『FF14』祖堅正慶氏、ATH-R70x商品企画者の鈴木弘益氏と現役作曲家が重要と考える、リモート制作の機材の要とは | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『FF14』祖堅正慶氏、ATH-R70x商品企画者の鈴木弘益氏と現役作曲家が重要と考える、リモート制作の機材の要とは

『FF14』のサウンドを担う祖堅正慶氏、商品企画を担当した鈴木弘益氏、有名アイドルグループ等に楽曲を提供する三輪智也の3名で、オーディオテクニカ製品について対談を行いました。

連載・特集 インタビュー
『FF14』祖堅正慶氏、ATH-R70x商品企画者の鈴木弘益氏と現役作曲家が重要と考える、リモート制作の機材の要とは
  • 『FF14』祖堅正慶氏、ATH-R70x商品企画者の鈴木弘益氏と現役作曲家が重要と考える、リモート制作の機材の要とは
  • 『FF14』祖堅正慶氏、ATH-R70x商品企画者の鈴木弘益氏と現役作曲家が重要と考える、リモート制作の機材の要とは
  • 『FF14』祖堅正慶氏、ATH-R70x商品企画者の鈴木弘益氏と現役作曲家が重要と考える、リモート制作の機材の要とは
  • 『FF14』祖堅正慶氏、ATH-R70x商品企画者の鈴木弘益氏と現役作曲家が重要と考える、リモート制作の機材の要とは
  • 『FF14』祖堅正慶氏、ATH-R70x商品企画者の鈴木弘益氏と現役作曲家が重要と考える、リモート制作の機材の要とは
  • 『FF14』祖堅正慶氏、ATH-R70x商品企画者の鈴木弘益氏と現役作曲家が重要と考える、リモート制作の機材の要とは
  • 『FF14』祖堅正慶氏、ATH-R70x商品企画者の鈴木弘益氏と現役作曲家が重要と考える、リモート制作の機材の要とは
  • 『FF14』祖堅正慶氏、ATH-R70x商品企画者の鈴木弘益氏と現役作曲家が重要と考える、リモート制作の機材の要とは

スクウェア・エニックスが開発・運営するMMORPG、『ファイナルファンタジー14』(以下、FF14)。本作のコロナ禍におけるリモート環境でのサウンド制作の要であり、スタッフ間のリファレンスとして用いられているのが、オーディオテクニカの開放型ヘッドホン「ATH-R70xです。

本製品がなぜリファレンスモデルとなったのか、クリエイターが絶賛するその良さを解き明かすべく、『FF14』のサウンドクリエイターの祖堅正慶氏、オーディオテクニカのATH-R70xの商品企画者である鈴木弘益氏、そして作曲家として商業シーンに楽曲提供を行う筆者(三輪智也)の3名で、編集部進行の元、フリートーク形式で製品について語りました。

『FF14』のサウンド制作についてたっぷり伺った前編とあわせてご覧いただくとより深く「ATH-R70x」の魅力が浮かび上がってくるはずです。ぜひあわせてご覧ください。

前半:祖堅正慶氏に聞く、『FF14』ゲーム体験重視のサウンド制作の秘密

「ATH-R70x」はクリエイターならとりあえず買うべき

――率直にお聞きしますが、音楽制作においてATH-R70xを選んだ理由はなんだったのでしょうか。

祖堅氏(以下、敬称略):きっかけは、以前『ファイナルファンタジー14』の推奨プログラムで、オーディオテクニカさんが作られた「ATH-G1」というヘッドセットの検証を行った時に、こんなのもあるんですよ、と持って来られたうちの1つが「ATH-R70x」でした。開放型は珍しいなと思っていたものの、忙しくて眠らせていました(笑)。ある日聞いてみたらびっくりして、僕がイマーシブオーディオの開発現場に携わっていた時の話ですが、ヘッドホンをしても外してもサラウンド環境がイマーシブで再現される時って、ヘッドホンで鳴ってるのかスピーカーで鳴ってるのかわからない時があったんですよ。ガチガチにチューニングされた部屋でしたが、ヘッドホンを付けた状態で驚いたのはその時ぐらいでした。ATH-R70xを付けた時に、スピーカーの音が聞こえてると最初思っちゃったぐらい、聞こえ方がヘッドホンじゃなかったんですよ。スピーカーから鳴る音とヘッドホンから鳴る音って絶対的に違うんですけど、それが同じなんですよ。何これ!?っていう感じだったんです。制作環境的にスピーカーを鳴らせない時が発生するのですが、ふと「ATH-R70x」でモニタリングできるんじゃないかな?って思って使ってみたら、もうこれスピーカーいらないじゃんみたいな。それ以来手放せなくなりましたね。きっと言葉だと全く伝わらないんですけど、本当にスピーカーと同じように聞こえるんですよ!

