PC版『ゴッド・オブ・ウォー』の移植は外部スタジオが担当―サンタモニカスタジオは監修のみ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PC版『ゴッド・オブ・ウォー』の移植は外部スタジオが担当―サンタモニカスタジオは監修のみ

開発サポートを主に行うスタジオが移植を担当。

PC Windows
PC版『ゴッド・オブ・ウォー』の移植は外部スタジオが担当―サンタモニカスタジオは監修のみ
  • PC版『ゴッド・オブ・ウォー』の移植は外部スタジオが担当―サンタモニカスタジオは監修のみ
  • PC版『ゴッド・オブ・ウォー』の移植は外部スタジオが担当―サンタモニカスタジオは監修のみ

先日発表されたPC版『ゴッド・オブ・ウォー』ですが、移植を担当するスタジオはオリジナル版を開発したSIEサンタモニカスタジオとは異なるようです。

このPC版では、オリジナル版よりグラフィック面などが強化されています。また4Kやウルトラワイドスクリーン、NVIDIA DLSSやReflexといった機能にも対応します。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントの担当者が海外メディア・Ars Technicaに語った内容によると、今回移植を担当するのはSIEサンタモニカスタジオではなく、カナダのJetpack Interactiveというスタジオ。サンタモニカスタジオは監修を手掛けるとのことです。

公開されている開発実績では、『NBA LIVE』シリーズのサポートや『DARK SOULS』のSteamアップグレードエンジニアリングサポート、PS4版『Orcs Must Die!』の移植、Amazon Game Studiosの未発売パズルプラットフォーマーなど、既存タイトルの開発サポートを主として携わってきたようです。

SIEは2021年7月、PC移植を得意とするスタジオ・Nixxes Softwareを買収し、自社タイトルのPCゲーム進出に注力するのではないかと予想されていましたが、今回は異なるスタジオが担当するようです。

PC版『ゴッド・オブ・ウォー』は、Steam/Epic Gamesストア向けに2022年1月15日発売予定。価格は4,900円で、すでに予約購入が開始しています。


《みお》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. こ、これが世界の一流変態の実力か…アダルトデッキ構築型ローグライク『Operation Lovecraft: Fallen Doll』Steamで近日ベータテスト開始

    こ、これが世界の一流変態の実力か…アダルトデッキ構築型ローグライク『Operation Lovecraft: Fallen Doll』Steamで近日ベータテスト開始

  2. 『ファイナルファンタジーXIV』における外部ツール問題、レイド難関ギミックのシミュレーションツールまで登場する現状【コラム】

    『ファイナルファンタジーXIV』における外部ツール問題、レイド難関ギミックのシミュレーションツールまで登場する現状【コラム】

  3. シリーズ最新作『ファーミングシミュレーター 22』Steam同時接続人数10万人突破!

    シリーズ最新作『ファーミングシミュレーター 22』Steam同時接続人数10万人突破!

  4. Steamの同時接続ユーザー数が過去最高の2,700万人超え―プレイヤー数は780万人

  5. Game*Sparkレビュー:『Back 4 Blood』規制の影響で失った重要なもの

  6. MSIの尖りまくった新型ゲーミングノート「Pulse GL66 11U」はまさに未来の戦士!テンキー搭載モデルはどのようにゲーム体験を拡張するのか

  7. 『原神』今月もAmazon Prime特典提供中!原石や経験値を入手、会員は受け取り忘れに注意

  8. カメラを回転させて解法を発見!3DパズルACT『Bokube』日本語対応で2022年8月発売予定

  9. 足軽となり魔物を討て!ローポリ和風サバイバルホラー『Labyrinth Of The Demon King』Steamページ公開

  10. 悩殺サキュバスARPG『She Will Punish Them』待望の日本語対応!ポーズ作成機能も実装

アクセスランキングをもっと見る

page top