名作クラシックFPS『System Shock』の実写化プロジェクトが進行中!悪のAI“SHODAN”と対峙せよ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

名作クラシックFPS『System Shock』の実写化プロジェクトが進行中!悪のAI“SHODAN”と対峙せよ

『ドライバー』シリーズ実写化も同プラットフォームで進行中。

ゲーム文化 カルチャー
名作クラシックFPS『System Shock』の実写化プロジェクトが進行中!悪のAI“SHODAN”と対峙せよ
  • 名作クラシックFPS『System Shock』の実写化プロジェクトが進行中!悪のAI“SHODAN”と対峙せよ
  • 名作クラシックFPS『System Shock』の実写化プロジェクトが進行中!悪のAI“SHODAN”と対峙せよ

Bingeは、FPSアドベンチャーゲーム『System Shock』シリーズの実写化プロジェクトが進行中であることを明かしました。

『System Shock』シリーズは第1作目が1994年に、第2作目が1999年に発売された、アドベンチャーやRPGのような要素を持ったFPS。オリジナル版はLooking Glass Studiosが開発し、現在はNightdive Studiosが権利を保有しています。この実写版はゲーマー向けストリーミングサービス「Binge」にて配信される予定です。なおBingeは、ユービーアイソフトのアクションレースゲーム『ドライバー』シリーズの実写化も発表しています

本プロジェクトは第1作目の実写化となり、Nightdive StudiosのStepehn Kick氏とLarry Kuperman氏がエグゼクティブプロデューサーを、BingeのCCOであるAllan Ungar氏がプロデューサーを務めます。主人公は2072年のシタデルステーションを舞台に、無名のハッカーとして殺人ロボットやミュータント、そして地球を支配しようとするAI「SHODAN」に立ち向かいます。

第一作目リマスター版トレイラー。

BingeのCCO・Ungar氏は「『System Shock』は20年以上にわたってゲーマーに愛されてきたシリーズであり、FPSをプレイする意味を再定義するきっかけにもなった作品です。私はジャンルとシリーズに敬意を表して、実写化を実現することに興奮しています。」とコメント。NightdiveのKick氏は「『System Shock』実写化は、想像を絶する恐怖を与える悪のAIの物語を再現するのに最適なメディアだと信じていました。恐ろしくリアルで新しい『System Shock』を見るのが非常に楽しみです。」と期待を寄せています。

実写版『System Shock』は、Bingeにて2022年配信予定。なお、『System Shock』シリーズについては第1作目のリメイクや第2作目のリマスター版が発売予定であるほか、テンセントが参加した最新作『System Shock 3』も予定されています。

《みお》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 基本プレイ無料WW2協力ゾンビFPS『Projekt Z』Kickstarterをキャンセル

    基本プレイ無料WW2協力ゾンビFPS『Projekt Z』Kickstarterをキャンセル

  2. 松本人志?や和田アキ子?、東ブクロまで登場する『龍が如く』実写パロディ!

    松本人志?や和田アキ子?、東ブクロまで登場する『龍が如く』実写パロディ!

  3. 『F.E.A.R』ライクな強化兵士ガンフーFPS『Trepang2』最新ティーザー!新デモは6月に公開

    『F.E.A.R』ライクな強化兵士ガンフーFPS『Trepang2』最新ティーザー!新デモは6月に公開

  4. 「ゆっくり茶番劇」ドワンゴが商標登録への4つのアクション発表―所属コミュニティーからは権利抹消申請の報告も

  5. 『VALORANT』の名プレイヤー・makiba選手が競技シーン復帰!所属チーム「ZETA DIVISION」からFA宣言も

  6. これで終息なるか?「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄手続きを5月23日に開始すると登録者が報告

  7. 感染禍の東京を描いた珈琲ゲーム、自分を古墳と思い込む男の子のADVに要注目―ゲムスパ注目インディーWavesその1【ILE2022】

  8. この動き絶対見たことある! 現実の渋谷でオープンワールドゲームの動きを再現する超力作映像が公開

  9. ゾンビ禍なのに出社強要上司、あなたのPCに美少女が迷い込むADVなど珍ゲーム続々!ゲムスパ注目インディーWavesその2【ILE2022】

  10. 波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

アクセスランキングをもっと見る

page top