――仕組み的にはどうしてそのように聞こえるんでしょうか?

鈴木氏(以下、敬称略):どうしてなんでしょうね?

――(一同爆笑)

鈴木:専門用語になってしまうのですが、祖堅さんが仰った“ヘッドホンで聴くとどうしても音が外に出てこない”という感覚は、ヘッドホンにありがちな頭内定位というもので、頭の中で音が鳴ってしまうのが2chのステレオヘッドホンでは必ずあることなんです。それを気持ち悪いと感じる主にヨーロッパの方々の中には、特にベテランのサウンドエンジニアの方々にヘッドホンを敬遠される方がいらっしゃって、彼らの中には開放型のことをイヤスピーカーと呼ばれる方もまだいらっしゃいます。それが祖堅さんの言われたことと繋がっているんだと思います。

祖堅:そうですね。さっきのインタビューで、音楽と効果音は聞き方が違うと言いましたが、まさにそれですよね。頭の中で定位しても右と左の感覚って絵からも説明されるから気持ち悪くないんですよ。でも音楽ってここで鳴るんじゃなくて体全体で鳴るというか、そういう方が聞きやすいというかすんなり入ってくるので、その違いはすごくあるのかもしれないですね。楽曲を作る時は頭の中で音楽を聴くというよりは体全体で聴く状態にした方が作りやすいので、そういった状況で制作の最終工程ではスピーカーで鳴らしたいという欲求が強くなるんですよ。

でも特に今の状況だとなかなかそうもいかないし、どうしても鳴らせない!ってなった時に、ATH-R70xだと全てが解決するんです。例えばちゃんと鳴らせる環境を作るにはお金をかけないといけないですし、部屋だったら反射で四隅がキンキンするから遮音板を貼ろうか……とか面倒なんですけど、ATH-R70xはぽこっとはめるだけ。もうこれでいいじゃん!っていうくらいに不思議なヘッドホンですね(笑)

鈴木:空気を通さないと気持ち的に伝わらないというところに大きなヒントがあると思っています。開放型はまず密閉されていないので、外側の空気を自由に使ってドライバユニットから音を伝えるという仕組みです。密閉型の少量の空気を動かすのではなくて、外側の自然なの空気を使って伝えているのでエモーショナルな部分が伝わるのではないでしょうか。

祖堅:そうなんですよね。あと、開放型のヘッドホンだと外から「おい!」って呼ばれても聞こえるから便利なんですよ(笑)。あるあるなんですけど、製作中に密閉型のヘッドホンで集中していると外の音が聞こえないので、会議の時間のアラームが鳴っていても全然聞こえなくて気付かないんですよ。なのでサウンド部のメンバーは会議に遅れる奴が多い(笑)。もちろん時間にルーズというのももちろんあるんですけど、密閉型のヘッドホンで作業していることが多いから、集中すると時間がばーって流れていって、気付いた時には遅れちゃっていたりということもあるわけです。

なにはともあれ、自然にスピーカーで聞いている感覚でヘッドホンで聞けるっていうのはすごい特徴的で、音楽を聴く環境としては優れているなと思います。

――ヘッドホンで聴かなければならない状況というのは、コロナ禍によって生まれている部分もあるのでしょうか?

