『PUBG』元開発の新作情報公開、『FFIV』ピクセルリマスターグラフィック比較ほか【週刊スパラン9/3~】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『PUBG』元開発の新作情報公開、『FFIV』ピクセルリマスターグラフィック比較ほか【週刊スパラン9/3~】

1週間のゲーム業界の情勢もこれを見るだけ!

連載・特集 特集

2021年9月3日(金)~2021年9月9日(木)にGame*Sparkで公開された記事から、今週読まれた記事トップ5をご紹介するゲムスパランキング、略して週刊スパランのお時間です。1週間のおさらいをしたい、忙しいから手早く知りたいという方にもおすすめです!

今週はファン待望のシリーズ新作『テイルズ オブ アライズ』が発売。発売前に公開されていた、泣けると話題の30秒のCM動画は300万再生を突破しており、大きな注目を集めていました。そんな新作も発売された今週はいったいどんな記事が読まれたのか、さっそくチェックしてみましょう!

5位―『PUBG』開発手掛ける期待作『prologue』新情報公開

大ヒットバトルロイヤルゲーム『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』の生みの親であるBrendan Greene氏は、2019年に発表され現在進行中のプロジェクト『prologue』に関する新たな情報をTwitterにて公開しました。今回の発表によると数百キロメートルに渡るオープンワールドのサンドボックススタイルの作品になるとのこと。ただし、本作は完全なゲームとしてではなく、地形生成ツールの初期段階を体験できる技術デモとしてローンチされるようです。詳しいほかの情報は元記事をご覧ください。

『PUBG』生みの親が手がける新作『prologue』はオープンワールドサバイバルの技術デモ―機械学習を活用

4位―『FINAL FANTASY』シリーズが毎月「PS Now」に登場

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、ゲームサブスクリプションサービス「PlayStation Now」に『FINAL FANTASY』シリーズを配信すると発表しました。ラインナップは『FINAL FANTASY VII』『FINAL FANTASY VIII Remastered』『FINAL FANTASY IX』『FINAL FANTASY X/X-2 HD Remaster』『FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE』の5作品。9月7日の『FF VII』を皮切りに、順次配信予定です。

「PS Now」に『FINAL FANTASY』シリーズ5作品が毎月登場―9月7日の『FINAL FANTASY VII』からスタート

3位―『Horizon Forbidden West』予約受付開始

ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、2022年2月18日発売予定のPS5/PS4用ソフトウェア『Horizon Forbidden West』の予約購入受付を開始し、併せてアナウンストレーラーを公開しました。予約は全5種のエディションから選択可能。当初は「スタンダードエディション」「スペシャルエディション」 がPS4版からPS5版へのアップグレードに対応せず、別売りとなっていましたがユーザーからの反発を受け一転、無料アップグレードを提供することが発表されました。

PS5/PS4『Horizon Forbidden West』予約購入受付開始―5種のエディションで展開

2位―レトロゲーム互換機「POLYMEGA」システムアップデート公開

ついに予約購入者向けの発売が迫る、PlayStationやセガサターンなどのCD形式のレトロゲームに互換性を持つ「POLYMEGA」。今回、その本機にシステムアップデートが配信され、バグの修正やファミリーコンピュータ向けタイトルの認識、プレイアビリティの修正、ベータテスターなど発売に貢献した人たちのクレジットなどが施されました。しかし発売前の、さらにシステムアップデートの記事でこれだけの反応があったことは、その期待度が窺えるところでしょう。なお、残念なことに日本国内の代理店にはごく少数しか入荷せず、満足にユーザーに行き渡らせるのが難しいということが報告されています。

CD対応レトロゲーム互換機「POLYMEGA」システムアップデートv1.0.9公開―発売は一週間後に迫る

1位―『ファイナルファンタジーIV』ピクセルリマスター、SFC&GBA&PSP版とグラフィックを比較

PC/モバイル向けに順次リリース中の『ファイナルファンタジー』ピクセルリマスター。9月9日には、シリーズ第4作『ファイナルファンタジーIV』ピクセルリマスターがいよいよ登場しました。今回、Game*Sparkでは『ファイナルファンタジーIV』ピクセルリマスターのスクリーンショットと、スーパーファミコン版&ゲームボーイアドバンス版&PSP版を比較。筆者の思い出とともに、フォントやテクスチャの違いなどを各作品ごとに紹介しています。気になる方は、ぜひチェックしてみましょう。


『ファイナルファンタジーIV』ピクセルリマスター間もなく発売!SFC&GBA&PSP版とグラフィックを比較【特集】

今週は『ファイナルファンタジーIV』ピクセルリマスターのグラフィック比較記事がダントツの1位となりました。さらに4位にも『FINAL FANTASY』シリーズの話題がランクインし、過去作でありながら、未だなお注目度は衰えていないことが再確認できました。2位にランクインした「POLYMEGA」のような互換機は著作権的に大丈夫なのか、という声もよく聞きますがソフト、ハード含め特許期間は20年とのこと。まだ情報はありませんが、発売年から20年以上が経過している『PS2』や今年の9月14日で発売20周年を迎える『GC』の互換機も出てくるかと思うと胸が踊りますね。

《neko》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top