壺男こと『Getting Over It』非公式VRリメイクが開発中―見慣れた“あの動き”が一人称視点に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

壺男こと『Getting Over It』非公式VRリメイクが開発中―見慣れた“あの動き”が一人称視点に

VRでも心が折れる……。

ゲーム機 VR
壺男こと『Getting Over It』非公式VRリメイクが開発中―見慣れた“あの動き”が一人称視点に
  • 壺男こと『Getting Over It』非公式VRリメイクが開発中―見慣れた“あの動き”が一人称視点に
  • 壺男こと『Getting Over It』非公式VRリメイクが開発中―見慣れた“あの動き”が一人称視点に
  • 壺男こと『Getting Over It』非公式VRリメイクが開発中―見慣れた“あの動き”が一人称視点に

圧倒的高難度で有名なゲーム『Getting Over It with Bennett Foddy(通称「壺男」)』。Redditユーザー・u / Bezbro氏は、本作の非公式VRリメイク版を開発中だと言います。


壺に入った男性が、ハンマー片手に険しい山道を登っていく本作。独特の操作性やシビア過ぎる難易度が話題を呼び、いくつもの挑戦動画が投稿。数々の実況者を苦しめ、一大ブームを巻き起こしました。


オリジナル版『Getting Over It with Bennett Foddy』

公開された映像では、ハンマーを使う“見慣れた移動方法”が一人称視点で行われています。オブジェクトを無理やり登りつつも、少しの操作ミスで落ちてしまうのはオリジナル版そのまま。操作方法などの詳細は明かされていませんが、直感的で慎重な操作を要求されそうです。


u / Bezbro氏によれば、マップはオリジナル版の面影を残しつつ、VR版にあわせた形を目指しているとのこと。完成にはまだ時間がかかると言います。


なお、インサイドではVTuber・鈴原るるさんの「鈴原式アンガーマネジメント」を通して、オリジナル版の特徴や“イライラせずに進めるアドバイス”などを紹介していますので、あわせてご確認ください。

《茶っプリン》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. 「Steam Deck」出荷速度アップ!サポートセンター開設やTGS出展など明るいニュースが続く

    「Steam Deck」出荷速度アップ!サポートセンター開設やTGS出展など明るいニュースが続く

  2. RTX 40シリーズの威力を発揮するRCカーレースゲーム『Racer RTX』11月配信!

    RTX 40シリーズの威力を発揮するRCカーレースゲーム『Racer RTX』11月配信!

  3. クラウドゲーミング用携帯ゲーム機「Logitech G CLOUD Gaming Handheld」正式発表!リモートプレイ機能搭載・12時間以上駆動で北米向けに10月発売

    クラウドゲーミング用携帯ゲーム機「Logitech G CLOUD Gaming Handheld」正式発表!リモートプレイ機能搭載・12時間以上駆動で北米向けに10月発売

  4. Razer、決済サービス「Razer Card」を発表―支払い時にカードが光るゲーミングな要素も

  5. VRで旋盤体験!旋盤安全講習シム『Lathe Safety Simulator』無料配信開始

  6. VR物理アクション実験室『BONELAB』発表! あらゆるものが想像通りに反応

  7. CS用ハンコンコンバーター「Ras1ution 2」国内向けに発売!前世代ハンコンも最新レースゲーム対応に【UPDATE】

  8. ゲームボーイアドバンスを据え置き化!ハンダ付け不要HDMIキットのKickstarterが進行中

  9. 無改造の初代ゲームボーイで『グランド・セフト・オート V』をプレイする猛者が現る

  10. 「MSX」が42年の時を越え生まれ変わる!「MSX3」とは何か

アクセスランキングをもっと見る

page top