祖堅:そうですね。あとは制約の中で作らなきゃならないクリエイターも多いと思います。幸い僕らはサウンド部という部が存在しているので、音をバッキンバッキン鳴らしても文句言う人はそんなにいません。ただ、サウンド部が存在しない会社や、1人で全てをやらなきゃならない開発者も結構多いんですよね。それで周りはプログラマーやデザイナー、プランナーがいるとか防音設備がない自宅などで作業していると、1人が音をばーって鳴らすと迷惑じゃないですか(笑)。でもスピーカーで確認したいなってケースは多々あるわけで、「ATH-R70x」はそれを解決してくれると思います。

あと個人的なことですが、病気もあって入院しつつ作業していたわけですが、もちろん病室ってでスピーカーを持ち込んで鳴らせないですよね。もしそんなことしてたら何してんだよお前っていう(笑)。そんな環境でも、すごい役立って助かりました。もちろん、コロナ禍という現在の状況で自宅で音を出せないとかスピーカーを使えないっていうスタッフも結構多い。「でもスピーカーで鳴らしたいんだよ」というメンバーには全員「ATH-R70x」を導入しました。正直なところ結構メンバーの数も多いのですが、これについては必要な投資だったと思っています。だってスピーカーセットと遮音材を用意して各個人の制作環境を整えるより遥かに低コストで実現できますからね。正直サウンドクリエイターとしてはみんな買えばいいのにって思いますね。こんな良い製品があるんだったら一旦持っておけばいいじゃんというくらい良い製品です。

ところで、開放型のヘッドホンって低音感がない製品が多い中、ATH-R70xは下から上まできっちり出ていて、あの大きさのユニットでどうやって実現されてるんですか……?

――(一同爆笑)

鈴木:そうですね……。その話をすると1日じゃ足りないんですけど、開放型のヘッドホンの歴史って、Sennheiserさんとかbeyerdynamicさんとか、ヨーロッパの元々は開放型ヘッドホンを主製品にされていた方々が先駆者としていらっしゃって、後発のオーディオテクニカとしては、その方々の前髪を掴もうとずーっと、かれこれ20数年やっていたんですが、なかなか掴めませんでした。あまり知られていないと思うのですが実は弊社では初代のヘッドホンから数えると4~5世代くらい開放型ヘッドホンの試行錯誤を重ねています。ATH-R70xをやろうと言い出したのは実は私なんですけど、その時ATH-M50という、現在では世界中のプロの方々に重宝していただいている、密閉型のモニターヘッドホンがありました。

三輪:僕が今使っているやつの1世代前の製品ですね。

祖堅:おぉ。

鈴木:ありがとうございます。ATH-M50という製品は、歌っている方々、演奏している方々のモチベーションにプラスになる音質でなおかつモニターヘッドホンの基本である、モニターしたい音がしっかりととらえやすいという、当時、開発を担当した引退間際のベテランエンジニアが「これが最後の担当機種になるから、自分のキャリア全てで具現化可能なモニターヘッドホンを作る!」って言って出来たヘッドホンです。その人が残していった遺産を我々が引き継いで、ATH-M50からATH-M50xに進化させ、オーディオテクニカのスタジオモニターという地盤ができてきました。

そういった地盤ができていたからこその話ですが、私が「開放型のモニターをやらせてほしい」と会社に直訴したんです。オーディオテクニカはドライバユニットを自社で設計・生産しているいまどきのヘッドホン・マイクロホンメーカーとしては珍しい会社なんですが、その開発の最終段階で煮詰まってしまった際に担当のチーフエンジニアといろいろ話していた時に、私の何気ない一言をエンジニアが拾って、そこから2種類できた試作品の1つが、今世の中に出ているATH-R70xなんです。ただ、その時のどんな会話がヒントになったのかは定かでないので、先ほど祖堅さんから質問があった「どうしてこの音が出るのか」というのは正確には誰も答えられないんです(笑)。

ちなみに開放型のヘッドホンは低域が出ないという声はよく耳にしますが、それは世の中のヘッドホンのエンジニアからすると、本物の開放型のヘッドホンではないからということになってしまいます。

