうゆ(k4sen/アステル・レダ/はんじょう)

全5回行われた各ゲームでチャンピオンを獲得したのは、順々に「もちもちまんたマリア号」「別ゲープレデター」「チームフラミンゴ」「くるみぜだぁちーず」「噓つきHamsters」。今大会は初出場のプレイヤーも多く、数々の魅力的なシーンも多数誕生しました。そんな激戦を乗り越え、栄光のトロフィーを手にしたのは……。


栄冠を手につかんだのはこのチームだ!



優勝を掴んだのは、「TIE_Ru」さん率いる「別ゲープレデター」でした!


最終戦前の暫定順位発表では合計得点が75ポイントと2位に圧倒的大差をつけており、その流れに乗ってそのまま優勝となりました。チーム名の通り、別タイトルで培った能力を活かしきっての優勝です。3位以上の順位については下記の通りです。


1位:別ゲープレデター(TIE_Ru/AlphaAzur/GreedZz)
2位:もちもちまんたマリア号(Mondo/勇気 ちひろ/しろまんた)
3位:チームフラミンゴ(ウォッカ/オサム/花芽すみれ)


Mildomでの本配信の同時視聴者数は10万人を超え、今回もすさまじい盛況を見せた第6回「CRカップ」。優勝チームは「別ゲープレデター」でしたが、どの参加チームも素晴らしい大健闘を見せ、数々の名シーンを見せてくれました。


筆者の記憶に残っているのは、1戦目の「Kamito」さんが味方のノックダウンシールドを生かして形勢を逆転させたシーンや、2戦目で「Ras」さんが毎度のように見せたクラッチプレイ、3戦目には「別ゲープレデター」が大量のキルポイントを稼いで一気に優勝を引き寄せた場面がありました。4戦目に「Zeder」さんが見せた攻撃をねじ込むようなプレイ、5戦目で「噓つきHamsters」が勝ち取ったチャンピオンも忘れられません。




そんな激闘に満ちた本大会は、アーカイブが残っていますので、まだウォッチしていない方はこちらからご覧ください。今回も恒例行事の1つとして、解説役として登場したDeToNator所属「あれる」さんとゲストの「トナカイト(ヘンディー)」さん、そして実況の「平岩康佑」さんの大変身も要チェックです…!

《8月》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 海外ゲーマーが『スカイリム』を72分でクリアし世界記録達成!グリッチやショートカットを使用せず

    海外ゲーマーが『スカイリム』を72分でクリアし世界記録達成!グリッチやショートカットを使用せず

  2. ゆるみ切ったリモートワークに緊張感を-『マイクラ』クリーパーを象った「Secretlab TITAN Evo 2022 Minecraft Edition」【商品レビュー】

    ゆるみ切ったリモートワークに緊張感を-『マイクラ』クリーパーを象った「Secretlab TITAN Evo 2022 Minecraft Edition」【商品レビュー】

  3. 『スーパーマリオ オデッセイ』スピードラン世界記録更新も57分の壁に阻まれる

    『スーパーマリオ オデッセイ』スピードラン世界記録更新も57分の壁に阻まれる

  4. PlayStationのヒットタイトルを表彰する「PlayStation Partner Awards 2021」開催決定!

  5. 『ファークライ6』開発舞台裏に迫るドキュメンタリー映像公開―開発スタジオはパンデミックの影響でもぬけの殻に

  6. 海外開発者が『モータルコンバット トリロジー』のHDリメイクを提案―スクリーンショットも披露

  7. 感染状態で生き延びるローグライト終末ゾンビサバイバル『The Last Stand: Aftermath』配信開始!

  8. 『マイクラ』孤島で「15人のVTuber」が殺し合う―協力・裏切り・鏖殺、何でもありの「Vtuberバトルロワイヤル」開催決定!

  9. 『Spelunky』スピードラン世界記録のModによる不正が約8年越しに判明

  10. 奇想天外なリンクの動きにさらに磨きが!体験版『ゼルダの伝説 時のオカリナ』スピードラン記録が大幅更新

アクセスランキングをもっと見る

page top