モノクロペン画のダンジョンRPG『Path of the Abyss』体験版を12月に配信【INDIE Live Expo Winter 2021】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

モノクロペン画のダンジョンRPG『Path of the Abyss』体験版を12月に配信【INDIE Live Expo Winter 2021】

主観視点・リアルタイム戦闘のダンジョンRPGです。

ゲーム文化 インディーゲーム
モノクロペン画のダンジョンRPG『Path of the Abyss』体験版を12月に配信【INDIE Live Expo Winter 2021】
  • モノクロペン画のダンジョンRPG『Path of the Abyss』体験版を12月に配信【INDIE Live Expo Winter 2021】
  • モノクロペン画のダンジョンRPG『Path of the Abyss』体験版を12月に配信【INDIE Live Expo Winter 2021】
  • モノクロペン画のダンジョンRPG『Path of the Abyss』体験版を12月に配信【INDIE Live Expo Winter 2021】
  • モノクロペン画のダンジョンRPG『Path of the Abyss』体験版を12月に配信【INDIE Live Expo Winter 2021】

すずきすずぞう氏は、ダンジョンRPG『Path of the Abyss』の体験版を12月に配信予定であることを「INDIE Live Expo Winter 2021」にて発表しました。

本作は主観視点でグリッドベースのダンジョンを探索するRPG。ペン画で表現されたモノクロのグラフィックが特徴です。

またリアルタイム進行の戦闘も特徴であるとされており、モンスターの行動を把握してスキルをうまく選択することが求められます。さらにキャラクターは4つのクラスから選択して育てていくことで、プレイヤーの自由に作り上げていくことができるとされています。

『Path of the Abyss』はWindows向けにSteamにてリリース予定です。また3~5人程度のテストプレイヤーを募集予定であることも11月2日に明らかにされていました。

《いわし》
いわし

誰かにスイートロールを盗まれたかな? いわし

兼業ライター、Game*Sparkにて主にニュース記事を担当。幼少からのゲーム好きだが、どちらかといえば飽きっぽいやり込まない派であるため、そのゲーム経験は広く浅い。その中でもよく触れるジャンルはRPGやFPS・TPS、あまり手を出さないのはSTGやノベルゲームで、特にベセゲーとハクスラが大好物。尊敬する人物はLA馬場。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 28年前のSFCボクシングゲーム『スーパーパンチアウト!!』2人対戦が可能な隠しコマンドが明らかに

    28年前のSFCボクシングゲーム『スーパーパンチアウト!!』2人対戦が可能な隠しコマンドが明らかに

  2. 利用者は会員のわずか1%…2021年11月開始の「Netflixゲーム」現在までの利用状況が明らかに

    利用者は会員のわずか1%…2021年11月開始の「Netflixゲーム」現在までの利用状況が明らかに

  3. 迫力満点!『ELDEN RING』の「歩く霊廟」をレゴで再現―過去には『スカイリム』も題材に

    迫力満点!『ELDEN RING』の「歩く霊廟」をレゴで再現―過去には『スカイリム』も題材に

  4. 『サブノーティカ』開発元新作がgamescom 2022にて発表予定!SF世界が舞台のターン制ゲームに

  5. とってもキュートで芸達者!『S.T.A.L.K.E.R.』開発が世界猫の日を記念してネコちゃんを公開―新作に出るかも…?

  6. 『FF14』学者ジョブを実際の本とペンでプレイ!没入感たっぷりに魔法を撃てるけどやりにくそう

  7. ぶいすぽっ!15名が『VALORANT』で夏の大勝負!3チームに分かれた頂上決戦は池袋にて!?8月20日(土)に配信決定!

  8. ピック率0%のエージェントが輝きを見せる―EMEA LCQで「Team Liquid」ScreaM選手がフェニックスを使用

  9. 悍ましい世界が舞台の『DOOM』サバイバルホラーMod「Divine Frequency」新デモ公開!

  10. バンダイナムコが「パックマン」実写映画プロジェクト発表!海外メディア報道では制作スタッフの情報なども

アクセスランキングをもっと見る

page top