祖堅氏・三輪:へー。

鈴木:スピーカーもそうですけど、色んな方式があって色々な音が出せる。ヘッドホンも、音だけで言えば密閉型が出せて開放型はこの音が出せないというのは理屈が通らないんですね。しっかり振動板を動かして、空気の動きをコントロールできれば、必ずその通りの音が出るはずなんです。なんですが、どこかでロスが起きたりコントロールが不十分だったりで音にならない、という話を開発当時にもしてた気がするんですよね……。

祖堅:その理論で真面目にやってもどうにかならないところをどうにかしてできたのが「ATH-R70x」だと(笑)

鈴木:ATH-R70xリリースの数年後に弊社開放型フラッグシップモデルの「ATH-ADX5000」という製品をリリースさせて頂いたのですが、「ATH-R70x」の経験値が活かせたので、開放型フラッグシップが出来たということになります。何かが引き継がれていったのは確かなのですが、「ATH-R70x」の低域がピシッと決まった時に、私が何を言って、何をエンジニアが受け取ったのかは、今もって時々飲みながら話しても「なんだったかねぇ……」ってなります(笑)

三輪:オーディオテクニカって、DJシリーズ然り、Mシリーズ然り、密閉型を中心に作られていると思うんですが、やっぱりATH-R70xを作るというのはすごいチャレンジだったんですか?

鈴木:いえいえ、そう思われがちなんですけど、もう何年作ってるんだろう……?40年以上開放型のヘッドホンは自社ブランドで手がけておりまして、最初にメジャーになったのは密閉型なんですが、開放型も当初から手がけていたんです。ただ、ヘッドホンってどうしても今みたいに市民権を得る前は、オーディオコンポセットのおまけで付いてくるというような扱いでした。日本の住宅事情によりスピーカーで音が鳴らせない時に、オーディオセットとかミニコンポで音楽を漏らさないで聴くようについてきた「おまけ」だったんです。なので密閉型が日本の中ではヘッドホンとして認識されているのかなと思います。

祖堅:割とゲーマーは国境がないじゃないですか。そういう意味ではゲーマーも密閉型一択ですよね。

鈴木:そうなんですよね。でも「ATH-AD700x」という開放型のヘッドホンがあって、我々10年近く作り続けているのですが、ずっと今現在も一部地域向けに販売が続いています。というのも、とある地域のゲーマーの方々が、使い続けたいから絶対にやめないでくれと要望してくれていて、とあるゲームタイトルのローカルトーナメントで使われているそうなのですが、どうしてもこのヘッドホンじゃないと定位が取れないそうです。とても売れているわけではないのですが、ディスコンさせてもらえませんでした(笑)

祖堅:それは良いことじゃないですか(笑)

三輪:世界中の人の耳を支えていると言っても過言じゃないですよね。

鈴木:結構ワールドワイドでお役に立てているみたいなのですが、なかなかメジャーになれないという(笑)。もっとマーケティングしていきたいなと思っています。

祖堅:制作の現場としては右に倣え文化が多いじゃないですか。とりあえずPro Toolsがあります、GENELECがありますみたいな。それって日本ぐらいじゃないのかな。各国に行くとそのスタジオに最適化されたものが置いてあるのに、日本はこれが置いてないとダメなスタジオみたいな雰囲気がありますよね。逆にそういったカルチャーを逆手にとって、「ATH-R70x」をデファクトスタンダードにしちゃえばいいじゃないですか。

鈴木:まぁそうとも言えますね。

祖堅:(笑)

鈴木:ただ、日本国内でそれをやっていただいても、割とこれまで日本の音楽シーンというか産業全体というところは技術についても機材についても舶来に弱いところがあって、海外のスタジオの有名なエンジニアが使っている機材っていうと、その通り右に倣えになってしまって、なかなか認めてもらえないことはありました。オーディオテクニカはマイクも製造販売していますが、AT40シリーズなんかは、まさしくデファクトスタンダードにして頂いて、各スタジオに1本はあるような状況を作れていると思います。

一方で最近はサウンドエンジニアの世代交代が起きていて、その方たちが新しいスタジオを作り始めているんですね。その方々が、右に倣えから外れたジェネレーションの方々が、自分の気に入ったもの、自分の耳で確かめたものを使いたいということで、オーディオテクニカ製品を選んでいただきはじめているかなと思っています。

