ハラスメント問題のActivision Blizzardから20人以上のスタッフが退職―ほか20人も懲戒処分を受ける | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ハラスメント問題のActivision Blizzardから20人以上のスタッフが退職―ほか20人も懲戒処分を受ける

取締役会のメンバーは含まれていません。

ニュース ゲーム業界
Allen J. Schaben/Los Angeles Times/ゲッティイメージズ
  • Allen J. Schaben/Los Angeles Times/ゲッティイメージズ

ハラスメントが問題となっているActivision Blizzardから、新たに20人以上のスタッフが退職したことが明らかになりました。

Activision Blizzardが公開した声明によると、20人以上にものぼる退職者のリストにはゲーム開発者と数人の上司が含まれており、取締役会のメンバーは含まれていないとのこと。数年前のものから最近のものまで含めた匿名報告の調査結果に基づき、最も深刻な報告から順に対処されているようです。また退職者以外にも、20人以上が懲戒処分を受けたことも明らかにされました。

さらに、明確に対処できるような報告に当たる中で以下の3つのテーマが重要になってきており、以下の実現を目指しているといいます。

  • Activision Blizzardのポリシーに反し、チームのすべてのメンバーを尊重する前向きな文化に貢献できないものは躊躇なく解雇または懲戒処分にすること。

  • 調査のプロセスだけでなく、調査チームの取る行動についても透明性を保つこと。

  • 倫理、文化、トレーニングにリソースと人材を投入すること。

同社は「倫理・コンプライアンス」「従業員関係」の2チームの再編成を含め、問題調査のプロセスを透明化し、より報告しやすい環境作りを目指していると述べています。声明の最後には、これらの変更や対処は前向きな変化のはじまりに過ぎないとしており、今後もこうした取り組みを継続して行うことを約束しました。

《みお》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. クボタが参戦!『ファーミングシミュレーター 22』DLC「Kubota Pack」発表

    クボタが参戦!『ファーミングシミュレーター 22』DLC「Kubota Pack」発表

  2. サウジ政府系ファンドが任天堂の株式を5.01%保有していることが明らかに―カプコン、コーエーテクモ、ネクソンの株式も大量保有

    サウジ政府系ファンドが任天堂の株式を5.01%保有していることが明らかに―カプコン、コーエーテクモ、ネクソンの株式も大量保有

  3. 新作『サイレントヒル2』リメイクの噂をBloober Team CEOが明言を拒否―新プロジェクトは「自社のタイトルであることに変わりはない」

    新作『サイレントヒル2』リメイクの噂をBloober Team CEOが明言を拒否―新プロジェクトは「自社のタイトルであることに変わりはない」

  4. 『Fall Guys』が6月に基本プレイ無料化! スイッチ/Xbox/Epic Gamesストア版も配信へ【UPDATE】

  5. EpicGamesが『Sherlock Holmes』開発のFrogwaresを援助―資金はスタッフの安全確保と開発機器の供給へ

  6. 悩める精霊をもてなす風呂屋経営シム『スピリットティー』発表!

  7. 【期間限定無料】北欧神話ADV『Jotun』&SFADV『Prey』&反重力レース『Redout』Epic Gamesストアにて配布開始

  8. かつての友を倒し世界を救え! 中世リアルタイムストラテジー新作『The Valiant』発表

  9. 原告が訴訟取り下げ…香川ゲーム条例裁判は16日に結審済み、8月に判決へ

  10. 『ダイイングライト』開発元がAAA級オープンワールドアクションRPGを開発中―今度の舞台はファンタジーに

アクセスランキングをもっと見る

page top