1997年発売のN64『ゴールデンアイ 007』がドイツの“青少年に有害なメディア”リストから削除 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

1997年発売のN64『ゴールデンアイ 007』がドイツの“青少年に有害なメディア”リストから削除

「Nintendo Switch Online + 追加パック」で配信の噂も。

ニュース
1997年発売のN64『ゴールデンアイ 007』がドイツの“青少年に有害なメディア”リストから削除
  • 1997年発売のN64『ゴールデンアイ 007』がドイツの“青少年に有害なメディア”リストから削除
  • 1997年発売のN64『ゴールデンアイ 007』がドイツの“青少年に有害なメディア”リストから削除

1997年にNINTENDO64向けに登場し全世界でヒットした『ゴールデンアイ 007』ですが、発売から24年目にしてドイツの“青少年に有害なメディア”(未成年者への販売・広告・マーケティングが禁止)リストから削除されたそうです。

このリストに掲載されたメディアは25年後に自動的に削除される仕組みとなっており、24年目の『ゴールデンアイ 007』は何らかの目的で早期に削除されたことを示しています。

現時点で誰がどのような目的でリストから削除したのか不明なものの、ファンの間では2021年10月26日より提供が開始された任天堂のオンラインサービス「Nintendo Switch Online + 追加パック」で配信を予定しているのではないかと囁かれています。

欧州ニンテンドーeショップでデジタル配信するには、Nintendo of Europeの拠点であるドイツの法律に従う必要があり、先日には2015年発売の『Dying Light』がリストに掲載されていたことで、10月19日に発売予定であったニンテンドースイッチ向けデジタル版が欧州・オーストラリア・ニュージーランドで販売できないといった問題が起きていました(その他の地域では発売。国内では2022年1月13日発売予定)。

『ゴールデンアイ 007』は過去にXbox Live Arcade(Xbox 360)向けHDリマスター版プロジェクトが中止になるなど権利関係でゴタゴタしている作品だけに、もし「Nintendo Switch Online + 追加パック」での配信が実現すればファンも喜ぶのではないでしょうか。


《RIKUSYO》
RIKUSYO

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』『ウィッチャー3』などが対象のCD PROJEKT RED「創立20周年セール」開催中

    『サイバーパンク2077』『ウィッチャー3』などが対象のCD PROJEKT RED「創立20周年セール」開催中

  2. 『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も

    『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も

  3. 週末セール情報ひとまとめ『EVERSPACE 2』『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』『真・女神転生IV』『世界樹の迷宮X』他

    週末セール情報ひとまとめ『EVERSPACE 2』『ゼルダの伝説 スカイウォードソード HD』『真・女神転生IV』『世界樹の迷宮X』他

  4. インディーズにとって有用な資金確保手段…旧『X-COM』開発者がEpic時限独占について語る

  5. 3DSの名作を“お得に買える”最後のチャンス!あの人気作・プレミアソフトが500円や1,000円で―アトラス、バンナム、LEVEL5など各社が展開

  6. 【期間限定無料】人類をエネルギー源として酷使する管理シム『Despotism 3k』Steam版が100%オフで無料!

  7. “NFTをサポートしない”宣言に猛反発―『マイクラ』ワールドをNFT化する企業が開発元を批判

  8. 新キラーはウェスカー!『Dead by Daylight』コラボ第2弾「バイオハザード:プロジェクト W」発表―新サバイバーはエイダとレベッカ

  9. 『Forza Motorsport 7』が9月15日に販売終了―Xbox Game Passでもプレイ不可能に【UPDATE】

  10. (※ネタバレあり)『Stray』重要なヒントを見逃すな!人類の遺した情報から世界の謎に迫れるか【ゲームで英語漬け#103】

アクセスランキングをもっと見る

page top