祖堅:じゃあ草の根的に広まっているんですかね。

鈴木:本当に草の根ですね(笑)

祖堅:草の根という意味では、スクウェア・エニックスのサウンドスタッフも知らなかった人が多かったから、騙されたと思って聞いてみなよって聞かせたら、この製品を悪いって言ったスタッフは1人もいなかったんですよ。僕がきっかけと言ったらおこがましいですけど、草の根活動には協力できたかもしれません(笑)。オーディオ関係はここが良くないとか、ケチを付けたがる評論家も少なくないですが、この製品は本当にケチがつかないんですよ。すごい、なにこれって。

鈴木:本当におすすめの仕方が上手くなくて、誰か気がついてくれるといいなって日々工場で黙々とヘッドホン、マイクロホンを作り続けていますね(笑)。

祖堅:ただ、これをゲーミングヘッドセットとして使ったらどうなのかっていうのは賛否両論あると思うんですよね。密閉型を使い続けて、定位感が密閉型に慣れたゲーマーたちが開放型を聞けば違和感があるだろうし。ただ、制作側からすると、最終的にスピーカーから鳴らすという行為がどれだけ大事かはみなさんわかっているので、この一工程をするために多額のコストをかけることはあるんですね。わざわざ外のスタジオに行ってやるといった行為は、より良い音を届けるために必須なので、それを手軽に実現できる製品っていうのは、やっぱり1回使って見るべきだと思います。

鈴木:私は現在コンシューマー製品が主な担当なのですが、7~8年前まではプロ向けを担当していまして、その時にATH-M50xを手掛けました。サウンドエンジニアとお会いする機会が多かったので、どんなヘッドホンが欲しい?というのを色々聞いて回ったんです。すると、音楽で食べては行きたいけどそんなに簡単にはメジャーになれないので、基本的には家で楽曲の制作をしなければならない、いわゆるベッドサイドスタジオと呼ばれる、ベッドの横にあるDTMの環境で仕事をしなければならない環境の人たちが結構多いと教えて頂きました。最後はラジカセチェックもしなきゃならないんだけど、大玉(スタジオに設置されているラージスピーカー)を鳴らさないとわからないところをなんとか家の中でできないかなっていうニーズなんかを汲み取って、ATH-R70xにたどり着いた部分もあります。

そこに至るまでに、ATH-M50x、ATH-M70x、と作ってきていますが、シーンごとにここをチェックしたいからこの道具を使いたいって結構あると思うんですよ。別にオーディオテクニカのものだけで完結していただくこともなく、色々な製品を使っていただいて、最終的にスピーカーの代替の環境になるといいなという気持ちで作っています。その道具の一つとして選んでいただけると嬉しいです。

ATH-R70xについては、ここまで喜んでいただけると思って作っていなかったというのが正直なところです(笑)。開放型を理解していただける方って実はすごく少なくて、エンジニアの方でも密閉型で音を作られるのに慣れている方がものすごく多いので、そうすると開放型の定位ってわからなくなってしまうみたいですよね。突然広がりすぎてしまうので、自分の知っているサウンドフィールドから外れてしまうというのもあってるみたいで心配していました。

ヨーロッパの方々は耳の作りや聴こえ方はもちろん、言語も音楽文化も違いますし、密閉型は気持ち悪いという方々も少なくなく、Sennheiserであったり、beyerdynamicであったりといった老舗の開放型を得意とされるメーカーが主流になっているんだと思います。beyerdynamicのDT990、DT880もSennheiserのHD560/HD600もたぶん40年以上同じスタイルのままで作られているので、変えられない開放型のデファクトスタンダードというところはヨーロッパにはあるんじゃないかなぁと思っています。そこの前髪を掴んでいきたいですね。

祖堅:あとは文化もあると思いますよ。日本の場合はウォークマン文化というかイヤホン文化から音楽を楽しむという世代が多いじゃないですか。だからスピーカーから聴くという行為は薄れてつつあるなという印象はあります。

三輪:日本の住宅事情的には音が出せないというのがベースにあるじゃないですか。音漏れを許さない文化というか。

祖堅:昔は大きいスピーカーとかもありましたけど、そうですね。

鈴木:あとはコンシューマーのゲーム機だと、最近では、ほぼほぼ4Kテレビに繋がれるじゃないですか。その場合って4Kテレビのスピーカーから皆さん音は出されますよね。

祖堅:これはゲームプレイスタイルによって違うと思うんですよ。僕は遊ぶゲームのジャンルによって使い分けていて、例えばFPSゲームをやる時には密閉型のヘッドホンを、RPGを遊ぶ時にはスピーカーを使っています。自分がどういう環境で音を聴きたいかというのにもよって変わってくるんじゃないかなと。FPSって、サウンドの情報はあくまで勝つための情報なんですよね。でもRPGのサウンドって、その世界に対する没入感と言うか、映画のようなドラマティックなストーリーをインタラクティブに体験できるというのが大事なので、性質が違うのかなって。FPSの場合はどこに敵がいる、後ろから足音が聞こえたかなっていうような情報が重要であって、臨場感ではないと思うんですよ。

三輪:そうですね。

祖堅:視覚情報として敵がどこにいるかって索敵をするんですけど、壁の向こうにいるかどうかを音で探知するというか、やっぱり遊ぶゲームによって自分が扱う情報が違うかなぁという印象です。どうなんですかね?今の世界中のゲーマーの皆さんって、ヘッドホンが主体なのか、スピーカーが主体なのか。

三輪:どうなんですかね……。たぶんコンシューマー、PS4/PS5とかをやっている方は意外にTVから鳴らしているんじゃないかなと思いますが、FPSとかでも競技シーンに出ているプロの方はイヤホンをしていることが多いですね。

祖堅:カナル型ですよね。

三輪:はい。で、いわゆる一般的な方は、ヘッドセット1本とか、配信している方はヘッドホンとコンデンサーマイク1本みたいな感じが多いですかね。うちはATH-M50xにAT4040を組み合わせる形で今も使ってます。

祖堅:開放型を使っている人ってあまり見ないですよね。

三輪:あまり見ないですけど、海外の配信者の方とかは開放型を使ってる方も一部…beyerdynamicとか、あまりオーディオテクニカさんの前で他社名を出したくはないんですけど(笑)

鈴木:全然大丈夫ですよ(笑)

祖堅:そこに食い込んだ方がいいです……よね(笑)

鈴木:ATH-R70xでそこに食い込もうという考えは全くなく、Rシリーズ、Mシリーズは音を生業にしている方々の道具として選んでいただきたいなっていう思いで作っています。副次的にプロが大元のサウンドを作るのに使っているから、エンドユーザーの方も使ってもっと幸せになっていただくのは大変嬉しいことです。ただ、基本的には業務用なので、ものすごく無骨ですし、飾りもないですし。光りませんし…

――(一同笑)

祖堅:インピーダンスの問題とかもありますもんね。

鈴木:使用される機材環境の問題もありますしね。

祖堅:僕らは制作現場として、音楽を聴くツールとして、あとはモニタリング用途として最適解だと思うヘッドホンだと思っています。ただ、この環境でゲームを遊んで欲しいとか、この環境で音楽を聴いて欲しいっていうのは、オーディオテクニカさんの前で言うのは恐縮ですけど、好きにやってほしいと思っています。同じ環境で聴いて欲しいという意味でATH-R70xを使っているわけではなくて、ものさしとして使っているんですね。

ゲーム制作は大作になればなるほど、サウンドに従事する人間って外も内も含め1人で完結できないことが多くなってきました。加えて、コロナ禍の影響で、スタジオに集まってみんなでモニタリングして、「ここはちょっと下出過ぎだよねとか、後ろが強すぎだからやめよう」といった会話がしにくい状況にもなりました。それぞれ違った在宅環境、空間で制作しながらも、同じ尺度で音を聴ける環境っていうものが難しくなった昨今、「低域が足りてないからふっくらさせよう」となった時に、ATH-R70xをみんなで被れば同じ体験ができる、これがすごく助かったんですよね。制作現場で有効だなってのは使っていて感じましたね。

鈴木:ニアフィールドモニタースピーカーを使われていると、同じ型番のスピーカーを使われていても部屋のサイズや壁の材質だけでも音聴こえが変わってしまいますからね。ちなみに祖堅さんがとても良いことを言っていただいたんですが、ATH-R70xのRってReferenceのRなんですよ。なので、ものさしとして使っていただけているというのはメーカー冥利につきます。

祖堅:じゃあ正しい使い方できてたんですね(笑)

三輪:僕の場合は、1人で曲を作ってリリースしたり、他の方のミキシングやマスタリングもやったりしているんですが、今はメインでATH-M50xを使っていて、先日サブでATH-M70xを買ってしまったので、今の話を聞いてATH-R70xを買った方が良かったかなって思っちゃいました。

鈴木:いやいや、使い方としてはATH-M50xで全体のミックスバランスを整えていただくのがいいと思いますよ。ATH-M70xはディテール調整向けに思いっきり低域をタイトに作っているので、ディテールを調整してから、最後の最後をATH-M50xで整えてもらうと、低音が馴染んで伸びて聴こえるはずなんですよ。

三輪:そうですね。確かに伸びてます。

鈴木:それを倍音的にモニタールーム的な出音と捉えていただいて使っていただくと、割とGENELECのスピーカーをスタジオで鳴らしているのに近くなるというイメージです。そんな使い方をしていただければ嬉しいのです。そういう使い方をちゃんと宣伝しなければならないですね……(笑)

ーー(一同爆笑)

三輪:でもやっぱりATH-M50xって音的には下から上までばちっと出てる気がするんですよね。ATH-M70xは確かに非常にモニターらしい出音な印象があります。

鈴木:ただ……低音って人間の感じ方として、太っている人と痩せている人でも違うと思うんですけど、それはスピーカーから一次共振を聞いているんじゃなくて、二次、三次といったいろんな方向の音から、体の中で低音を感じ続けているので、人間によって感じ方が変わるはずなんですね。それを開放型のヘッドホン1発でやろうっていうのは無理な話なので、あくまでもものさしとしてATH-R70xを使っていただいた方が良いんじゃないかなと思います。

三輪:これは買い足した方がいいってことですよね。

鈴木:まぁそうですね。ついでにATH-E70というバランスド・アーマチュアのイヤモニもありますので、それを全部揃えていただくと、今時のEarPodsチェックまでいけちゃいます。

祖堅:ATH-E70使ってるんですよ。あれいいですね。

鈴木:ありがとうございます。たくさんの弊社製品を使っていただいてますね(笑)

祖堅:モニタリングとしても使えるし、リスニングとしても使えるんですよ。本当に良いですね。まぁあえて言うなら、付属のスポンジの種類をもう1つ増やしてほしいなって……。

鈴木:すいません、あれちょっとコストの問題で……。

――(一同爆笑)

鈴木:ATH-E70もどこかの展示会で、フランス人のDJと話をしていた時だったでしょうか。「俺、オーバーヘッドのDJモニターヘッドホン嫌いなんだよね」って言われたので、そういう人どれぐらいいる?って聞いたら「俺の周りに結構いるんだよ」ということで作ったのがATH-E70です。

弊社には原音再生という会社のフィロソフィーがあるのですが、原音再生とはすなわち“音を作ろうとした方々の意思をそのまま再現する”ことであり、それに欠かせないひとつの要素として定位って絶対あると思うんですよ。そこはきっちり尊重して再現できるようにしたいということで、ここ数十年は定位をすごく大事にしながら作っています。定位によって音場って全然変わってしまうので。

――少し話を戻すんですが、ものさしと仰ってましたが、ものさしになるATH-R70xの音の決め手はなんだったんでしょうか?

祖堅:決め手というかツールの特性というか、パンデミックもあったのもあって、各スタッフが在宅での制作にシフトしました。やはりそうなると各個人の制作環境が異なってしまうので、ある程度の範囲内の聞こえ方で情報のやり取りをしないと格差が生まれちゃうんですよね。そういう時に同じ商品で全部統一することで、周りの要因を受けずに同じ音が聞こえる状態を作り出せるツールがあまり存在しなかったというのが大きいです。

――開発側としてはどのようにニュートラルな音になるよう意識して開発したのでしょうか。

鈴木:基本的に開放型のヘッドホンは、ちゃんと出来るとフラットな特性(ニュートラル)にしかならないんですよ。なので、ちゃんと出来た開放型ヘッドホンほどフラットな特性に近くなって、ほんの少しのニュアンスが各メーカーさんによって違っています。どうしても他社のこの製品のここが出ない、というのもありますが、逆に弊社にしか出せていないという部分もあるので、お客様の好みによって選んでいただいてます。ちゃんと出来た開放型のヘッドホンの「f特(周波数特性)」は、基本的にまっすぐなので、ものさしにしていただくには最適です。

祖堅:あとものさしの理由がもう1つあって、海外製品って製品の個別のばらつきが多いんですよ、オーディオテクニカは製品のばらつきが少ないんですよね。そんな製品のクオリティも、ものさしとして信頼できるのも大きかったですね。

三輪:オーディオテクニカって出音が音楽的じゃないですか?すごくノリやすいというか、音を作りやすいという気がします。

鈴木:それは前述しましたATH-M50x開発者の術中にはまっていただいているんじゃないかなと。

祖堅:(爆笑)

鈴木:ATH-M50xが作り出す制作環境のモチベーションが上がる音っていうのを感じていただけているからっていうことだと思います。作った人間も喜んでいると思います。(笑)

祖堅:密閉型を使う時ってソニーのMDR-CD900STを使ってるんですが、オーディオテクニカ製品を使った後に聴くと、すごいドンシャリに聞こえるんですよね。

鈴木:完全に道具としてあなたが知りたい信号がここにありますよ、っていうディテールの確認に集中していると認識しています。

祖堅:そうですよね。各楽器のチェックですよね。やりすぎたなとか、ウェット足さなきゃダメだな、とかウェットのハイを上げなきゃダメじゃんとか、そういうのを聞き分ける時に必要になったりするんですけど、ATH-M70xの使い方と全然違うんですよね。MDR-CD900STは楽器のチェック用で、ATH-M70xはトータルのチェック用なんですよね。僕の使い方大丈夫ですか?

鈴木:大丈夫です。大正解です(笑)。それで最後にATH-R70xで確認してもらえれば(笑)

祖堅:でもなかなか1つで全てを賄おうというのは難しいですよね。

鈴木:たぶんそれが実現できるのがモニターヘッドホンとして究極なんでしょうけど、難しいですよね。これだけ大きな空間の空気を動かしながら人間が耳と、あとたぶん低域って骨とか横隔膜で感じる部分もあると思うので、それを全部1つで済ますっていうのは難しいですよね。

三輪:様々なメーカーの製品を使ってみても、これ1つでいいやってなるのは見つからないですし、しょうがないんでしょうね。

祖堅:でも逆に楽しくないですか?いろんなものがあって、1つのリソースでもいろんな聞こえ方をするので、自分の好きな音に出会えるっていうのは、いろんなアプローチの製品があった方が僕は楽しいなって思いますね。

三輪:確かに楽しいんです。でもさっきのお話じゃないですけど、ディスコンになった時に困るんですよね。直せない!って(笑)

鈴木:ディスコンになっちゃうような製品っていうのは、特に業務用の製品は、やっぱり世の中にあんまり認められなかった製品というか……。強烈なファンも付かなかったのでディスコンにせざるを得ないっていうことだと思います。オーディオテクニカはまだ私と同年代のエンジニアが大勢いますので、まだまだ進化を続けていきます。

日本を代表するオーディオ機器メーカー、オーディオテクニカ。彼らが作る製品が、『FF14』のサウンド面だけでなく、音に関わる業界全てを支えていると言っても過言ではありません。ベッドルームスタジオが増えてきた中、コロナ禍で加速する在宅ワークにおいて、基準となるもの=リファレンスとなるため開発したATH-R70xを活用して、1ランク上の音作りを目指してみるのも良いのかもしれません。

「ATH-R70x」製品ページはこちら
《kuma》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top